ピディオキシジルの効果の根拠と副作用の検証

 

毎年のように新しい育毛成分が脚光を浴び、進化し続ける育毛業界。中でも話題なのが、ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)という成分。なんかどこかで聞いたような名前でもあり、期待の成分には違いないということで今回育毛課長が取り上げてみることにしました。

 

育毛剤のパッケージなどを見ると、「ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド」という長ったらしい名前が書いてあるので何のことかよくわからない。ピディオキシジルの効果を分かりやすく体現した言葉で言うと、「ミノキシジル」と同等の効果が期待できるという成分。

 


海外ではKopyrrolと呼ばれている成分で、下記の学術論文にてエビデンスが確認されます。
http://www.slideshare.net/Kumarorganicproducts/kopyrrol-brochure

 

ピディオキシジルの効果

ピディオキシジルは「ミノキシジル誘導体」とも言われており、成分の化学構造的に非常に似通っている特徴があります。名前が似ているのもここに由来するもの。

 

ピディオキシジルの主な効果作用としては、「頭皮の毛細血管拡張による血行促進」。萎縮した毛細血管を拡張し、髪の毛に届く栄養素をいきわたらせることで発毛を促進させるというものでした。ミノキシジルの作用も、毛細血管の拡張と再生促進であり、ピディオキシジルこの育毛に重要な要素を効率よく実現できるよう開発されています。

 

ミノキシジルの欠点は副作用意外にも存在し、頭皮への吸収効率が悪いことがあげられます。浸透力が効果を握る塗るタイプの育毛剤にしてみれば、吸収されないのでは意味がない。そのためにミノタブのように飲んで効かせるものが存在します。

 

ピディオキシジルは浸透性も改善することを目的として作られているため、重要な浸透力が高く塗るタイプの育毛剤への汎用性が高くなったということも評価できます。

 

ピディオキシジルはミノキシジルの効果の上位互換

ミノキシジルといえば国内唯一の市販医薬品「リアップ」などにも含まれ、AGAクリニックなど医療育毛外来でも主流の効果が実証された育毛成分です。日本皮膚科学会も根拠ある育毛剤として未だに推しているものです。

 

ただしこのように新しく同等効果を謳うピディオキシジルのような成分が開発されるのは、副作用の懸念がものすごく強いから。

 

実は育毛課長自身も以前ミノキシジルを配合したリアップやロゲインを使ったことがあるのですが、頭皮が赤く炎症を起こしかゆくてかゆくてたまらないというとんでもない副作用を経験しています。

 

ミノキシジルの副作用に悩み使うのをためらう人は多いようで、より副作用の心配がない成分の開発が進んでいます。

 

そんな背景のもと颯爽と登場したのが、ピディオキシジルということ。実は同じような効果を持つ成分として、キャピキシルという成分もあるのですがこちらは別記事にて解説をしています。

 

注目はやはり副作用の無さ

 

ピディオキシジルが注目されるのは、前述した副作用の少なさが圧倒的な期待を持って受け入れられていることに他なりません。

 

日本に導入されているものでいうと、「まつ毛の育毛剤・美容液」にも配合されているくらい、効果と安全性を併せ持った成分であることが伺えます。まつ毛というくらいだから目に直接入る可能性もあり、副作用に絡む心配度は育毛剤の比ではないからです。

 

ただし副作用が全くないという保証が無いことも事実。まだ出たばかりの新しい成分ということは、同時に副作用や様々なデータの数自体も不足しているということ。これはキャピキシルにもいえることなのですが、こればかりは数年経たないと実際の体験者の声としては上がってきません。

 

当然ながら成分は自然界にあるものから抽出されますので、「アレルギーを初めとした皮膚の副作用の心配」に関してはゼロとはいえないです。単純な医薬品成分ではないので、組み合わせて配合される素材にも違いがある模様。成長因子の一つであるウミツバメの巣由来のエキスであったり、ピディオキシジルといえども複数の性質を併せ持つものがったりと現時点では統一されていないのが現状です。

 

ピディオキシジルの効果に過信はしない

いかに優れた性質を持つ育毛成分といえども、ピディオキシジルの評価点は血行促進効果が高く、ミノキシジルと同等の働きを少ない副作用のリスクで実現できること

 

髪の毛の成長には十分期待できるのですが、抜け毛対策には男性ホルモンを変質させる「5αリダクターゼ酵素」の抑制を組み合わせなければ効果が薄いのは代わりありません。

 

育毛剤としてピディオキシジル配合のものを検討する場合には、これらの成分を組み合わせて配合しているものを選んでいく必要があります。

 

