育毛シャンプーとは

育毛シャンプーとは?どんなシャンプーのことを言うのか?

育毛シャンプーってそもそもどんなシャンプーなんでしょうか?
基本的にシャンプーとは皮脂分泌の多い頭皮を洗い、べたつきや臭いを防ぐためのもの。

よく勘違いしている人も多いのですが、育毛と名前がつくくらいだから洗浄力が強くて根こそぎ皮脂をとってしまうシャンプーだと思っている人がいます。これは全くの誤解であり、育毛シャンプーに求められているものとは全然異なります。

育毛シャンプーと目的と効果、何のためにコストをかけているのか?どんなものなのかを知らずに買ってしまうと、想像と違ったとか良くなかったということに繋がってしまいます。

多少長くなりますが、「育毛シャンプーの定義」について考えられるだけ書いてみます。

育毛シャンプーとは洗浄力の弱いシャンプーである


まずは髪の毛の育成に良い頭皮環境というものを考えてみましょう。理想的なのは適度な皮脂がバリアとして頭皮を覆い、炎症や腫れ物がなく、フケや汚れで毛穴が詰まっていない状態のこと。これを実現する為に育毛シャンプーは存在します。

普通に安く売られているシャンプーではコストを抑えるために強い合成洗浄分が使われるため、皮脂をとりすぎてしまいます。皮脂をとりすぎると頭皮はバリアを補う為により多くの皮脂を過剰に分泌してしまい、それが原因でべたつきや炎症のもととなるのです。育毛シャンプーは皮脂をとりすぎず汚れを落とすためにコストのかかる天然由来の洗浄成分を含みます。

ただし天然由来であるがゆえに泡立ちは弱く、洗浄力も弱め。最初はここに戸惑う人もいるようですが、大事なのは必要な皮脂を残すことですので、さっぱりしすぎと言うのは良くないことを理解しておく必要があります。

頭皮の健康・代謝促進に優れた成分を含んでいる


育毛シャンプーと呼ばれるものは、まるで育毛剤かと思うような様々な成分が配合されています。医薬品ではないですし配合量としては少ないですが、血行促進効果のある成分や、頭皮の健康を保つ効果のある植物エキスなどが含まれているのが特徴です。

最近では細胞活性化に効果が高いとされる「不飽和脂肪酸」の頭皮への補充が注目されており、アルガンオイルや馬油を配合するというものも増えてきました。ただ頭皮を洗うだけのシャンプーに、頭皮に栄養補給して活性化するという効果を加えたものが育毛シャンプーといえます。

育毛剤のように薬ではないので根本的な発毛効果を求めてはいけない!


ここまで解説してきましたが、一番忘れてはいけないこと。それは育毛シャンプーは薬ではないということです。育毛剤であれば医薬品にしろ医薬部外品にしろ発毛・発毛促進に効果のあると認められた成分が入っています。しかし育毛シャンプーはあくまでシャンプーですのでそのような効果は期待できません。ただシャンプーしていれば髪の毛が復活するというものではないことは頭に入れておいてください。

育毛課長のまとめ
髪の成長しやすい環境を整えたり、育毛剤が浸透しやすい頭皮にして効果をサポートするのが育毛シャンプーの役目であると考えています。高いシャンプーだったからといって効果を過信してしまうのはやめましょう。

>>育毛シャンプーは効果ある?シャンプーで毛が生える人がいるのはなぜか?