キャピシルと成長因子を含む病院でも使われる育毛剤Deeper3Dの口コミ評価!

モンゴ流育毛剤Deeper3D

 

最強の育毛剤ってどんなものか考えたことありますか??

 

2014年の春のこと・・・今日もせっせと育毛に励んでいた育毛課長のもとにとんでもないメールが来ていました。

 

ミノキシジルの3倍の効果があるという、病院での薄毛治療で使われてきた「キャピキシル」という成長因子配合の育毛剤が発売されるというものでした。

 

「病院でも使われてミノキシジルより効果があって、副作用の心配が無い、その代わり値段は覚悟してね」という内容でしたが、そんな期待できそうなヤバイ効果ならば買うしかないということで取り寄せてみたのがモンゴ流Deeper3D(ディーパー)との出会いとなったのです。

 

まだまだネットの口コミは少ないですが、時間を経てしっかりとレビューさせていただいたので、この場を持ってDeeper3Dを丸裸にして行きたいと思います。

 

※動画でもdeeper3dを解説しています。興味ある方はどうぞ

 

 

モンゴ流Deeper3D口コミ 

 

病院でも使われるキャピキシルと成長因子がキモ!

 

病院でも使われている育毛成分って何ぞや?ということから始まりますが、頭髪再生医療・ハーグ療法という言葉を聞いたことは無いでしょうか?

 

髪の毛の細胞を増殖させる成長因子を直接頭皮に注射して髪を再生させるという治療で、非常に高い費用がかかる分最も発毛効果の高いとされている最新薄毛治療です。

 

中でも注目がキャピキシルという成分。あのミノキシジルの3倍の育毛効果があるという成分で、最先端の薄毛治療で使われる価値の高い成分です。

 

ここで実際に医療現場で使われている成分を、育毛剤として市販してしまおうというのがDeeper3Dがすごいポイントです。今までも成長因子に目をつけた育毛剤は数あれど、キャピキシル始め8種もの成長因子を配合した育毛剤は今まで無かったですね。

 

現在育毛に効果的とされ実用化されているのは以下の成長因子。

 

  • KGF(発毛促進因子)・・・毛乳頭細胞からの指令で増殖する毛母細胞を活性化させる、最も期待できる成長因子。
  • IGF(インスリン様成長因子)・・・体内の様々な器官の細胞増殖に関わっている成長因子。唐辛子と大豆イソフラボンのコンビがIGFを増殖させるという育毛理論が有名です。
  • EGF(上皮細胞増殖因子)・・・頭皮の細胞を増殖させ、代謝機能を向上させる成長因子。なんとノーベル賞受賞成分であり、加齢などで固くつっぱた頭皮を柔らかくし血行を促進します。
  • FGF・・・毛母細胞やその司令塔となる毛乳頭部の分裂を促し髪を成長させる因子です。

 

モンゴ流Deeper3Dこの全ての成長因子を配合しています。成分表を見てみてもDeeper3Dに配合されている成長因子成分は記載上位を占めていて、成分の配合濃度も非常に濃いことが分かります。

 

>>Deeper3Dの配合全成分を検証した記事はこちら

 

成長因子(グロースファクター)について・・・

 

成長因子とは人体を構成する細胞の増殖や再生力を高めてくれる効果を持ったタンパク質です。話題となったIPS細胞もこの一種であり、近年多くの分野で再生医療として盛んに研究されています。20代中盤から成長因子は減少をはじめ、代謝機能の低下、肌の老化、しいては髪の毛の生成力の低下を引き起こします。このグロースファクターを取り入れることで従来の育毛成分以上に弱った髪の毛の細胞を活性化させることができるのです。

 

育毛課長が重視する低分子化技術も採用で浸透力が高い!

 

育毛課長が育毛剤を評価する重要なポイントとして、浸透力の高さがあります。どんなすごい効果の育毛剤でも浸透しなければ意味が無いという考えに基づくものですが、Deeper3Dはしっかりと浸透力にも目をつけていました。

 

独自の成分配合バランスで最も毛根の奥に浸透できるようテストを重ねてきたということ。浸透力の弱い生え際や、皮脂分泌の多い人でも成長因子を届けることができるということです。

 

さすがに病院のように専用機器で注射していくというほどではありませんが、自宅で使う育毛剤としては十分な価値があると思います。

 

deeper3dの浸透力 

 

本当に副作用の心配が無いのか??

