妊娠中の育毛剤使用の注意点と選び方

妊娠中育毛剤

 

妊娠中はホルモンバランスの崩れで抜け毛が増えやすく、お風呂の時にびっくりする人も多いです。

 

急激に増えた抜け毛を女性用の育毛剤で対策をしようと考える場合、自身の体調や胎児への影響や副作用などは心配ないのかをまとめています。

 

まずは妊娠中に抜け毛が増える原因のおさらいと、どのような育毛剤を使えば安全かつ効果的に抜け毛予防できるのかを考えていきましょう。

 

妊娠中に抜け毛が増える3つの理由…女性の身体の変化とは

妊娠中の抜け毛に悩む女性は多いです。その原因としては次のようなことが考えられます。

 

1つ目の原因は、妊娠によってホルモンバランスが乱れやすくなることです。妊娠中は女性ホルモンの分泌量が大きく変動するため、そのバランスも崩れやすくなります。女性ホルモンのエストロゲンには髪の健康を維持する役割があるので、ホルモンバランスが乱れると抜け毛が増えるのです。

 

2つ目の原因は、栄養不足に陥りやすくなることです。健やかな髪を育てるためにはそれだけの栄養が必要です。しかし妊娠中は胎児にも栄養を届けなければならないため、母体の方は栄養不足になりやすくなります。その結果、摂取する栄養が足りないと髪まで栄養が行き渡らなくなり、髪の毛が抜けやすくなります。

 

3つ目の原因は、頭皮の状態が悪化しがちなことです。妊娠中は汗をかきやすく、頭皮が蒸れやすい状態になっています。また身体を動かすのが大変なため、洗髪や入浴などの頭皮ケアも不十分になりがちです。そのため頭皮に汚れがたまったり、雑菌が繁殖したりしやすいのです。

 

妊娠中の抜け毛は育毛剤でケアできる?

このようなことから、妊娠中はいつも以上に髪や頭皮の健康に気を遣う必要があるといえそうです。抜け毛が気になってきたら、普段の食事内容や頭皮ケアを見直してみましょう。

 

さらに育毛剤を使ったケアを追加するのもおすすめです。育毛剤には、抗菌効果を持つ成分や血行を促進する成分など頭皮の健康維持に役立つ有効成分が含まれているからです。

 

ただし妊娠中は身体がデリケートな状態になっているため、製品選びには細心の注意が必要になります。いくら髪にいいとはいっても、お腹の赤ちゃんに悪影響を与えるような成分は避けなければなりません。

 

たとえばミノキシジル、プロペシアといった成分はホルモンに作用し、生まれてくる赤ちゃんの生殖器異常を引き起こす可能性があります。妊娠中はこれらの成分を含む育毛剤の使用は避けるようにしましょう。

 

また男性用の育毛剤の方が効果あるのでは?と考える人も多いですが、同じ育毛剤であっても男性用と女性用では配合されている成分が違います。副作用を避けるためにも、女性用の育毛剤を選ぶか、明確に男女兼用として販売されている育毛剤を選びましょう。

 

妊婦向け育毛剤の選び方

それでは妊娠中には、具体的にどんな育毛剤を選ぶべきなのでしょうか。まず女性用の育毛剤で、かつミノキシジルやプロペシアを含んでいないのは当然として、さらに添加物の入った育毛剤も避けるべきです。

 

合成添加物の無い無添加育毛剤を選ぶべき

育毛剤を始めとする化粧品・医薬部外品には、保存性を高める目的や使用感をよくする目的で、合成保存料や香料、着色料などの添加物が使われることがあります。これらの化学物質の中には、毒性を疑われたり、頭皮への刺激やアレルギーを引き起こしたりする可能性もあります。妊娠中に使う育毛剤は、無添加にこだわったほうが安心です。

 

初めて買うなら返金保証が付いている育毛剤がベスト

自然由来の成分の中にも、刺激の強い成分は自身の肌に悪影響を与える物質はあります。自然派の育毛剤だからといって油断は禁物で、かぶれなどの症状が起きるケースもあります。

 

育毛剤を選ぶときは、成分表や注意事項をよく読み、お腹の赤ちゃんに優しい製品を選ぶのはもちろん、使って異常があればすぐに返品・返金してもらえるなどしっかりした対応のメーカーのものを選ぶと安心です

 

保湿力に優れ十分な栄養補給できる成分にも注目

妊娠中に使う育毛剤として優れているのは、できるだけ複数の育毛成分を配合しているものを選ぶようにします。

 

