頭皮がべたつくほど脂が出るのはハゲるという理論を徹底解説

頭皮が脂っぽくてベタベタする・・・これって脂肌の体質のせい?それともシャンプーの仕方が悪い?シャンプーが頭皮に合っていないせい??

 

現実はどれも不正解。本来皮脂は頭皮のバリアのために適正量分泌されるものであり、生まれ持った体質でべとべとになってしまうということはまずありません。

 

シャンプーの仕方が悪いというのも間違いであり、シャンプーが悪いから脂でテカってしまうという理論は間違いです。そもそもシャンプーは頭皮の表面の汚れを落とすだけであり、どれだけいいものを使っても皮脂分泌そのものをコントロールする効果効能はありません。

 

ではなぜべたつくほど皮脂が分泌されるようになってしまうのか?

 

皮脂分泌のメカニズムや、なぜ過剰な皮脂分泌がAGAの予兆ともいわれるのかを詳しく解説していきます。

 

頭皮の多量な皮脂分泌がAGAと関係あるメカニズム

髪の毛が生えている毛穴の1本1本には、それぞれ皮脂腺というものがあります。この皮脂腺から脂が分泌されることで、乾燥から皮膚を守り異物が毛穴の奥に浸透しないようにバリアを張っています。

 

本来であれば多くも少なくもなく、適正量の皮脂が分泌されるように調整されるはずですが、その調整機能を狂わせてしまう要因の一つにAGA(男性型脱毛症)のメカニズムが関係しています。

 

下記の図が、AGAの原因物質DHT発症のメカニズムと、薄毛になる原理をまとめたもの。

頭皮の皮脂とAGAの関係

 

皮脂腺や毛乳頭細胞の中に存在する5αリダクターゼ酵素が、男性ホルモンテストステロンと結合してDHTジヒドロテストステロンが発生します。このDHTが髪の毛の元となる毛母細胞を攻撃して活動できなくするため、成長途中の毛が抜けたりやせ細ってハゲていくのが現在判明しているAGAの仕組み。

 

これにとどまらず、皮脂腺に存在する酵素がDHTに変換されると、皮脂腺を刺激してしまい過剰な皮脂を分泌させてしまうことも分かっています。

 

このため皮脂でベトベトした頭皮になり、かゆみや炎症が起きやすい悪い頭皮環境を招くという悪循環に発展してしまうのです。

 

ハゲの人ってやたらと頭皮がテカテカしてると気になったことありませんか?これは主にDHTの影響によるところが大きく、体質などとは異なる原因が存在するのです。

 

頭皮の皮脂分泌が以上に多く脂肌になっている場合には、放っておくと男性型脱毛症AGAで薄毛になる可能性が高く、早期に対策をすべき症状といえます。

 

最適な皮脂分泌で快適な頭皮を保つ方法はある?

皮脂分泌を過剰に促進させているのが、DHTであることが分かったら、このDHTの発生を抑えるための対策が必要になります。皮脂の分泌を適正な状態に保つことが、イコール細胞内でAGAの薄毛の原因を取り除くことになります。

 

DHTの抑制方法はAGA治療方法そのものでもあるため、育毛剤を使った治療方法を選択していくことが皮脂の適正化にもつながっていきます。

 

医薬品による治療方法は皮脂に関して効果ある?

薄毛治療薬としてDHTの発生を抑える効果があるのが、医薬品育毛剤であるプロペシアによる治療です。

 

プロペシアは皮脂腺に存在する5αリダクターゼ酵素の働きを抑制する効果に優れており、テストステロンとの結びつきを阻害してDHTができなくしてくれます。

 

しかしここで注意!