 

Deeper3Dに使われている成分は、細胞そのものの増殖を促す成長因子が効果を発揮します。今までの医薬品であったような、他の治療薬の副産物として使われてきたものとは開発経緯そのものが違い、余計な負担を頭皮や体にかけないのがポイント。ミノキシジルで頭皮が赤くなって使えなかった人や、プロペシアなどの副作用が嫌で病院治療をためらっていた人には朗報と言えます。

 

ホルモンに作用することが無いのが一番の利点で、女性でも使える男女兼用育毛剤であるのもポイント。管理も気を使うことなく、生殖機能へのダメージもないことから医薬品に抵抗がある人でも使えますね。

 

私は肌にアトピー性皮膚炎を持っていて頭皮にしみる育毛剤は使えません。アルコールなどの刺激の強さも重視しているのですが、使ってみてもしみることなく炎症がおきることもありませんでした。肌への刺激となるアルコール分の配合も最低限に抑えられているのも高評価に繋がりましたね。

 

本気の人しか買ってはいけない!通な使用方法

 

 

deeper3D使い方 

 

モンゴ流Deeper3Dは使い方も今までの市販育毛剤とは一味違います

 

専用の特殊形状をしたスポイトを使います。通常のスポイトとは違い、先端が丸くなって液をためておけるので頭頂部に対しても垂れることなく使えます。

 

スプレーのようにさっと使えるというものではありませんが、貴重な成分を無駄なく使うためにとことん効率を重視した作りです。

 

使用は1日2回使いますが、分量がメモリで計測できるので毎回使う量が明確です。育毛剤ってどれだけ使えばいいのか悩んでしまう商品が多いのです。
Deeper3Dは管理もしやすくて毎日きっちり推奨量を頭皮につけることができます。

 

ビックリの連続ですが、ピンク色をした液体をしています。着色料ではなくビタミンB12を補給するシアノコバラミンという成分由来の色ということ。髪の毛の成長に欠かせないビタミンというだけでなく、個人的には頭皮にどれだけついているのか色で分かるので塗りやすくてよかったです。

 

臭いは独特な香りがしますが、これも成分由来のもので香料は未使用。人工的香料ではないので、乾いてしまえば臭いが残ることも無く周囲の人に気を使う心配も無かったですね。

 

本気の育毛をサポートするDeeper3Dの同梱物

 

deeper3D同梱物 

 

育毛剤と一緒に同梱されてくるものが多数ありますのでまとめてみました。

 

  • Deeper3D育毛剤本体
  • プチボトルのサンプル
  • モンゴ流シャンプーとコンディショナーのお試しセット2つ
  • 育毛生活ガイドブック 抜け毛薄毛119番
  • Deeper3D使い方説明書
  • モンゴ流コンセプトブック
  • Deeperコンセプトブック・・・

読み応え十分な内容です。

 

育毛剤って意外と?適当な商品が多くて、説明書すらまともに無いものも多いです。

 

Deeper3Dは育毛に関する知識が身につく57ページもあるガイドブックや分かりやすい使い方、成長因子の詳しい解説がすべて盛り込まれています。それでいて余計な販促チラシなどが無いので、とても好印象でした。

 

これならば初めて育毛剤を使うという育毛初心者の人にも安心しておすすめできる育毛剤ですね。

 

deeper3Dはなぜ医薬部外品ですらないのか?本当に効くの?

 

Deeper3Dをみていてふと疑問に思ったことがあります。それは、Deeper3dの区分は「化粧品」であり育毛剤で良く使われる医薬部外品ではないということ。有名な育毛剤は総じて医薬部外品指定を受けています。にもかかわらず、他の育毛剤で医薬部外品として指定されている成分はしっかり配合されています・・・これはどういうことなのか?

