育毛中の人は夏バテ対策は必須!髪が育つ体調管理を

夏バテ

 

夏バテは日本特有の高温多湿な気候によって起きる体調不良の総称であり、代表的な症状として以下のようなものがあります。

 

・たいして動いていないのに疲れてしまい体が重い
・蒸し暑さと汗で寝つきが悪く睡眠が浅い
・食欲がなくなり軽いもので済ませがちになる

 

こうした自覚症状が出てくることになりますが、これらは間接的に髪の毛の成長にとって悪い物ばかりです。

 

特に日ごろから薄毛・抜け毛が気になったりして、育毛のために生活改善をしていこうと意識している人にとっては夏バテ症状は放置できない問題。

 

夏バテを予防して体の調子を取り戻し、髪の毛がグングン育つ環境を維持していくためのポイントについておさらいしておきます。

 

夏バテに負けずに髪の毛を育てるためやるべきこと

 

冷房で冷えすぎないよう体温調節し自律神経の乱れを正す

最も多くの人が影響する問題として、クーラーによって体が受ける温度変化が大きくなり、いつもよりも疲れを感じやすくなるというケース。

 

クーラー病などともいわれますが、冷えた体で外に出れば蒸し暑い状況にさらされるために、自律神経の働きが乱れやすくなるのです。

 

自律神経は体温を一定に調整しようと、汗をかいたり血管を修復させるなど常に働いています。しかし、温度差が激しいと体温調節に使うエネルギーが大きくなり、疲れを感じてしまうわけです。

 

最近はオフィスでの空調も穏やかなところが増えていますが、来客があるような場所だとガンガンに冷房が掛かっているのも珍しくありません。

 

男性でも体温変化が激しくならないように、事務仕事中はストールをお腹など体幹部に巻いて体温調節をしていきましょう。自律神経と髪の成長のかかわりはこちらでもまとめていますが、できるだけ体に負担をかけないようにしていく工夫が必要です。

 

暑い時期でも睡眠は重要!頭皮の痛みを回復

日中の暑さで疲れ果てた体を休めるのは睡眠ですが、夜でもムシムシ熱い日本では寝つきも悪く満足に寝れない人も多いと思います。

 

睡眠と育毛の関係は、成長ホルモンの分泌に関わるとされていますので気にしている人も多いと思います。実際には決まった時間にきっちり寝る必要はなく、1時間以上のまとまった睡眠が取れることで成長ホルモンも分泌されるというのが現在の主流意見です。成長ホルモンは夜10時から2時に多く出てるわけではない

 

ただ、眠れなければ髪の毛の成長を促すホルモンも出ないわけで、夏バテで寝苦しい時でも少しでも睡眠の質を高めることは考えていかねばなりません。

 

軽視しがちですが、氷枕を使って首元を冷やすことで体温を下げて寝付きやすくなることもあります。頭に当てすぎると冷えていたくなる時があるので、首元を適度に冷やすようにタオルで調整すると快適な清涼感を得られますね。

 

寝具を工夫することでも睡眠が変わります。何も高価なマットレスを買うのではなく、「すのこ上のパイプベッド」や換気性の高いマットレスを使うことで、汗がこもらずに夜中に寝苦しくて起きることが無くなりました。ドライ素材の寝具も普及しているので、育毛のために快適な寝具を探してみるというのも一考です。

 

個人的体験も交えると、徹夜したり睡眠不足が続く日は、如実に皮膚の状態が悪くなります。頭皮も例外ではなく、フケが出たりかゆみが出やすくなるなど、頭皮環境という点でも睡眠は欠かせないものと考えています。

 

軽い食事で済ませずタンパク質を意識した食事

夏バテで食欲がなくても、育毛のためにしてはいけないのは、そう麺とかサラダのみで食事を済ませないことです。

 

夏バテの典型症状では食欲がなくなり、ついつい軽い物ばかりで済ませてしまうことも多くなります。これでは炭水化物ばかりが多くなって栄養は取れるかも知れませんが、髪の毛の元になるタンパク質が不足してしまいます。

 

肉と素麺

 

煮魚を作って、その出し汁でそう麺を食べることでタンパク質を確保。豚肉を焼いたものを冷や麦の麺に乗せて食べることで、高ビタミン食材とタンパク質を両立させるなど、ちょっと工夫して一品加えることで、さっぱりした食事でもタンパク質不足を補うことができます。

 

普段筋トレなどをしていないという人でも、夏バテの育毛対策としてプロテインを摂取していくのは有効な手段です。プロテインは優秀な栄養源としても活用できるもので、髪の毛の成長に必要なビタミンやミネラルをはじめアミノ酸を一度に摂取できます。もちろんプロテインだけで済ませてしまうということは推奨できませんが、夏バテで食事が喉を通らない時の補助としておすすめしたいです。

 

育毛剤による外側からのケアも重要な季節

夏から夏の終わりにかけては、最も育毛や薄毛に関してネットで検索をする人が多くなる時期ということが分かっています。つまり、それだけ抜け毛が増えたり、頭皮のダメージによる薄毛を気にして育毛について検索をする人が増えるということ。

 

今はまだ育毛剤までは使わなくてもいいかなと思っている人でも、知らないうちに薄毛は進行していきますので、ヤバいかもと気付いた段階で手を打っていくことをおすすめしています。以下の記事もご参考になってみてください。

 

関連:秋にかけて抜け毛が増えるという噂について原因と仮説

 

気になったら今すぐ育毛剤によるケアをおすすめする過酷な現実


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

夏バテで髪の毛もやせ細る!夏のハゲ対策と育毛法関連ページ

育毛するならストレートネックを改善すべき!薄毛と首の関係性
ストレートネックになっていると、血行不良で髪が育たないばかりか、薄毛のリスクを高める?育毛には首の健康が欠かせず、太い動脈や神経が通る首を改善することは有効な育毛手段の一つになります。
冷え性の人はハゲやすい?体を温め頭皮の血行を改善する方法
寒い季節、手足の先がかじかむ「冷え性」に悩まされる人は、頭皮の血流悪化による薄毛リスクの向上に注意すべきです。体は繋がっています。冷えによる血行不良を改善し、髪の毛に栄養送るために取るべき対策についてまとめています。
昼夜逆転生活続けてると髪は育たないのか?将来へのハゲリスク
学生生活や仕事上の生活スタイルの変化で、どうしても昼夜が逆転した生活になってしまう人もいます。生活のリズムがくるっていると、ハゲる、育毛によくないと言われますが、これはどこまで信ぴょう性があるのでしょうか。
便秘と薄毛の関連性!腸環境悪化が薄毛のリスクを高める理由
便秘の人は薄毛になりやすいという情報の真意。直接抜け毛の原因ではなくても、腸内環境が悪化していると間接的に抜け毛・薄毛のリスクを高める要素があるという点について解説をしています
生活リズムの変わる時期は抜け毛が増える!ストレスと自律神経に注意
生活リズムの変わる時期は、体は平静を装っていても、体内ではストレスとして疲れが蓄積したり、自律神経のバランスが狂って髪の毛の成長にも悪影響を及ぼしやすいです。特に3月4月など生活スタイルが変わるタイミングで抜け毛が増える人が多いため、焦らずに対処して育毛していくことが重要になります。