花粉症による影響で考えられる薄毛のリスクについて

花粉症

 

花粉の飛ぶ時期になると、花粉症で憂鬱になる人も少なくないと思います。全てを投げ出したくなるほど、止まらないくしゃみや鼻水に目もかゆくなって涙まで出る。

 

さらに、花粉症は髪の毛の成長を害し抜け毛を増やすのではないか?と不安になる人も少なくありません。花粉と髪の毛の関係性を知り、正しく頭皮ケアしていけるようにしましょう。

 

花粉症が直接的な薄毛の原因となることはない

まず初めに抑えておきたいのが、花粉症だからと言って抜け毛・薄毛の直接原因にはならないということ。花粉のアレルギーが髪の細胞を弱らせたり、成長を阻害する直接原因にはなりません。

 

花粉症はあくまでも体内の免疫作用が過剰に反応してしまうアレルギー反応です。花粉が頭皮や毛穴に入り込んだとしても、花粉自体は毛根にダメージを与えたりはしないということです。

 

しかし、直接ハゲの原因にはならなくても、花粉症が引き起こす体の異常が、間接的に髪の毛に悪影響を与えてしまうこともあります。

 

肌にも炎症が出る場合頭皮がかゆくなる場合もある

花粉症

 

花粉症というと鼻水とくしゃみが止まらなかったり、涙があふれて目が痛い!という症状が代表的ですが、人によって症状は様々で「皮膚」そのものにアレルギー反応が出る場合もあります。

 

花粉症はスギなどの花粉を体が危険な異物と判断して、排除しようと免疫系が過剰反応することで起こります。皮膚についたことで皮膚表面が炎症を起こす場合もあり、これは頭皮や毛穴に対しても同じことが言えるのです。

 

炎症を起こした頭皮や毛穴はかゆくなるだけではなく、皮膚そのものの保護機能が低下してしまいます。ニキビができたり、かゆくてつい爪で擦ったりして腫れ物ができたり、間接的に髪の毛の成長を阻害して成長途中の毛が早期に抜けてしまうことは実際に起こりえます。

 

育毛課長はもともとアレルギー体質で、花粉症の時期はいつも苦労していました。現在は花粉症自体は不思議と気にならなくなりましたが、2月末から5月ごろまでは外に長時間いると顔や頭皮が赤みを帯びてかゆくなったりします

 

花粉症で頭皮までかゆくなったという場合には、とにかく引っ掻かないこと。どうしてもかゆい場合は家に帰ったらすぐにシャワーを浴びてしまうか、皮膚科を受診して悪化する前に早めに手を打ちましょう。

 

花粉の影響で頭皮がかゆくなったりする場合には、皮膚科へ行けば頭皮専用のかゆみ止めを処方してもらえます。髪に付いてもヘアスタイルが気になりにくいジェル状薬などがあるため、ひどい場合には薬で炎症が広がるのを防ぎ、抜け毛リスク対策していきます。

 

かゆみが気になるなら抗炎症成分を含んだ育毛剤は有効

育毛剤の中には「抗炎症作用」のある成分を含んだものがあります。

 

基本的に医薬部外品の育毛剤であれば、有効成分として抗炎症作用のあるものが配合されます。

 

  • ・グリチルリチン酸ジカリウム
  • ・ジフェンヒドラミン塩酸塩

育毛剤の有効成分とは、人体に与える作用が科学的に有効であると認められた成分です。それだけ頭皮の炎症が髪に与える影響は無視できないものということ。

 

育毛剤は抜け毛対策したい人ばかりではなく、頭皮の乾燥が気になる人が保湿目的で使っている人が実際にいます。同じように、かゆみが気になる人が使うことで対策をすることもできるのです。

 

花粉症がひどくて抜け毛が増えないか心配ならば、花粉シーズンだけでも育毛剤で炎症を抑えて対策していくのも有効な手段となります。

 

参考:抗炎症・保湿成分を多く含む医薬部外品育毛剤

 

花粉症はある日突然発症する場合もあるため気を抜かないように!

花粉症は長年大丈夫でも、ある日突然発症したりします。逆に発症する年があったりしない年がある場合もありますが、個人差が大きく気が抜けない現代病。

 

影響がないという自覚ある人は大丈夫ですが、少なくともここまで記事を読んでくれたあなたは何かしら花粉症で不安をお持ちだと思います。

 

基本は、かゆくてもは頭皮はかいたりしない!症状がひどければ皮膚科でかゆみ止めを処方してもらったり、育毛剤の抗炎症作用を活用して悪化させないように乗り切りましょう。

 

花粉症は発症する前であれば対策がいくつかありますが、発症してしまってからは一時的に症状を抑えるなどの対策しかできません。今年苦しんでいる場合は、来年同じ悩みと不安を抱えないように、1月ごろから早め早めに病院で相談するようにしてください。

 

花粉の飛ぶ時期になると、季節の変わり目ということもあって自律神経のバランスも崩しやすくなります。新生活の始まりなどでストレスが溜まり、体調を崩して円形脱毛症抜毛症(ばつもうしょう)を発症させてしまうこともあります。事前に予防できるものは対策をして、トラブルが起きてしまっても慌てずに普段の生活リズムを取り戻すように心がけましょう。


