抜け毛がひどい場合女性は何科を受診すべき?

女性の薄毛外来

 

女性の薄毛は男性とはまた異なった原因で発症するものが多く、抜け毛・薄毛の原因によって対応する病院の科が分かれてきます

 

女性の抜け毛や薄毛の原因はいくつかあり、その原因によって対応できる病院の科も違ってくるので、現在の悩みと近いところで相談するようにします。

 

頭皮にかゆみやニキビなど炎症がある場合は皮膚科へ

皮膚に異常な程のフケやかゆみ、湿疹や炎症などのトラブルがある場合は、皮膚トラブルが原因で脱毛することがあります。皮膚トラブルの場合は、「皮膚科」への受診です。男性の薄毛においても皮膚科で受診するケースが多いため、一般的にまずは皮膚科で相談をするというのが最も話が早いです。

 

妊娠・出産期に抜け毛が増える場合は婦人科へ

女性の場合、妊娠中や出産後、生理不順、更年期障害などのホルモンバランスの乱れが理由で脱毛に繋がることがあります。妊娠期から主産後に急激に抜け毛が増えてきた場合は、「婦人科」の受診でホルモンのバランスを整える治療を受けると改善することがあります。

 

他の原因としては、内臓疾患や甲状腺機能障害などが原因で脱毛する場合があります。脱毛以外にも体の内部に何かの異変を感じるようならば「内科」の受診をおすすめします。

 

円形脱毛症など急激な抜け毛は精神科を紹介してもらう

もしも、ひどいストレスやショックを受けてから脱毛するようになった場合や、何らかの精神的な悩みを抱えている方は「精神科」での受診で改善する場合があります。代表的なものが円形脱毛症であり、これはストレスなどで自律神経の異常によって引き起こされることが分かってきています。精神科・・・というと躊躇される人もいますが、髪を失うことのショックには代えられません。

 

このように女性の脱毛には様々な原因があり、受診すべき科は異なってきます。まずは普段の生活や様子から脱毛の原因を考え、自分を見つめ直すことで何科に受診をすればいいのか判断するようにしてみましょう。

 

もちろん、お医者さんの専門が異なる場合には違う先生を紹介してもらうこともできるので、悩み込む前にまずは病院で相談をしていくことを優先しましょう。

 

総合病院では治療が難しい抜け毛・薄毛の原因もある

女性の薄毛

 

前述のような原因で薄毛や抜け毛が起こる場合は病院での治療が可能ですが、なかには一般の総合病院では治療が難しいケースもあります。

 

それは脱毛した原因が、病気ではない場合です。「加齢による老化や遺伝」、「普段の生活習慣の乱れによるもの」、「産後の一時的な脱毛」、「合わないヘアケア製品の使用」、「疲労やストレスの蓄積」などが原因の場合は薬剤の処方がしにくく、病院ではなかなか治療しにくいとされています。

 

急な脱毛の場合、体の異常が原因で脱毛している可能性が高くなります。その場合は、薬で体の異常を治療することがまず先決となります。その上で脱毛も改善されると期待してもいいでしょう。逆に長期間に少しずつ脱毛していった場合は、体の異常が原因の脱毛ではない可能性もあり、その場合は薬での治療よりも生活習慣の改善などが治療の中心となります。

 

では、抜け毛・薄毛で病院の治療を受けるべきかどうか、もしくは病院の何科に行くべきかどうしても判断できない場合はどうすればいいのでしょうか?

 

頭髪専門のクリニックや病院の専門外来を受診すべき

女性の薄毛クリニック

 

男性の薄毛治療で一般的になってきている、薄毛治療の専門クリニックがあります。

 

男性専用と思われていますが、実は女性向けの診断をしているところが増えてきています。一般的な総合病院よりも、髪の毛の悩みを持つ人に専門的に治療を行っているため、経験も豊富で様々なデータを蓄積しているため信頼性が高いです。

 

また、婦人科や内科、皮膚科、精神科で病気を治療してもなかなか脱毛の改善までには繋がらないという方も、頭髪専門医を受診することをおすすめします。

 

薄毛専門クリニックでは頭髪の様子や生活習慣、病気の有無など様々チェックし、脱毛原因を専門的な観点から探してくれます。頭皮のチェックから血液検査による薄毛のリスク判断、薬の効きや副作用などを診断しながら治療を進めてくれるので、下手な育毛剤に手を出すよりも安全で確実です。

 

一般に高いイメージがあるのは、育毛サロンという場所。レディースアデランスとかリーブ21などは病院ではないので間違えないように。なんらかの病気が原因で脱毛が起こったと診断された場合、健康保険が適用されて、その時点で病気改善の治療ができます。

 

女性の薄毛治療であっても、もしも病気が原因でない場合は残念ながら保険適用外になりますが、脱毛改善の的確なアドバイスを受けることができます。また、普段使用している脱毛治療薬が自分に合っているかどうかの疑問をお持ちの方も、是非相談してみるといいでしょう。

 

 