 

プロペシアは薄毛の直接原因となりうる毛乳頭内のU型5αリダクターゼは抑制できますが、皮脂腺にあるI型の抑制効果はありません!皮脂の抑制だけを考えた場合には、プロペシアは特効薬とはならないのです。

 

プロペシアの効果作用図解 

 

薄毛治療としては基本ともなる効果を発揮できますが、プロペシアに頭皮のベタベタまで改善する効果はないということを覚えておきましょう。

 

U型まで抑制する医薬品としてデュタステリドというものもありますが、現在は薄毛治療への効果が曖昧で副作用も強かったため開発は中止されています。

 

効果が弱いながらノコギリヤシがT型U型を抑制する

 

育毛サプリなどに使われるノコギリヤシエキスを配合した育毛剤・サプリメントは、I型、U型ともに抑制する効果があるとされ一定の効果が期待できます。

 

ただし医薬品として効果を高めたものではなく、天然の成分そのままを使っているため高い効果までは期待できないのがもどかしいところ。

 

効果が出るまでに時間がかかるのは髪の毛と同じですから、毎日欠かさず飲み続けて最低でも3か月から半年と経過を見ながら使っていく必要があります。

 

それでも一時的しのぎでしかないシャンプーにお金をかけるよりも建設的です。皮脂が多くて何か対策をしていきたいというのであれば、検討していく価値がある対処法です。

 