今後はキャピキシルと同様にピディオキシジル配合の育毛剤も増えていきます。既に着々と新製品の開発も進んでいるようで、育毛剤を手にするときはしっかりと比較し自分に必要な成分を満たしているかを考えて使っていくようにしましょう。

 

ピディオキシジル配合の育毛剤


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

ピディオキシジルの効果と副作用の検証!配合育毛剤の検証をする関連ページ

キャピキシルの育毛効果とは?何がすごいのかを徹底検証
注目の育毛剤成分、キャピキシルはご存知ですか?おそらく名前は聞いたことあるかもしれませんが、あのミノキシジルの3倍という効果や副作用が無いなど気になる部分を色々と検証してみました
リデンシル配合の育毛剤の効果検証!どんな薄毛に効く成分なのか?
リデンシルはスイスのinduchem社が開発した育毛成分で、毛根の中にあるバルジ領域を活性化させることで毛母細胞を増殖させる注目の成分。髪の毛の成長を促し、弱った細胞を活性化させるという効果があります。
リデンシル・キャピキシル・ピディオキシジルどう違うのか効果を比較
最近注目されている育毛剤の新成分に、キャピキシル・ピディオキシジル・リデンシルというものがあります。横文字ばかりで分かりづらいですが、それぞれの効果の違いを比較して分かりやすくまとめました。
亜鉛だけで育毛・発毛を促進できると思ったら大間違い
亜鉛が髪の毛に働きかけることは科学的にも証明されており、育毛活動において欠かすことのできない成分です。しかし、「亜鉛さえ摂取すれば」という単純な話ではないのが真実。
アデノシンは薄毛に効果・副作用はある?使うべき成分か検証
資生堂が研究開発した育毛成分アデノシンは、どのような育毛効果があり、また副作用などの使用上の注意はあるのか?効果の根拠や仕組みを調べ、どんな薄毛に効くのかをまとめています
パラベン配合の育毛剤はなぜ使わないほうがいいのか?
パラベンは保存料として育毛剤初め化粧品やクリームなどに使われています。肌への安全性に問題があるということで騒がれていますが、なぜ使わないほうがいいのかをまとめてみました
医薬部外品の育毛有効成分とその他の育毛成分の違いとは?
有効成分・育毛成分・効果成分という目性の違いとは?似たような名前ですが明確に区別すべき成分です。
医薬品育毛剤と医薬部外品の違いとは?効果にどんな違いがある?
育毛剤で医薬品と医薬部外品って良く耳にする言葉なのですが、結局何が違うんでしょうか?やっぱり医薬品は効果が高い?育毛剤を買うときに迷いやすい薬事法の区分を解説しています。
トウガラシエキスが髪の毛によい?髪・育毛に良い効能とは
育毛剤の成分としても使われる唐辛子エキスは、育毛や髪の毛にとってどんな効果をもたらすのか?唐辛子を食べたり頭に塗ったりすると髪の毛が生えてくる?そんな疑問を検証してみました。
ビワ葉エキスはどんな育毛に良い効果がある?ビワが髪の毛によい理由
育毛剤でも見かけることの多いビワ葉エキスってそもそもどんな効果効能があるか?意外とビワエキスって育毛以外にも使われてることが多く、需要の多い成分だけに、どんな効果が髪の成長に役立つのかを調べてみました。
ローズマリーエキスって育毛剤に入ってるけど育毛に良い効果効能とは
育毛剤の成分を見ていると、ローズマリーエキスというのが配合されていることが多いのですが、これってどんな効果があって、副作用などは無いのでしょうか?
クロロフィルってサプリとかでよく聞くけど髪・育毛に良い効能とは
健康サプリ系で良く目にするクロロフィルという成分。育毛剤とか育毛サプリとかでも使われているのを目にすることがあるのですが、クロロフィルってどんな育毛効果があるのか?
アロエの髪・育毛に良い効能とは?アロエエキスで髪は生える?
アロエといえば昔から医者要らずとして、肌によい、火傷に効くということで使われてきた植物。育毛剤でもアロエ育毛剤とかあったりして、アロエって髪の毛の成長にも良い効果があるのか?ってことで色々調べたことをまとめています。
ロレアル研究所「ステモキシジン」の毛髪再生効果の考察と期待
化粧品メーカーのロレアルの毛髪再生研究が意外に侮れない。ステモキシジンという新成分を開発し、休眠期における毛根の細胞の活性化を実証したというデータを取り上げてみる
海洋深層水の育毛効果と頭皮への浸透力を調べたことまとめ
海洋深層水は深海から採取した水で、育毛剤にも使われています。海のミネラルを蓄えているだけでなく、優れた皮膚への親和性による成分浸透力を高める効果もあるというので詳しく調べてみました