女性の薄毛の原因も遺伝が関係している?

女性の薄毛・遺伝

 

女性であっても薄毛・抜け毛に悩み、徐々に目立つ地肌に戸惑いを感じて育毛に興味を持つ人は増えています。

 

薄毛というと遺伝で素質を受け継いでいることも原因と言われており、女性であっても近い親族に薄毛の人がいる場合には将来を心配しなければいけないのか?というのが今回のテーマです。

 

男性は薄毛を誘発するホルモンによる影響が科学的に解明されつつありますが、女性の場合にはホルモン以外の要素で薄毛になっている人が多く、人によって原因が大きく異なるのです。

 

薄毛の原因となるホルモンは、男性でも多い少ないの個人差があり、少ない人は年を取ってもフサフサしています。脱毛ホルモンが多い場合は、若くしてハゲることもあり、こうした体質を遺伝的に受け継いでいるかどうかは薄毛のリスクを判断する一つの目安となっているのです。

 

このホルモンは女性でも無関係ではなく、薄毛になりやすい体質かどうかを判断する要素になります。

 

女性でも男性ホルモンは存在するが影響は本来少ない

薄毛の原因となっている男性ホルモンは、髪の毛を作る細胞の成長を止め、成長する前に抜けてしまうように働きかけます。

 

女性ホルモンには、薄毛を誘発する男性ホルモンの働きを抑え込んでおく作用があることが分かっています。女性ホルモンが正常に分泌されていれば、男性ホルモンの影響から髪を守ってくれています。このため女性は男性のように、特徴的なハゲ方をする人はいません。

 

女性の薄毛の多くは、ダイエットなど食事による影響で髪が弱ったり、ストレスなどの影響で髪の毛が瘦せてしまうという特徴があります。これらは厳密には遺伝とは関係のないもので、生活環境や栄養不足で起きるものです。

 

しかし、女性の場合でも男性ホルモンは体内にあるため、ホルモンバランスの崩れや更年期に入ってから男性と同じように薄毛を発症することがあります。

 

分かりやすいのが、産前産後のホルモンバランスが大きく変化するとき。一時的にホルモンバランスが崩れることで、男性ホルモンの影響を受けて抜け毛が増えたりすることがあります。

 

遺伝的に影響を受けるのは、女性ホルモンが少なくなる更年期に入ってから。40代を超えると薄毛になる人の多くは、ホルモンバランスが崩れることで髪の毛の成長が衰えるなど、遺伝的な影響はこの頃にでてきます。

 

年齢による薄毛の原因の違い

更年期の薄毛

 

女性の薄毛の場合年齢によって、それが遺伝によるものなのかどうかを判断する基準になることはあります。

 

年を取ることでホルモンの分泌が弱くなり、全体的に髪が細く薄くなる人がいます。これらはホルモン分泌に関わるもので、遺伝による影響が原因になっている可能性が高いといえます。たとえ女性でもホルモンの影響で根が弱って、頭頂部などに薄毛の兆候が見られるケースは必ずしも珍しいことではありません。

 

加齢によって髪を作る細胞そのものが弱ることも薄毛の一因とされますが、これも身体的な特質を受け継いでいることで、親族で薄毛の女性がいれば自分も同じような状況になる可能性はあります。

 

一方で、20代など若年にもかかわらず薄毛の傾向が見られる方は、生活のバランスを整えることで自然に治るケースが多いです。髪の毛を作る仕組みそのものは男性も女性も同じ。育毛に良い髪を作るための食事や、髪を弱らせないために毎日の生活にちょっと気を付けるようにしていきましょう。

 

規則正しい生活をしており、特にストレスなども感じていないにもかかわらず、髪の毛に薄毛の傾向が見られるという場合は、遺伝とは別になんらかの頭皮の疾患の可能性もあります。こうした場合には、女性のための薄毛治療クリニックが増えてきているため、早めに診断をしてもらいましょう。

 

女性用の育毛剤を使っても何も効果がないのか

育毛剤

 

薄毛になりやすい遺伝体質を危惧している人は、そうでない人よりもヘアサイクルの機能が早めに衰えてしまうといわれています。

 

髪の毛というのは絶えず生え変わっているものですが、遺伝的な要因で薄毛になりやすい人は髪の毛が成長しにくく、かつ退行してすぐに抜け落ちやすいため、髪の毛のボリュームが徐々に減ってきたり、生え際や頭頂部などが極端に薄くなってしまったりします。

 

育毛剤はこうしたヘアサイクルを正常に戻すように促す効果が期待できます。したがって、たとえ遺伝的な要因で薄毛が進行してしまっていても、育毛剤でその症状を抑えたり、薄毛の程度をいくらか改善したりする効果は期待できるということです。

 

むしろ遺伝的な要因だからこそ、早めに育毛剤を使用すべきだともいえます。特に遺伝的に薄毛が進行しやすい人は、若いうちから薄毛の兆候を感じている人が多いと考えられます。

 

若いうちから育毛剤を使用しておくことで、それ以上の薄毛の進行をストップさせたり、薄毛の程度を和らげたりなどの効果はより得やすくなるはずです。

 

遺伝による薄毛だからといって、決して諦める必要はありません。薄毛が進行してからよりも、早目に対策をしておくことで改善効果も高くなります。気になりだしたら、まずは評価の高い育毛剤でケアを始めてみましょう。

 

女性用の育毛剤で口コミ評価の高いもの一覧

 