 

少し難しい話ですが、医薬部外品と医薬品は「薬事法」によって細かな制限があります。特に育毛剤のようにたくさんの成分を使う場合には、それぞれの成分量に上限が設けられていたり、そもそも配合すると医薬部外品として登録できない成分があるのです。

 

医薬部外品として登録しようとすると、Deeper3Dの肝である「成長因子」を配合できなくなってしまうということ。更に言えば育毛剤として効果を追求したいのに、市販するにあたって理想の成分濃度を実現できないということになるのです。

 

医薬部外品 化粧品
薬用・薬という表記ができる 薬用などの表記は使えない
成分・配合量に規制や制限がある 配合できる成分に規制は無い

成分表記は一部のみでもOK
※つまり見えない成分が入っている可能性アリ

全ての成分表記義務がある

簡単にまとめるとこんな感じ。
何事も新しい知識を取り入れるときは常識を覆さなければいけません。一般的なイメージでは医薬部外品ほど効くというイメージですが、現実には表示方法の違いに留まり、使いたいのに使えない成分がでてきてしまうなど多大な制限のもとに作られてるということになります。

 

これでは本末転倒、何のために期待の成分を使うのか分からなくなってしまいます。そこであえて化粧品として登録することで研究者のこだわりを全て反映し、理想の育毛剤を作り上げたという点が共感をもてます。

 

このような背景を知ることで、Deeper3Dが本当の意味での育毛効果に対するこだわりをもって作られてるのが良く分かります。

 

育毛課長のモンゴ流Deeper3D総合評価

 

モンゴ流育毛剤Deeper3Dについてできる限り詳しくレビューしてみました。

 

ピンクの液体やスポイト式の使用方法には驚かされましたが、これも成分や効率を考えぬかれた結果ということ。この馴染みのなさを良しと捉えるか否かで評価は変わると思いますが、育毛課長の評価としては間違いなく歴代最強であると言えます。今後口コミ評価で広まっていくでしょう。

 

1本辺り1ヶ月の使用量で毎月のコストがかかるのが唯一のネックですが、その価値の分かる方だけが使えば良いとおもっています。
今まで色々な育毛剤を使い四苦八苦して効果を出してきましたが、成長因子という新しいアプローチができるので今後はDeeper3Dをメインで使っていこうと考えています。

 

数ある育毛剤の中でもこのような商品に出会えたことは良かったです。

 

こんな人はDeeper3Dには手を出すな!
  • 面倒くさがりやで継続して育毛剤を使えないという人。
  • 軽い気持ちでとりあえずよさそうな育毛剤を使ってみたいという人・・・

価格もさることながらその効果を活かしきってこその育毛剤。安易な考えで使うのはもったいないので買わないで下さい

 

こんなあなたならばDeeper3Dの扉を開いてみるべき
  • 根気良く育毛に取り組む強い意思があり、最高品質の育毛剤で本気で薄毛を克服したい人
  • 効果の高い育毛剤を使いたいが、医薬品の副作用が心配で手が出せなかった人

本気で薄毛を克服したいけど不安要素が強くて踏み切れなかった・・・良く分からない根拠の育毛剤に見切りをつけ、最高品質の育毛剤だけを使いたいというあなたならDeeper3Dを使う価値が見いだせると思います。

 

モンゴ流Deeper3D口コミ評価 

 


モンゴ流Deeper3D育毛剤の口コミ評判を実際に使って検証!関連ページ

タバコははげる原因!でもやめられない人のための育毛剤が登場
タバコは毛細血管を萎縮させ、ビタミンも消費するので髪の毛の成長によくありません。しかしどうにも禁煙できないという人のための成分・効果に優れた育毛剤があるのをご存知ですか??
モンゴ流Deeper3Dを使うなら育毛サプリを飲んでおきたい理由
病院でも使われるグロースファクターを配合している期待の育毛剤Deeper3Dですが、使うなら育毛サプリを併用して飲んでいきたいです。その根拠を解説していきます
モンゴ流Deeper3D成分評価表!他の育毛剤と併用できるのか?
成長因子を含み、医薬品張りの効果が期待できるというDeeper3D育毛剤ですが、他の育毛剤と併用しても大丈夫なのか?相乗効果は期待できるのかを検証してみました
育毛にプラセンタが効く?頭皮を活性化させる効果検証
アンチエイジング効果で話題のプラセンタが育毛にも効果的と注目されているので、どんな効果が期待できるのか、プラセンタを使った育毛剤はあるのかを検証します
Deeper3Dとブブカ育毛剤を比較!実力派育毛剤対決
知名度では一番のブブカ育毛剤と、新成分配合のDeeper3Dを比較して実力を検証してみます。どちらを買うべきか?迷ったらチェックしていきましょう
Deepe3dとプランテルを比較!生え際に効くのはどっちだ?
育毛剤Deeper3Dとプランテル育毛剤を詳しく比較。生え際に効くと人気のプランテルと、成分がすごいDeeper3dはどちらを使うべきかまとめてみました