育毛剤は何ヶ月使えば効果がでるものなのか?

育毛剤の効果はどれくらい使えば出るのか?

薄毛の状況は人によって千差万別なので個人差はありますが、3ヶ月が手ごたえを感じる目安。目に見えて効果を体感するには6ヶ月くらいの長い目で育毛に取り組む必要があります。よく1ヶ月でこれだけ変わりました!というような広告とか見かけますが、髪の毛の成長のサイクルとかスピードを考えても1ヶ月で大きく変わることを期待してはいけないのが育毛剤です。

 

育毛剤を買った人は、これから育毛活動を始めていくぞ!と多くの人は期待を胸に心躍る気持ちを胸にしていることでしょう。色々な種類がある育毛剤の中から「これ!」というものを選び抜いたわけですから、少しでも早く効果を期待したいもの。

 

しかし実際に毎日使っていても、なかなか効果が出ないことに焦りや不安を感じてくる人も多いと思います。次第にこの育毛剤は本当に効くのか?とかもう無理なんではないかとモチベーションが下がってきてしまいます。

 

育毛と言うのは本来時間をかけて行うものであり、数ヶ月で効果が出るほど甘いものではないことを認識しておくべきです。

 

ここでは、育毛剤はどれくらいの期間使えば効果がでてくるものなのか?という部分と、なぜ育毛剤の効果が出るのに時間がかかるかを解説します。

 

まずは髪の成長「ヘアサイクル」を知る

ヘアサイクル

髪の毛の成長にはヘアサイクルというものがあります。

 

髪は「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」を繰り返しており、髪が生えてから抜け落ちるまでの期間は実に3年から6年と長いです。

 

成長期
髪の成長で最も長い時間を占め、3年以上かけて髪の毛が成長する期間です。毛乳頭からの指令によって毛母細胞が分裂し、髪の毛をどんどん作っている段階です。

 

退行期
髪の成長が終わった期間で、毛母細胞の分裂が止まり髪は伸びなくなります。期間にして2、3週間です。

 

休止期
成長が終わった髪が抜け落ちる時期です。正常に育った髪の毛はここで抜け落ち、新しい髪の毛の育成準備を始めます。抜けた髪の毛の下には、正常であれば新しい髪の毛の元となる細胞が生まれており、生えるための準備をしています。この期間が2、3ヶ月続きます。

 

このサイクルに乱れが生じ、成長途中で抜けてしまったり、正常に成長しないことで薄毛となります。成長期が一気に短くなり、半年から1年で抜けてしまいます。さらに抜けた後も新しい細胞が生まれなくなるため、生えない毛穴が増えて地肌が露出してくるのです。

 

細くなった薄毛 

 

抜けた髪がどの状態なのかをチェック

ここで抜け落ちた髪の毛が今どの成長段階にあるのかをチェックする方法があります。抜けた髪の毛の毛根部分を見てみると、マッチ棒のように先が膨らんだ状態をしているなら正常な状態。痩せて根元に行くほど細くなっていたり、ほとんど毛根のふくらみが無いようだとなんらかの異常で早く抜け落ちてしまった髪の毛です。

 

毛根の先にフケの塊や脂のようなものがこびりついてる場合は、毛根詰まって成長が阻害されてる可能性が高いです。シャンプーを見直したり、食事の改善などの処置が求められます。

 

髪の毛の成長サイクルを整えることは丈夫な髪の毛を育成するのに必要不可欠なこと。そこで育毛剤でサイクルを整えていったり、成長を阻害する要因を取り除いていくということです。

 

育毛剤の効果を実感するのには3ヶ月が現実的である理由

ここで問題は頭皮に生えている髪の毛の全てがサイクルの段階はバラバラということ。さらに髪の毛の成長は1日に0.3ミリから0.5ミリほどしか成長しません。

 

特に薄毛になっているような場所はヘアサイクルに乱れが生じ、成長期が短くなっている状態。細胞を活性化して新しい髪の毛が発生し作られるとしても2、3ヶ月はかかる可能性が高いということです。

 

育毛剤効果を実感するための3段階の考え方

実際に産毛として生えてくるのを確認できたり、髪の毛が濃くなることを確認できるのは時間がかかります。

 

ここで、育毛剤を使って効果を実感するために重要なステップを、3段階に分けて考える方法を提案します。これから育毛剤を使う人や、育毛剤を新しく乗り換えようという場合に参考にしてほしいです。

 

まずは1本目で頭皮の相性や副作用の有無を使って試してみる

まず初めに手にする1本目。期待を胸に、生えることを託して購入した育毛剤は、まずは自分に合っていて継続的に使えるかどうかを判断することが優先事項になります。

 

よほどのことがない限り、市販の医薬部外品以下の育毛剤で副作用が起きることはありません。しかしアレルギーが出たり、頭皮にかゆみがでてしまうなどは珍しくはありません。人それぞれ状況が異なるため、ここは当てにできない部分です。

 