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

頭皮がベタベタするのはAGAの予兆?薄毛と頭皮の皮脂分泌の関係性関連ページ

AGA男性型脱毛症の特徴とAGAを早く治療しなければいけない理由?
男性の脱毛の90%以上を占めるとされる男性型脱毛症AGA。ここ数年知名度を上げてきた名前ですが、脱毛の原因が特定された対処しやすい症状です。
頭の片方だけ薄毛になってハゲるのはなぜ?左右ではげ方違う原因
ハゲに悩む人は多くいますが、中でも頭の片側だけ薄毛が目立ったりするなど、ハゲ度合い・進行に偏りが見られる人もいます。なぜ片方だけ薄毛が進行したりするのか?原因を検証してみます
ヘアサイクル(毛周期)を知ることが薄毛・ハゲ改善の近道
髪の毛は一度抜けても、再度同じ場所から生えてきます。この髪の毛が抜けては生えてくるというサイクルのことをヘアサイクル(毛周期)と言います。髪の毛一本一本には寿命があり、その成長過程を知ることが薄毛対策には大切です。
壮年性脱毛症とはどんな症状?壮年期の薄毛を見極め適切な治療をする!
壮年期というと30代半ばから40代中盤にかけて、最も活力あふれる時期ですが、この時期は最も抜け毛・薄毛の悩みを持つ人が増えます。壮年期の脱毛症の原因や対策を様々な角度から検証をしてみました
秋に抜け毛が増えるのはホント?根拠や仮説を検証してみる
秋になる9月ごろから抜け毛が増えた、薄毛で地肌が目立つようになったと育毛剤を検討したりAGAクリニックに行く人が増えるといいます。なぜ秋というタイミングなのか、諸説を検証してみました。
初期脱毛はなぜ起こる?育毛剤使っているのに抜け毛が増える?
初期脱毛という症状を聞いたことがありますか?育毛剤を使うことで一時的に抜け毛が増えてしまうというもの。なぜ抜け毛が増えるのか?初期脱毛についてまとめてみました
つむじハゲの予兆を知る!つむじの写真で薄毛の症状をチェック
つむじは頭頂部の生え際ともいえる部位です。密度が薄くなり頭皮地肌が露出しやすいなど、つむじハゲの兆候が分かりやすく、ハゲの初期症状をチェックするのに最適。早めに対策することで、お金をかけずに改善するようにしていきましょう。
女性の薄毛FAGAはなぜ起こる?男性との違いと治療法
近年女性の薄毛の悩みをかかえる人が急速に増えているといいます。中でも今まで男性特有の脱毛であった症状が女性でも起こるFAGAという症状が増えていることがわかりました。そのメカニズムを確認しておきましょう。
側頭部の薄毛を治す「原因と対策」とは?有効な育毛剤はある?
薄毛というと生え際や頭頂部に発症する人が多いですが、頭のサイドである側頭部が薄くなってきた場合には同じような対策で大丈夫でしょうか。側頭部の薄毛の原因と対策について検証しています
女性の産前・産後の抜け毛を減らすにはどんな方法があるの?
女性特有の抜け毛症状として、産前・産後の脱毛があります。私の嫁さんもどうしようと嘆いていましたが、実はそんなに慌てることはないのかもしれません。
女性の「びまん性脱毛」の原因と治療法を検証!頭皮全体が薄くなる
聞きなれない言葉ですが、びまん性脱毛という症状があります。男性ではなく女性に起こる脱毛症であり、30代以降の女性に多いといいますが、頭皮全体が薄く地肌が露出する特徴のある薄毛症状です。
フケが多い人は「粃糠性脱毛」を疑う!原因と最適な治療法を解説
フケが多い人はそれが原因で抜け毛が増えてしまうことがあります。粃糠性(ひこう性)脱毛と呼ばれるものですが、これには2種類のフケが原因となっており、どのような状況で注意すべきかをまとめています
円形脱毛症とは
10円ハゲとか5円ハゲと言われてしまう、部分的に毛が抜け落ちる円形脱毛症。発症の原因とどうすれば治るのかを検証します。
脂漏性脱毛症は頭皮がべたべたする脂肌(オイリー肌)で起こる抜け毛です
脂肌といわれる皮脂が多く分泌されることによっておきる抜け毛は「脂漏(しろう)性脱毛」と呼ばれます。なぜ皮脂が多く出てしまうのか?原因を探り対策を考えます。
はげやすい髪型が存在する?
髪型によっても髪に負担をかけてはげの原因となることがあります。きつく髪の毛を縛ったりする時は注意が必要で、牽引性脱毛症とも言われているのです。
抜け毛が2,3本まとめて抜ける
いつものように髪の毛が抜けたと思ったら、なんか一つの毛根に2、3本まとめて着いて抜けてしまった。これってどうなんでしょうか?
頭皮ニキビでハゲになる!?頭皮ニキビの原因と治療法
薄毛や抜け毛の原因は様々な種類があります。自分がどのタイプの脱毛症を発症しているかをチェックし、対策について考えます。
タンパク質不足で髪の毛が薄く・細くなる?髪のためにとるべきタンパク質
タンパク質とは、私たちの体を構成する大切な栄養素であり、三大栄養素の一つです。髪の毛の生成にも大きく関与しており、タンパク質が不足すると「カシオコア」を発症し、髪の毛が薄くなると報告されています。
活性酸素が薄毛・抜け毛の原因に?活性酸素を減らし髪を守れ!
日常生活で発生してしまう活性酸素は、増えすぎると頭皮環境を悪化させ髪を作る正常な細胞も壊してしまう抜け毛・薄毛に無関係とはいえない要素です。活性酸素を知り、酸化しにくい体を作るための生活をまとめています。
頭皮の角栓が炎症を起こす!角栓を予防して清潔な頭皮を保つコツ
頭皮の毛穴に出来る脂の塊である「角栓」は放っておくと炎症を起こして髪の毛の成長を阻害する要因にもなります。実際に動画なども見ながら、頭皮の角栓対策に何をするべきかを考えていきましょう
アトピー肌に使う育毛剤の選び方!抜け毛・薄毛を安全重視で対策する
アトピーの人が薄毛を克服するには、どんな育毛剤を使うのがベストなのか?アトピーを発症すると、何かと薄毛に繋がるリスクも抱えることになるのですが、シャンプーや育毛剤が刺激になるなど育毛も一筋縄ではいきません。
怪我をした部分だけ毛が生えてこない!育毛剤で部分的ハゲは治せる?
ハゲの悩みの中でも、事故などでケガを負った頭皮の部分だけ毛が生えてこなくなってしまったというものがあります。こうした部分的なハゲは育毛剤を塗って治療できるものなのでしょうか
前立腺肥大と薄毛の関係は?ハゲる人は前立腺肥大のリスクが高まる?
男性の悩みの一つに、膀胱の下にある前立腺という期間が肥大して尿漏れなどのトラブルが起きる病気があります。実は薄毛の治療と前立腺肥大には同じ薬効成分が使われることもあるため、その関係性についてを詳しくまとめています。