男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版の解説まとめ

2017ガイドライン

 

育毛剤の成分評価や、脱毛症の治療に関する国内公的権威である「日本皮膚科学会」より、男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年度版が更新されました。

 

診療ガイドラインという名の通り、「薄毛・脱毛症の診療現場においてどのような処方をするべきなのか?」という視点で、医学的根拠の高い治療法(医薬品・医療機器・植毛)などの情報を独自に研究して有用性を高めようと発行されているものです。さかのぼれば2010年の発表以降7年越しの発表となります。

 

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版原本はこちら

 

ガイドラインPDFを見てみると、ここ数年で注目されるようになった医薬品成分や施術に関しての記載が中心であり、市販の一般的な育毛剤に対して言及されたものはありません。あくまでも医療現場、クリニックなどに向けての指標であるため解説も小難しいものですが、公的機関が中立な立場でお金をかけて検証したデータであり、育毛を志す人にとっては頭に入れておきたい情報でもあります。

 

新たに発行された薄毛治療方法のガイドラインから今後の育毛についてを思案するために、要点を詳しくまとめてみることにしました。

 

検証された14項目の育毛成分と治療法とその有用性

2017ガイドライン

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版より引用

 

評価されている項目が14あり、それぞれにA~Dまでの推奨度が示されています。

 

A・・・行うように強く勧める
B・・・行うように勧める
C1・・・行っても良い
C2・・・行わないほうが良い
D・・・行うべきではない

 

最もエビデンスがあり、臨床試験においても実績が示されたものにA判定が付き、有用性への疑問や副作用などの懸念が強いものはC2もしくはDという判定がでています。

 

まずはここを見ると、推奨度Aを獲得できているのは以下のみ。

 

男性
フィナステリド内服(プロペシア錠剤、フィンペシアなど同薬ジェネリックの錠剤)
デュタステリド内服(ザガーロ、アボルブ、アボダートなど同薬配合剤)
ミノキシジル外用(リアップなどのミノキシジルを頭皮に塗るタイプ)

 

女性
ミノキシジル外用(リアップリジェンヌなど頭皮に塗るタイプ)

 

この評価は2010年度から変わらず、男性用でデュタステリドが追加されたのみ。AGA治療クリニックで処方してくれる医院も増えており、2018年度以降より注目されてくると考えられます。

 

病院で薄毛治療をするときには、医師の管理の下で副作用の経過を見ながらこれらA判定された治療を進めていくことが最も信頼できるとしているわけです。
AGAクリニック治療の詳しい解説と育毛剤との違いを比較

 

2010年度版のガイドラインと比較して変わった部分

2017年度版のガイドラインにおいて、追加されたり、評価項目から外れたものもあるため、それらの評価についても見ていきます。参考:2010年度版のガイドラインPDF

 

デュタステリドの有用性がAとして追加された

推奨度:A(男性型脱毛症),D(女性型脱毛症)女性は使用禁止

 

こちらはAGAの治療薬として、フィナステリドを上回る効果として注目されている医薬品成分です。

 


医学的にわたっている男性の薄毛のメカニズムに対して、国際臨床試験37)で,デュタステリド 0.5 mg/日とフィナステリド1 mg/日を用いた,917名の男性被験者を対象とした観察期間 6 カ月のランダム化比較試験において,全毛髪数と毛直径の増加についてはデュタステリドの方が優れた効果を示したとあります。

 

ただし、20歳以下の安全性は確認が取れていないことや、全体的な被験者データはフィナステリドに及ばないことから、使う場合には医師の指導観察の下で処方を受けるべき育毛剤です。

 

セファランチン外用が除外・・・有用性は低いと判断か

まずは一般の医薬部外品育毛剤にも使われることがあったセファランチンの項目が無くなりました。もともとの推奨値もC2(行わないほうが良い)だったものですが、今回は掲載すら削除。

 

セファランチンはツヅラフジという植物エキスで、頭皮の血行促進という作用で有効成分に使われています。しかし、この成分単体での検証例が少なく、日本皮膚科学会での臨床試験でも有益な報告がなかったことで評価すべきではないとされたと思われます。

 

あえてこの成分を主として配合した育毛剤などは有用性が大きく下がったと見て買わないほうがよいでしょう。

 

アデノシンが再評価されて有用性が高まっている点

アデノシン:B(男性型脱毛症),C1(女性型脱毛症)

 