まずは自分の「腕」などに塗ってみて、赤く腫れたりしないかを見ます。アレルギーがあれば頭皮以外でも反応が起きるため、まずは目立たない場所で確認をしていきます。

 

ここで問題あれば使用中止!今主流の育毛剤であれば最初の1か月は返金保証が付いていますから、遠慮なく連絡して返金の手続きをしましょう。体に合わなかったことで無理に引き止められることはありません。

 

異状なく使えるものであれば、実際に頭皮に付けていき、毎日欠かさず朝と夜のシャンプー後に塗り続けていきましょう。効果は時間とともに薄れるため、必ず朝晩に分けて使っていくのが理想です。

 

育毛剤の効果を引き出すための使い方はこちら参照

 

3か月継続して気になる箇所の産毛や髪の毛のコシ・抜け毛の状態をチェック

異状なく使い続けられたとしても、さすがに1か月で変化があるほど甘いものではありません。

 

次にやることは、実際に効果が出るのかの測定

 

育毛剤を使う上で最もやっていけないのは、自分に合っていない育毛剤をだらだらと使い続けてしまうこと。お金もそうですが、貴重な薄毛改善までの「時間」は何物にも代えられません。

 

ある程度購入前に成分などしっかりしたものを購入するのは前提ですが、薄毛や抜け毛症状は人によって状況はバラバラですから、自分自身の頭皮で効果を証明していくしかありません。

 

一つの基準として、産毛が目立って生えてきたり、髪の毛の根元のコシをチェックしていきます

 

生え際などが分かりやすいですが、今までなかったところにうっすらと産毛が生えてくるかどうかが一つの目安。

 

頭頂部や側頭部などは変化が分かりにくい場所でもありますが、髪の毛のコシをチェックして、育毛剤使用前よりも髪が立ってボリュームが出るようになってきているかを判断します。

 

育毛剤を使う前には、面倒でも抜けた髪の毛をとっておきましょう。効果が出ていれば、根元にかけて徐々に太くなっていたりするので育毛剤を使う前と後の違いが分かりやすくなります。

 

ここで一切変化もなくまるで変化ない場合は、育毛剤では対処できない薄毛症状か、すでに薄毛が進行しすぎてしまっていて効果を実感しにくい段階であることを疑います。

 

無理に使い続けるよりは、できれば時間を作って薄毛治療を専門とする病院で診断をしてもらうべき。

 

育毛剤で効果が出ないという人がすべきこと

 

手ごたえを感じたら6か月継続していく

3か月育毛剤を使い、自分なりに変化を体感できたら、引き続き経過をチェックしながら使っていくようにします。

 

育毛剤って意外と多いのがついうっかり使うのを忘れてしまったり、期を焦って短期的な効果ばかりを求めがち。ただ漫然と使い続けていくよりも、せっかくお金をだして育毛剤を使っていくわけですから、日々の変化を楽しみながら続けていくことが大切だと考えます。

 

また、育毛剤を買うときには1本だけで考えるのではなく、3か月、6か月と続けることを想定して予算を確保して臨む必要があります。本来髪の毛の成長には時間がかかることを認識したうえで、いかにして継続していけるかどうかを考えながら育毛していくのが成功へのポイントです。

 

このように3か月スパンで効果が出ているかどうかをチェックしながら、使い続けるかどうか、一旦やめてクリニックなどで改めて検査をしてもらうかどうかという引き際を決めるとよいです。

 

育毛課長によるまとめ

このチェックの3つの指針は、育毛課長自身が市販の育毛剤で薄毛を改善していく流れをメモした中で気づいてきたことをまとめたものです。

 

もちろん初めはクリニックで検査してもらってからの方が良いのですが、現実問題として仕事で忙しかったり、近くに病院がないなどで初診すら受けづらい人がいるのも現状。

 

あくまで自分の感覚が頼りということになりますが、それでも何か指針のようなものをもって続けていく方が、どれくらい使えば生えるのかと日々悩むこともなくなると思います。

 

細胞の中の変化までは見ることができませんので、まずは3ヶ月をめどに使用して髪の毛のコシが出てきていたり産毛が生えてきたりと言う変化をチェックしましょう。

 

そのうえで継続していくかどうかを見定めていくことで、資金的にも時間的にも無駄の無い育毛活動ができると思います。

 

育毛課長によるコラム

薄毛治療って先が見えないからとことん不安になるんですよね。私は登山などしますが、それと同じ感覚です。歩けど歩けど頂上はなかなか見えないだけに、ゴールが見えない中で登り続けていくのは不安と苦痛の連続なのです。

 

しかし、ここまで来ればあとどれくらい・・・というような指標が少しあるだけでも疲労は大きく変わるもの。育毛においても、経過を見ながらある程度の小さな目標を目指して続けていくことで、毎日続けていくモチベーションにもつながると考えて今回の記事をまとめました。

 

少し余談も入りましたが、これから育毛剤で育毛活動をしてこうとしている人、いざ1か月お試しで買ってみたはいいけれど、早くも不安でどれくらいで生えるか不安になってきてしまった人に少しでもお役立ていただければ幸いです。