女性の薄毛治療にも力を入れているヘアメディカル詳細

 

なかには女性には合わない男性用薄毛治療薬を間違って使用してしまっている場合もあります。いつまでも合わない治療薬を使っているよりも、的確な専門医のアドバイスを受けた方が確実に頭髪改善へと繋がります。

 

まずは規則正しい生活から脱毛予防

女性の場合は病気が原因の脱毛のほかにも、食事制限を伴うダイエットによる栄養不足や栄養バランスの悪さで脱毛してしまうケースが多々あります。

 

また、寝不足やストレスなどが原因の場合でホルモンバランスが崩れ、脱毛することもあります。薄毛になってしまったと気づく前に早期に生活習慣や食生活を見直し、まずは普段から規則正しい生活を行うことを心がけましょう。

 

あまりに抜け毛が多くなってきた場合には、できるだけ早く女性の薄毛専門外来を受診しましょう。頭髪専門のクリニックや脱毛・頭髪専門の外来を構えている病院がありますので、頭髪の悩みに関し、積極的に相談してみるべきです。

 

髪が薄く地肌が見えるほどになってしまうと、回復には時間がかかります。いまや薄毛の恐怖は男女共通の悩み。一人で悩まずに、初診カウンセリングを受けるようにしてください。


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

女性のひどい抜け毛・薄毛に悩んだら病院は何科で診てもらえる?関連ページ

ノコギリヤシの育毛サプリ は女性が飲んでも効く?副作用は大丈夫?
ノコギリヤシのサプリメントなどを女性が服用することは副作用があるのではないかと疑問を持つ方も多いようですが、副作用の問題ないというのが一般的な見解です。実際に、女性用に販売されているノコギリヤシサプリメントも存在します。
プロペシアは女性が飲めない!副作用や禁忌の理由と代替療法とは
プロペシアは抜け毛の原因とされる悪性の男性ホルモンの生成を防ぐことができる薬であり、男性の9割の薄毛の原因とされるAGAの治療薬では重要な位置づけの育毛剤です。しかし、女性は飲むことはおろか、妊娠中の女性は錠剤に触ることもNGとされているなど、薄毛に悩む女性が使えるものではありません。ここではプロペシアを女性が飲めない理由をめとめるとともに、抜け毛や薄毛に悩む女性はどんな育毛剤を使っていくのがベストなのかを検証しています。
妊娠中の抜け毛に育毛剤を使っても大丈夫?胎児や体調への影響は?
ホルモンバランスの崩れで妊娠中は抜け毛が増えやすく、お風呂の時にびっくりする人も多いです。女性用の育毛剤で対策をしようと考える場合、自身の体調や胎児への影響や副作用などは心配ないのかをまとめています
武田薬品のMIYABIKA育毛剤のリアルな口コミと正直な感想
国内最大手ともいえる製薬会社である武田薬品が開発した女性用育毛剤MIYABIKAってどうなの?成分から分かる効果や、安全性、使い心地などを総合的に検証レビューしたことをまとめています
産後の円形脱毛症の原因と悪化させないためのベストな治療法
女性の多くが抱える悩み。産後の円形脱毛症はなぜ起こってしまうのか?まず円形脱毛症とは通常の抜け毛・薄毛の仕組みとは異なり、免疫機能の低下により起こるということを知っておく必要があります。
女性用育毛剤の副作用ってどんなものがあるの?気を付けるべき症状
女性用の育毛剤を使う上で、気を付けるべき副作用はあるのでしょうか?女性用ということでトラブルのない成分を配合してはいますが、万人に安全というものはありません。事前に対処法を知っておくことで安心して使えます。
ダイエットがきっかけで抜け毛が増える!無理な絶食はハゲの元
スリムな体を作るためにダイエットに取り組んでいる人も多いですが、ダイエットをきっかけに抜け毛が増えてしまったという人も少なくありません。特に食事を制限するダイエットは髪の健康にも悪影響を与えるので気を付けるべきです
女性の頭皮地肌が透けるのは薄毛の兆候!目立ちやすい頭頂部に注意
女性の薄毛は頭頂部付近の地肌や、分け目を中心に透けて見えるようになってくることが予兆としてあります。男性と違い全体的に薄くなるため気づきにくいですが、「あれっ」と思ったら早めに対策をしましょう
女性ホルモンの分泌を増やす・整えることで薄毛を改善・予防する
あなたが薄毛に悩む女性であれば、将来薄毛にならないために、また薄毛を改善するために女性ホルモンの分泌を整えて分泌を増やすことを考えましょう。ホルモンバランスと髪の成長は深くリンクしあっています。
頭皮地肌が敏感な女性の育毛剤選びは刺激成分が少ないものを使う
女性の悩みの一つに敏感肌で、化粧品選びに苦労するという人は多くいます。育毛剤選びでも同じで、刺激が強い育毛剤はヒリヒリして使えず、抜け毛を増やしてしまう場合もあるため選ぶときは注意が必要。敏感肌の女性が育毛剤選びするときに注意したいポイントをまとめました。