今後期待してるのが、アデノシンの評価が高まっている点。アデノシンは大手化粧品メーカーの資生堂も研究を続けている成分で、アデノゲンという育毛剤が販売されています。

 

こちらは2010年度の評価でC1(使っても良い)にとどまっていましたが、今回B(行うように勧める)になっています。臨床試験では以下のように報告されています。

 


男性型脱毛症に関して,0.75%アデノシン配合ローションを用いた,101 名の男性被験者を対象とした観察期間 6 カ月間のランダム化比較試験において,毛髪径・軟毛率・太毛率の中等度改善以上の改善率は,アデノシン配合ローション群は51名中41名(80.4%),対照群は 50 名中 16 名(32.0%)であった

 

さらに読み進めてみると、ミノキシジル5%外用薬を使った被験者の比較で、太毛率に違いはなく同等の有用性が確認されたともあります。これなかなかすごいことで、リアップX5と同等の評価を得たともいえるもの。ミノキシジルで副作用が出るような人でも使える育毛剤の選択肢が増えたともとらえられます。

 

副作用が少ないとなると女性への有用性も期待できますが、こちらはC1(使っても良い)にとどまる。ただし、あくまで皮膚科学会の臨床試験で被験者数が少なかったことを理由にしており、有用性自体は否定していません。今後の研究が進み次第、女性への評価も高まることが期待できるため要注目と言える成分の一つと見ています。

 

LED及びレーザーの頭皮照射が意外にも推奨されている?

男女ともに推奨度:B 使うことを勧めるとされたのが、レーザーの照射に関する有用性。

 


男性型脱毛症に関して,655 nm 低出力レーザー・(週 3 回照射)を用いた,110 名の男性被験者を対象とした観察期間 26 週間のランダム化試験において73),低出力レーザー照射群では照射前に比較して毛髪数は 19.8 本/cm2 増加し,コントロール群(対象赤色光源)では 7.6 本/cm2 減少した.

 

女性型脱毛症に関して,9-beamレーザー照射装置(655 nm)と 12-beam レーザー照射装置(6beam635nm,6beam-655 nm)(週 3 回照射)を用いた,女性122名の被験者を対象とした観察期間26週間のランダム化試験において75),成長期毛の数は,女性において 9-beam レーザー照射群は 20.2 本/cm2(コントロール群 2.8 本/cm2),12-beam レーザー照射群は 20.6 本/cm2(コントロール群 3.0 本/cm2)と有意に増加していた.

 

正直私自身はこの手のメカニズムに関して懐疑的で手を出していませんでした。しかし、公的見解で有用性が示されるとなれば俄然興味が出てきますね。

 

ただ、個人で使えるレーザー機器の有用性には疑問が残ります。ここで示されるのは病院に導入されているようなレーザーのことであり、医療機関向けのガイドラインであることを忘れないように。個人でも手にできるような低価格商品に同等の効果が見込めるとは考えにくいからです。

 

ガイドラインに記載された臨床データでは、レーザー出力の周波数なども記載されていますが、機器の銘柄などは分かりません。この手の見解を利用した商品が今後増えてくると思われますが、安易に飛びつかないように、情報を見極めて使うようにしていきたいです。

 

育毛課長でも今後育毛レーザー機器に関しては情報を調べていきたいと思います。

 

意外?成長因子導入及び細胞移植療法がC2判定

成長因子などを直接頭皮に注入する治療法(ハーグ療法)などがC2(行わないほうが良い)と判定。

 

こちらは世界でも研究されており、成長因子の働きを促進する成分なども盛んに開発されています。育毛剤の新成分として一般の育毛剤にも浸透してきていますが、使わないほうが良いとはどういうことなのか?

 

こちらはよく読んでみれば、効果に関しては言及されていません。有用性がどうこうよりも、病院での「施術」というケースにおいて専用の機器が必要で処方できる場所が少なく、効果はもとより安全性などのデータが不十分であるというのが評価の理由です。

 

日本皮膚科学会においても臨床試験を行ったデータが記載されていないため、今後の検証次第で推奨度が向上する可能性はあるということ。個人的にはもう一歩踏み込んでほしかったですが、次回のガイドラインに期待といったところでしょう。

 

ミノキシジルの内服は色々なブログで有用とされながらもD判定

飲むミノキシジルとしてミノタブなどとして使われるタイプは、使うべきではないDとして判定されています。

 

飲むミノキシジルに関しては副作用が非常に多くあり、もともと育毛用ではなく降圧剤(血圧の薬)として開発されたもの。内服でより効果が高まるとされますが、全身に作用するために影響が大きい。

 

今回のガイドラインでも、日本国内においてミノキシジルの内服療法は利益と危険性が十分に検証されていないため、男性型脱毛症・女性型脱毛症ともに行わないよう強く勧められるとされています。

 

一般の育毛剤に関する価値はどう見るべきか?