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

育毛剤は何ヶ月使えば効果が出るのか?使う目安・期間は?関連ページ

たった1ヶ月で育毛剤の効果はでるのか?1ヶ月ではほとんど変化なし
育毛剤を使う誰しもが、とにかく早く効果を実感したいという悩みを持っているでしょう。ただしどうやっても1ヶ月では育毛効果を十分に体感するのは難しいといえます。
女性が男性用の育毛剤を使うのはアリ?実は使ってる人も多いんです
育毛剤といえば男性が使うイメージ。しかし最近は女性で薄毛の悩みを抱える人が増加し、女性用育毛剤もでてきています。が、まだまだ少ないしやはり効果を期待したい人に、男性用育毛剤を女性が使っていいものなのかを検証してみます。
2週間で髪が生える??
口コミや体験談を見ていると、わずか2週間で髪の毛が生えてきたというものがありますが、本当なんでしょうか?
なぜ?買ってはいけない育毛剤とおすすめしない育毛剤の理由!
育毛剤は数あれど、買ってはいけないものってあるのでしょうか?ほとんどのサイトがおすすめしか紹介していない現状を打破し、買ってはいけない育毛剤について検証してみました
育毛トニックは安いけど使わないほうが良いと判断した理由
育毛トニックを使えば皮膚表面にあるバリア機能が失われ、皮膚としての働きが行えなくなり、「育毛」以前の問題に発展する可能性があります。育毛トニックの主成分はアルコールと水が7割近くを占め、その他の成分が3割。アルコールは各主成分の浸透力を高める働きがあるため配合されていますが、その過程で皮膚にかかる負担が非常に大きく、肌の弱い方が使えば刺激を伴ったり、湿疹、皮膚炎等にもつながり兼ねません。
【プロテイン×育毛】タンパク質の摂取で髪の生成を促すことができるか?
髪の毛を生成しているのはケラチンというタンパク質が主成分ですが、ケラチンをプロテインなどで摂取すれば太く黒い髪を育毛することができるのかどうか?
無駄な射精が薄毛になる?亜鉛不足はオナニーのやり過ぎが原因?
「オナニーをすると薄毛になる」という噂を耳にしたことがあるかもしれませんが、育毛課長の見解としては「オナニーと薄毛は無関係」という結論に至りました。 射精を行うと「亜鉛」が消費され、これが薄毛の原因と関わりがあると言われています。亜鉛はタンパク質を毛髪に変えるとても重要な栄養素であり、それが不足してしまうと薄毛の原因になると考えられています。しかし、一度体に取り込んだものがオナニー(射精)によって排出され、それが亜鉛不足を引き起こすとは、あまりに単調な考えとは思いませんか。
抜け毛の進行を予防してくれる育毛成分とは?予防で使うべき育毛剤
育毛剤は髪の成長を助ける働きをするものですが、抜け毛の進行を予防し抑えながら効果を発揮するものがあります。将来に向けて、薄毛にならない予防のために使うべき育毛剤についてまとめています
転職面接するとき「ハゲ」てると評価が下がるって本当か?
転職が一般化し、新しいキャリアを求めて活動する人は増えています。一方で転職面接がなかなか上手くいかず、時にはハゲや薄毛が心象を悪くしているのではないか?という疑問をいだく人もいます。
生え際の毛は生えにくい?
多くの男性が悩むであろう薄毛の形態に、生え際がM字型に脱毛してしまうという症状があります。この生え際は育毛が難しいといわれる理由を検証します。
育毛剤の返金保障ってどうなの?ちゃんと返金されるのか?
育毛剤がこぞってアピールする全額返金保障!今では返金保証をしてくれる育毛剤が当たり前になってきましたが、本当に返金されるのか?どんなときに返金保証を使うべきなのかについて考えてみました
育毛剤の口コミは信用できるか?極論は自分で使うしかない
ネット上に溢れる育毛剤の口コミ。この口コミをどこまで信用するかは個人の判断ですが、結局育毛剤は自身で確かめなければ真実は見えません。
育毛剤のつけすぎは良くない?大量につけても効果は変わらない
育毛剤を早く効かせようと思って、たくさん頭皮に塗ってはどうか?という疑問がありますが、大量につけてもほとんど効果に違いはないです。適量を1日2回分けて続けていくことのほうが大切です
抜け毛は一日何本までなら正常なの?抜け毛を見て危険度を判断し対策しよう
人間の髪には1本1本に成長サイクルがあります。髪が生えるためには一度抜ける必要があるため、誰もが必ず抜け毛はあるということです。1日に何本まで髪が抜けても大丈夫か?何本以上ならやばいのかを検証します
貧血の人は薄毛になりやすい?貧血と抜け毛の関係性
貧血と薄毛の関係性として、貧血になると髪の毛の成長に影響はあるのか?という点や、貧血を起こさないためには日常のどのような部分に気を付けるべきかをまとめています。