妊娠中の薄毛や抜け毛はホルモンバランスだけにとどまらず、肌荒れなどのトラブルによるものや栄養不足など複数の要素が絡んで発症しています

 

このため、無添加かつ育毛剤としても採用実績の高い成分を多く含んだ育毛剤を使っていくことで、色々な角度からアプローチできるのです。

 

完全無添加で妊娠中でも使える育毛剤を実際に使って検証レビュー

 

逆に買ってはいけない育毛剤などが、医薬品のリアップリジェンヌといった育毛剤。女性用として薬局などで売られているのですが、明確に妊娠中は使用禁止とされているため安易に医薬品は使わないようにしてください。

 

☆妊娠中も育毛剤の使用はOK!ただし製品選びには要注意

抜け毛が多くなりがちな妊娠中、育毛剤を使ってケアすること自体はNGではありません。ただしお腹にいる赤ちゃんに影響が出るのを避けるために、使う育毛剤の選び方には注意したほうが良さそうです。

 

たとえ女性用の育毛剤であっても、赤ちゃんへの健康被害が懸念される物質が含まれる製品はあります。妊娠中に育毛剤を買うときは、使われている成分の安全性を事前によく調べ、安心して使えるものを選ぶことをおすすめします。


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

妊娠中の抜け毛に育毛剤を使っても大丈夫?胎児や体調への影響は?関連ページ

ノコギリヤシの育毛サプリ は女性が飲んでも効く?副作用は大丈夫?
ノコギリヤシのサプリメントなどを女性が服用することは副作用があるのではないかと疑問を持つ方も多いようですが、副作用の問題ないというのが一般的な見解です。実際に、女性用に販売されているノコギリヤシサプリメントも存在します。
女性のひどい抜け毛・薄毛に悩んだら病院は何科で診てもらえる?
女性の薄毛は男性とはまた異なった原因で発症するものが多く、抜け毛・薄毛の原因によって対応する病院の科が分かれてきます。抜け毛や薄毛が気になったら何科を受診するべきか?参考にすべき情報をまとめています
プロペシアは女性が飲めない!副作用や禁忌の理由と代替療法とは
プロペシアは抜け毛の原因とされる悪性の男性ホルモンの生成を防ぐことができる薬であり、男性の9割の薄毛の原因とされるAGAの治療薬では重要な位置づけの育毛剤です。しかし、女性は飲むことはおろか、妊娠中の女性は錠剤に触ることもNGとされているなど、薄毛に悩む女性が使えるものではありません。ここではプロペシアを女性が飲めない理由をめとめるとともに、抜け毛や薄毛に悩む女性はどんな育毛剤を使っていくのがベストなのかを検証しています。
武田薬品のMIYABIKA育毛剤のリアルな口コミと正直な感想
国内最大手ともいえる製薬会社である武田薬品が開発した女性用育毛剤MIYABIKAってどうなの?成分から分かる効果や、安全性、使い心地などを総合的に検証レビューしたことをまとめています
産後の円形脱毛症の原因と悪化させないためのベストな治療法
女性の多くが抱える悩み。産後の円形脱毛症はなぜ起こってしまうのか?まず円形脱毛症とは通常の抜け毛・薄毛の仕組みとは異なり、免疫機能の低下により起こるということを知っておく必要があります。
女性用育毛剤の副作用ってどんなものがあるの?気を付けるべき症状
女性用の育毛剤を使う上で、気を付けるべき副作用はあるのでしょうか?女性用ということでトラブルのない成分を配合してはいますが、万人に安全というものはありません。事前に対処法を知っておくことで安心して使えます。
ダイエットがきっかけで抜け毛が増える!無理な絶食はハゲの元
スリムな体を作るためにダイエットに取り組んでいる人も多いですが、ダイエットをきっかけに抜け毛が増えてしまったという人も少なくありません。特に食事を制限するダイエットは髪の健康にも悪影響を与えるので気を付けるべきです
女性の頭皮地肌が透けるのは薄毛の兆候!目立ちやすい頭頂部に注意
女性の薄毛は頭頂部付近の地肌や、分け目を中心に透けて見えるようになってくることが予兆としてあります。男性と違い全体的に薄くなるため気づきにくいですが、「あれっ」と思ったら早めに対策をしましょう
女性ホルモンの分泌を増やす・整えることで薄毛を改善・予防する
あなたが薄毛に悩む女性であれば、将来薄毛にならないために、また薄毛を改善するために女性ホルモンの分泌を整えて分泌を増やすことを考えましょう。ホルモンバランスと髪の成長は深くリンクしあっています。