このように従来の見解通りAGAクリニックなどで処方される内服薬は依然として高いエビデンスがある一方で、新たな育毛方法の可能性を感じさせるものも加わった新見解を見てきました。

 

このガイドラインは医療機関での治療指針でもあるため、市販の一般医薬部外品育毛剤に関しては言及されていません。もっと細かな成分の評価が分かれば、普段よく目にする育毛剤選びの指標も分かりやすくなるのですが、現状は臨床試験の手間などから難しいのでしょう。

 

こうした結果を見て思うことは、きちんと臨床試験を行ってデータを取っているものは有用性が判断しやすいということ。ガイドラインと言いつつ、すべての見解において公平な被験者を立てた試験のデータをもとに評価を下しているからです。

 

医薬品が中心のデータになっていますが、立地や金額の問題で市販の育毛剤で治療をしていく際も、きちんと販売元で使用者のデータをわかりやすく示しているかどうかを見て使うようにするべきかなと考えています。

 

育毛に関しては育毛剤以外にも選択肢がたくさんあるため、得られる情報はしっかり目を通して自分にとって必要な方法を自分の目で判断していきましょう。


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

薄毛・脱毛症に対する診療ガイドライン2017年度版から見る今後の育毛関連ページ

育毛シャンプーで髪の毛は生える?髪が増えると言う効果の真実
育毛業界の最もおかしな理論の一つに、シャンプーで髪が生えてくるというものがあります。シャンプーをどれだけ良いものを使っても、髪は生えてこない。この理由と育毛シャンプーを使う本当の意義を解説します
育毛剤の効果についての曖昧な認識!育毛剤に何を期待する?
育毛剤を使う上で、重要なのは「効果」があるかどうか?という部分。ただ、効果についての認識というか何を期待するのか?という点において曖昧ですよね。人によって効果の考えが異なるため、一度整理してみました。
育毛剤では効かない?素直に病院へ行った方が良い薄毛症状
育毛剤を使っても効かないという人は、皮膚科や薄毛治療専門医へいって診察してもらうことで改善できる可能性があります。そもそも育毛剤では対処しきれない場合、病気による場合などがあり、医師による診断が突破口となる場合もあるのです。
ヤフーオークション出品の育毛剤に注意!個人の出品信用できる?
ヤフオクでは多くの育毛剤が販売されていて、個人出品のものとみられる写真を掲載したものも多数。公式販売定価の半額以下で売られているものもあり、まずはちょっと試しに使ってみたいなと考えている人には魅力的に映りますね。
SNP(スニップ)検査で薄毛リスクが分かる?遺伝子検査でハゲ予防
今遺伝子検査をして将来への病気のリスクを把握し、最適な治療する目安とするSNP(スニップ)検査が流行っています。薄毛やハゲも遺伝による影響を受けるもので、ハゲるかどうかを判断できる検査が認知され始めています。
女性の本音!旦那がハゲてるより髪はあった方が良いに決まっている
愛があれば多少ハゲていても気にならない・・・こんな綺麗ごとは育毛課長は上っ面の建前としか見ていません。結局ハゲてるより、髪はあった方がよいのが女性の本音のまとめ。
育毛剤のニオイ・香りが臭い!無臭で臭いの気にならない育毛剤まとめ
育毛剤は毎日使うもの。ニオイがきつくて使えなかったり、独特な香りで家族にバレるのが嫌という声は多い。無臭・無香料でニオイの気にならない育毛剤を実際に使って検証してまとめました。
育毛剤を切り替える乗り換える時の注意点と効果を得るための選び方
今何らかの育毛剤を使っているけど、新しく育毛剤に切り替えたい・乗り換えたいという人に。乗り換える理由は様々だと思いますが、単に切り替えてるだけでは意味がない!正しい選び方についてまとめています。
育毛サロンとAGA発毛治療クリニックの違いとは?生やすならどっち?
よく混同されてしまいますが、育毛サロンとAGA薄毛治療クリニックは厳密に違います。同じようなサービスに見えても、目的によって行き先がことなります。違いを理解して利用するかどうかを決めましょう。