女性の薄毛の原因はまだ不透明なところが多くあります。そのため、もし薄毛の兆候を感じたら、まずはできることをやってみることが大切でしょう。薄毛はストレスや生活習慣の乱れなどからも発生することがあります。

 

薄毛が気になるなら、ストレスを溜めないようにする、タバコやお酒を控えるなどして生活習慣を改善してみることも大切です。それに加えて育毛剤を上手に活用できれば、薄毛を改善する効果を期待することも十分にできるものです。

 


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

女性の薄毛も遺伝が原因?育毛剤の効果はある?関連ページ

ノコギリヤシの育毛サプリ は女性が飲んでも効く?副作用は大丈夫?
ノコギリヤシのサプリメントなどを女性が服用することは副作用があるのではないかと疑問を持つ方も多いようですが、副作用の問題ないというのが一般的な見解です。実際に、女性用に販売されているノコギリヤシサプリメントも存在します。
女性のひどい抜け毛・薄毛に悩んだら病院は何科で診てもらえる?
女性の薄毛は男性とはまた異なった原因で発症するものが多く、抜け毛・薄毛の原因によって対応する病院の科が分かれてきます。抜け毛や薄毛が気になったら何科を受診するべきか?参考にすべき情報をまとめています
プロペシアは女性が飲めない!副作用や禁忌の理由と代替療法とは
プロペシアは抜け毛の原因とされる悪性の男性ホルモンの生成を防ぐことができる薬であり、男性の9割の薄毛の原因とされるAGAの治療薬では重要な位置づけの育毛剤です。しかし、女性は飲むことはおろか、妊娠中の女性は錠剤に触ることもNGとされているなど、薄毛に悩む女性が使えるものではありません。ここではプロペシアを女性が飲めない理由をめとめるとともに、抜け毛や薄毛に悩む女性はどんな育毛剤を使っていくのがベストなのかを検証しています。
妊娠中の抜け毛に育毛剤を使っても大丈夫?胎児や体調への影響は?
ホルモンバランスの崩れで妊娠中は抜け毛が増えやすく、お風呂の時にびっくりする人も多いです。女性用の育毛剤で対策をしようと考える場合、自身の体調や胎児への影響や副作用などは心配ないのかをまとめています
武田薬品のMIYABIKA育毛剤のリアルな口コミと正直な感想
国内最大手ともいえる製薬会社である武田薬品が開発した女性用育毛剤MIYABIKAってどうなの?成分から分かる効果や、安全性、使い心地などを総合的に検証レビューしたことをまとめています
産後の円形脱毛症の原因と悪化させないためのベストな治療法
女性の多くが抱える悩み。産後の円形脱毛症はなぜ起こってしまうのか?まず円形脱毛症とは通常の抜け毛・薄毛の仕組みとは異なり、免疫機能の低下により起こるということを知っておく必要があります。
女性用育毛剤の副作用ってどんなものがあるの?気を付けるべき症状
女性用の育毛剤を使う上で、気を付けるべき副作用はあるのでしょうか?女性用ということでトラブルのない成分を配合してはいますが、万人に安全というものはありません。事前に対処法を知っておくことで安心して使えます。
ダイエットがきっかけで抜け毛が増える!無理な絶食はハゲの元
スリムな体を作るためにダイエットに取り組んでいる人も多いですが、ダイエットをきっかけに抜け毛が増えてしまったという人も少なくありません。特に食事を制限するダイエットは髪の健康にも悪影響を与えるので気を付けるべきです
女性の頭皮地肌が透けるのは薄毛の兆候!目立ちやすい頭頂部に注意
女性の薄毛は頭頂部付近の地肌や、分け目を中心に透けて見えるようになってくることが予兆としてあります。男性と違い全体的に薄くなるため気づきにくいですが、「あれっ」と思ったら早めに対策をしましょう
女性ホルモンの分泌を増やす・整えることで薄毛を改善・予防する
あなたが薄毛に悩む女性であれば、将来薄毛にならないために、また薄毛を改善するために女性ホルモンの分泌を整えて分泌を増やすことを考えましょう。ホルモンバランスと髪の成長は深くリンクしあっています。
頭皮地肌が敏感な女性の育毛剤選びは刺激成分が少ないものを使う
女性の悩みの一つに敏感肌で、化粧品選びに苦労するという人は多くいます。育毛剤選びでも同じで、刺激が強い育毛剤はヒリヒリして使えず、抜け毛を増やしてしまう場合もあるため選ぶときは注意が必要。敏感肌の女性が育毛剤選びするときに注意したいポイントをまとめました。
産後1年半経過しても抜け毛が止まらない時の対策について
産前・産後の抜け毛は一時的なものと聞いていたのに、1年近く経っても抜け毛が止まらず髪質も悪くなってきて不安な場合は、どういう原因が考えられるでしょうか?取るべき対策についてまとめています
女性の地肌の透け(薄毛)は、「髪やせ」が原因?特徴と対策方法
薄毛に悩む女性の症状の一つに、「髪やせ」といって1本1本の髪が細くなることがあります。毛の量そのものは減っていなくても、1本の太さが痩せて細くなるために密度が少なくなって地肌が露出するのです
女性で生え際が後退してしまう原因と今すぐしたい対処法
自分は女なのに、生え際が後退してオデコがどんどん広がってきてしまっている。これってどう対処すべきなの?女性で生え際が少なる原因と、気づいたら今すぐしたい対処法についてまとめています