ノンシリコンシャンプーの育毛効果

ノンシリコンシャンプーはなぜいいのか?


ノンシリコンシャンプーにはどんなメリットがあり、シリコンを使わないことに対するデメリットはあるのでしょうか?

まずはシリコンというのがなぜ使われるようになったのか?

もともとシャンプーは石鹸成分が中心に使われてきましたが、弱酸性の頭皮や髪の毛に対して石鹸はアルカリ性。相性は悪く、髪の毛に必要な水分やキューティクルを損傷してしまうためにきしみやごわつきが発生していました。昔はそれを中和する為に、酸である「酢」をつかっていたというから驚きです。

この性質を克服し、髪の毛をコーティングして指と通りを滑らかに、艶を出すための成分としてシリコンが使われるようになりました。シリコンは髪の毛の表面に皮膜を作ってコーティングし、独特の艶感と指通りの滑らかさを実現。製造単価も非常に安いので爆発的に広まっていったんです。


このシリコンがなぜいけないかというと、髪の毛のみならず頭皮にも付着して蓄積してしまうから。頭皮に蓄積したシリコンは毛穴を詰まらせたり、フケやかゆみの原因になることが分かり、アレルギーを気にする人からの危惧感が一気に高まりました。

洗浄成分が石油系のものに変わってくると、強い洗浄力を持つ石油系洗剤を中和する目的としても使われるようになり、化学薬品の欠点を化学薬品で隠すと言われるほどお粗末な使われ方をしてきたのです。

さらにこのシリコンは髪の毛にも継続して蓄積していくので、不自然な髪の表面を作り出してしまいます。蓄積したシリコンのせいでパーマやカラーリングがしにくくなると言う弊害もあります。健康的な髪の証であるキューティクルもシリコンに塗り固められている状態で、シリコンが剥がれる時にキューティクルも一緒に落としてしまうということあります。単純に表面のコーティングに留まるので、本来の健康な髪の保護とは言いがたい状態ですね。

 


シリコンは使ったほうが好ましいと言う意見もあります。髪の毛の長い女性などでは、シャンプーで洗っただけでは痛んだ髪の毛の表面がざらつき、きしみやくしが引っかかる原因となります。

髪の毛の保護を考えた場合、コンディショナーやトリートメントにはむしろシリコンを併用したほうが好ましい場合もあるという事です。ただしこれらはあくまで髪が長い場合にケアするものであり、髪の短い男性が育毛シャンプーとして使う場合にはあまり意味を成しません。余分なものは極力排除すると言う育毛の観点から見れば、やはり不必要なものと考えます。

現在はシリコンに変わる髪の毛保護成分が多数開発されてきているので、今後もノンシリコンと言う流れは続くと思います。頭皮と髪の毛のことを真剣に考えていくのであれば、やはりノンシリコンのシャンプーというものにはこだわっていきたいですね。