間違った筋トレがハゲ・薄毛を引き起こす!オーバートレーニングに要注意
筋トレとハゲは直接の因果関係はありません。しかし、いくら関係性がないと言っても、次のような筋トレ方法を実践しているとハゲになる可能性が高くなります。普段から筋トレを行っている方は、注意して何度も読み返してみてください。
育毛剤で赤くなるのは危険?
育毛剤で頭皮が赤くなってしまうというのは、育毛剤が効いているわけではない!
白髪の人でも育毛剤は効果ある?育毛剤で髪は黒くなるのか
白髪が多くなってきてしまって、さらに薄毛も目立ってきてしまったけど、育毛剤を使って髪を生やしたり色を黒く濃くすることができるのか?白髪を育毛剤で改善できるのかどうかを検証していきます。
育毛にかかる年間費用はいくらくらい?生えるまでに必要な費用
実際に私がいくらくらい育毛にお金を費やしているのか?また髪が生えるまでにいくら位の予算が必要になるのか?現在使用している育毛関連アイテムをまとめて年間費用と月間コストを算出してみた結果・・・
育毛剤医療費控除
育毛剤は基本的に命に関わるものではないので、医療費控除の対象にはなりません。しかし税務署によっては認めてくれることもあるようです。
育毛剤の2chなどでの評判が厳しすぎる点について
育毛剤についての評判を調べていると、2chや投稿掲示板では効かないというような悪い評価が目立ちますが、信憑性はいかに?
ハゲは遺伝するのか?世界の薄毛データから見るハゲと遺伝の関係
ハゲは遺伝し、悩ませるという話を聞いたこと無いですか?TVなどでも、薄毛は親から遺伝するとか話を聞いたことあると思いますが、これって本当なんでしょうか?実際にところをデータから検証してみました。
育毛剤・発毛剤・養毛剤などの違い比較?名前以外になにが違う
名前が様々ある育毛剤やら発毛剤やらの違いを比較検証してみます。一体なにが違うのか?
育毛剤とヘアトニックって比較して違いってあるの?おすすめはどっち
抜け毛が気になり、そろそろ薄毛対策を何か始めようと思ったときに、まず思い浮かぶのは育毛剤。しかし市場には育毛トニックと呼ばれるものも販売されており、違いは何があるのか良くわからない人も多いと思います。育毛剤とトニックの違いをまとめてみたいと思います。
男の薄毛解消に女性ホルモンが有効な理由とは?
抜け毛を減らしてハゲを治療するには女性ホルモンを増やすといいと言われます。あの大豆イソフラボンや亜鉛が効果的なのも女性ホルモンと似た働きをするためです。
育毛剤をすすめる理由と心構え
育毛剤がなかなか効かない!いや、ゆっくり効くからいいんです.育毛剤がなかなか効果がでず、髪が生えてこないという人も多いと思いますが、そんなに短期間で生えてきても怪しまれやしませんか
薄毛を完治するために
最大の悩みであるうす毛は完治するのか?という疑問。育毛剤治療は続けないとまたハゲてきてしまうのか?そもそも育毛に完治というゴールが存在するのか?
市販の育毛剤は効かない!育毛剤は効果なし?
通販で買えるものや、市販の育毛剤は効果がないと効きますが、一方で髪が生えたと言う人もいます。この違いはなぜでしょう?
育毛剤買うときに参考にしたいのは口コミ?それともレビュー?
育毛剤を調べていると必ずでてくるのが口コミやレビューといった言葉。私のサイトでもバンバン使っていますが、どのようにして見分ければいいか分かりますか??
育毛剤ってなぜ通販でしか買えないものばかりなのか?
ちょっとした疑問。育毛剤って有名どころは通販でしか買えない。普通に薬局で市販されないのはなぜなのか?めちゃくちゃ売れてる育毛剤でも通販ばかりという理由を探る。
植毛と育毛剤はどちらがおすすめ?正しい薄毛治療
薄毛を治療するなら、植毛にするか育毛剤で時間をかけていくかどちらがいいのか?
ハーグ療法って効果があるのか?毛髪再生治療という先進的響きの誘惑
ハーグ療法って知ってますか?ヨーロッパ発の毛髪再生療法ということで、日本にも2006年導入されて成功者が増えているということですが、その真相はいかに?
うす毛が治っても育毛剤は使い続けないとダメ?
