コンディショナー 使ったほうがいい?

コンディショナーは使ったほうがいいのか?

コンディショナーは英語で「conditioner」。

 

シャンプー後の塗れた髪の毛に使うという点ではリンスと共通です。

 

コンディショナーの効果は、シャンプー後に使用することで、髪の水分が抜けないよう表面をコーティングし、髪をまとまりやすく、くしどおりよくしたり、ゴミや汚れが髪に付きにくくする作用があります。
髪の表面だけをコーティングするので、ほぼリンスと同じ効果といえますが、コンディショナーのほうが、リンスよりも効果がワンランク上と考えられます。髪に汚れがつくのを防いだり、水分・油分を補給してしっとりさせます。

 

使用方法は、シャンプーをよくすすいだ髪を軽くタオルで水分を拭き取り、髪の中間から毛先にかけてなじませます。この時、なるべく頭皮につけないよう注意します。

 

コンディショナーはリンスと同様、内部まで浸透するものではないので、時間をおいてもあまり意味がないそうです。しかし近年では、有効成分が髪の表面層まで浸透する、トリートメント効果もある商品があるそうなので、ボトルなど包装の裏面の説明書きを確認してみましょう。

 

ここで注意してほしいのは、コンディショナーは髪の毛を保護するものであるということ。頭皮に必要以上についてしまうと余分にコーティングをしてしまうことになります。

 

よくある勘違いで、コンディショナーをつけたらあまり洗い流さないほうがいいと思い込んでいる人がいますがこれは間違い!しっかりと流し、頭皮に残らないようにする必要があります。

 

頭皮からは毎日必要な量の油分が出ています。これにリンスやコンディショナーの油分がついてしまうと、頭皮の油分バランスが崩れたり、毛穴がふさがることで細菌が増殖したり、炎症するなど、頭皮トラブルの原因となる場合があります。

 

よく育毛シャンプーとセットでコンディショナーが売られていたりしますが、髪の短い男性には本来不要なもの。乾いた頭皮を保湿するという名目で推奨しているメーカーもありますが、安全な育毛シャンプーであれば必要な皮脂は残すような洗浄力ですので矛盾しているといえます。

 

今までの経験上ではセットで売られているものほど、強い洗浄力のものが使われていました。こよくシャンプーの成分を確認したうえで、本当に自分に必要なものかどうかを吟味する必要があるでしょう。

 

髪が長い女性の場合には使うことで艶のある健康的な髪を維持できますが、頭皮にはつけすぎないよう髪の毛だけにつけることが望ましいです。