毛が生えて薄毛が完治したとしても、育毛剤は使い続けたほうがいいのでしょうか?結局育毛は根治ができないというところに課題がある・・・
育毛サロンの費用に驚愕・・・その費用対効果の不透明性
育毛サロンで薄毛治療するという人がいますが、高額な上に費用の内訳が分かりずらいという問題点も指摘します。
カツラってどうなの?育毛剤と比較して割に合ったものか
薄毛を克服する選択肢としてカツラがありますが、安易に手を出さないほうがいいかもしれません。
抜け毛を防ぐ発毛治療の実態!AGAクリニックとは?
ここ最近特に有名になってきたのが発毛治療を専門とするクリニック!俗に言うAGAクリニックに行くとどんな治療を受けられる?
更年期から進行するハゲの症状の悩みと最適な対処法とは
更年期を迎える人が育毛をする時に特に注意しておいて欲しいことをまとめてみました。男性ホルモンによる原因を抑制していく以外にもホルモンに関する注意していくべきことを考えてみました
育毛剤を色々変えて使ってしまうのは有りなのか?
育毛剤を使っても効果がない・・・次はどんな育毛剤を試してみようかと色々な育毛剤を乗り換えて使っている人も多いと思いますが、これはありなのでしょうか?
育毛剤は同じ物を使い続けると効力が弱まるって本当?
育毛剤を使っているとだんだん効果がなくなってきてしまうという現象が起きることがあります。これはなぜなのか?薬という性質上の観点から検証してみます
年齢に適した薄毛・抜け毛対策で育毛効果をアップ
薄毛というのは様々な年齢の方が抱える悩みですが、薄毛の原因は年齢によって違っている事がありますし、育毛効果をアップさせる為には年齢に適した対策を行う事が一つのポイントになります。
毛髪再生医療が加速?横浜国大が研究中の毛包培養技術とは
横浜国大が髪の毛を作る毛包という細胞の培養に成功し、効率よく髪の毛を再生させることのできる技術をマウスによる実験で成功させたという。非常に興味深いニュースだったのでコラムを載せてみました
【図解】抜け毛予防に効果の高いツボ!ツボ押しで育毛効果を高める
育毛は血行を良くすることが効果が高いとされますので、ツボ押しによる代謝機能促進が意外と効果あるといいます。簡単にできる頭皮にツボをご紹介します。スキマ時間に実践して育毛効果を高めましょう
ビタミン配合の育毛剤を活用して薄毛対策できるのか?
育毛に効果的な栄養素としてビタミンの適正摂取があります。必須栄養素として欠かせないビタミンですので、育毛を意識している人のためのビタミンをピックアップしてみました
粗悪な育毛剤を見分けるコツ!成分を見ればダメ育毛剤が分かる
育毛剤はネットでも薬局でもたくさん売られていますが、中には粗悪ともいうべき育毛剤も混じっており、おすすめできないものもあります。粗悪な育毛剤を掴まないためにどうすべきかをまとめています。
2015年度最も人気の高かった育毛剤比較ランキング
2015年度に育毛剤で最も人気が高く、売れた育毛剤を育毛課長が厳選ピックアップ!当サイトでも評判の高かったものをおさらいします。
育毛にも効く?口コミで人気の「ばんのう酵母くん」をこっそり紹介
育毛課長が毎日のように育毛についての情報を得たり、深めている知識などを書いていきます。中には辛口なコラムもあり
まるで頭皮の刺青?メディカルSMPで毛根から生えてるように見せる
髪の毛を生やす「育毛・発毛」ではなく、頭皮に色素を入れて「生えてるように見せる」メディカルSMPという施術がある?シャンプーでも落ちずに、ハゲに見えない施術について思うところをまとめます
男性型脱毛症AGA治療についてGSKグラクソスミスクラインのセミナー受講まとめ
製薬会社グラクソスミスクラインが2016年10月20日に実施した男性脱毛症AGA治療の最新の話題として行ったセミナーの気になる点と見解をまとめました
薄毛の人はスキーの紫外線「雪焼け」に注意!頭皮のダメージは大きい
スキーやスノーボードが楽しい季節。しかしゲレンデは想像以上に紫外線が強く、雪焼けをする人も多いです。紫外線は頭皮にダメージを与えることが危惧される薄毛のリスクとなりえるもので、気になっている人は事前に予防していきましょう