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

花粉症がひどいと抜け毛が増えてハゲる噂の真意!炎症には注意すべき関連ページ

なぜ?買ってはいけない育毛剤とおすすめしない育毛剤の理由!
育毛剤は数あれど、買ってはいけないものってあるのでしょうか?ほとんどのサイトがおすすめしか紹介していない現状を打破し、買ってはいけない育毛剤について検証してみました
育毛の壁!どれくらいで効果がでるか?
育毛剤の効果はどれくらい、何ヶ月くらい使えば体感できるようになるのか?これを知るためには髪の毛の成長サイクルを知り、効果の出方を把握する必要があります。
たった1ヶ月で育毛剤の効果はでるのか?1ヶ月ではほとんど変化なし
育毛剤を使う誰しもが、とにかく早く効果を実感したいという悩みを持っているでしょう。ただしどうやっても1ヶ月では育毛効果を十分に体感するのは難しいといえます。
女性が男性用の育毛剤を使うのはアリ?実は使ってる人も多いんです
育毛剤といえば男性が使うイメージ。しかし最近は女性で薄毛の悩みを抱える人が増加し、女性用育毛剤もでてきています。が、まだまだ少ないしやはり効果を期待したい人に、男性用育毛剤を女性が使っていいものなのかを検証してみます。
育毛剤を使うのをやめたらまたハゲてくる?一生付き合うべきなのか
育毛剤を使うのをやめたら、再び髪の毛は薄くなる。残念ながら育毛剤は根治治療ではないため、気を抜くと再びハゲるという状況を育毛課長自身も経験をしています。育毛剤とどのように付き合っていけばいいのかについて考えた結論を書いています
育毛剤の好転反応とはどんな効果?副作用と好転反応の違い
薬や病状の治療のテーマとして、好転反応という言葉があります。一見副作用のように悪化して見えても、良くなる前触れである症状があらわれること。育毛剤を使って得られる効果の中にも、同じように副作用か好転反応か分かりづらいものがあるのでまとめてみました。
2週間で髪が生える??
口コミや体験談を見ていると、わずか2週間で髪の毛が生えてきたというものがありますが、本当なんでしょうか?
育毛トニックは安いけど使わないほうが良いと判断した理由
育毛トニックを使えば皮膚表面にあるバリア機能が失われ、皮膚としての働きが行えなくなり、「育毛」以前の問題に発展する可能性があります。育毛トニックの主成分はアルコールと水が7割近くを占め、その他の成分が3割。アルコールは各主成分の浸透力を高める働きがあるため配合されていますが、その過程で皮膚にかかる負担が非常に大きく、肌の弱い方が使えば刺激を伴ったり、湿疹、皮膚炎等にもつながり兼ねません。
【プロテイン×育毛】タンパク質の摂取で髪の生成を促すことができるか?
髪の毛を生成しているのはケラチンというタンパク質が主成分ですが、ケラチンをプロテインなどで摂取すれば太く黒い髪を育毛することができるのかどうか?
無駄な射精が薄毛になる?亜鉛不足はオナニーのやり過ぎが原因?
「オナニーをすると薄毛になる」という噂を耳にしたことがあるかもしれませんが、育毛課長の見解としては「オナニーと薄毛は無関係」という結論に至りました。 射精を行うと「亜鉛」が消費され、これが薄毛の原因と関わりがあると言われています。亜鉛はタンパク質を毛髪に変えるとても重要な栄養素であり、それが不足してしまうと薄毛の原因になると考えられています。しかし、一度体に取り込んだものがオナニー(射精)によって排出され、それが亜鉛不足を引き起こすとは、あまりに単調な考えとは思いませんか。
抜け毛の進行を予防してくれる育毛成分とは?予防で使うべき育毛剤
育毛剤は髪の成長を助ける働きをするものですが、抜け毛の進行を予防し抑えながら効果を発揮するものがあります。将来に向けて、薄毛にならない予防のために使うべき育毛剤についてまとめています
転職面接するとき「ハゲ」てると評価が下がるって本当か?
転職が一般化し、新しいキャリアを求めて活動する人は増えています。一方で転職面接がなかなか上手くいかず、時にはハゲや薄毛が心象を悪くしているのではないか?という疑問をいだく人もいます。
生え際の毛は生えにくい?
多くの男性が悩むであろう薄毛の形態に、生え際がM字型に脱毛してしまうという症状があります。この生え際は育毛が難しいといわれる理由を検証します。
育毛剤の返金保障ってどうなの?ちゃんと返金されるのか?
育毛剤がこぞってアピールする全額返金保障!今では返金保証をしてくれる育毛剤が当たり前になってきましたが、本当に返金されるのか?どんなときに返金保証を使うべきなのかについて考えてみました
育毛剤の口コミは信用できるか?極論は自分で使うしかない
ネット上に溢れる育毛剤の口コミ。この口コミをどこまで信用するかは個人の判断ですが、結局育毛剤は自身で確かめなければ真実は見えません。
育毛剤のつけすぎは良くない?大量につけても効果は変わらない
育毛剤を早く効かせようと思って、たくさん頭皮に塗ってはどうか?という疑問がありますが、大量につけてもほとんど効果に違いはないです。適量を1日2回分けて続けていくことのほうが大切です
抜け毛は一日何本までなら正常なの?抜け毛を見て危険度を判断し対策しよう
人間の髪には1本1本に成長サイクルがあります。髪が生えるためには一度抜ける必要があるため、誰もが必ず抜け毛はあるということです。1日に何本まで髪が抜けても大丈夫か?何本以上ならやばいのかを検証します
貧血の人は薄毛になりやすい?貧血と抜け毛の関係性
貧血と薄毛の関係性として、貧血になると髪の毛の成長に影響はあるのか?という点や、貧血を起こさないためには日常のどのような部分に気を付けるべきかをまとめています。
育毛剤で染めた毛が色落ちする?そんな強力な育毛液は使うべきでない
育毛剤を使うことで、染めている髪の毛が色落ちしたり脱色してしまうのではないか?不安を抱える人がいますが、色落ちする育毛剤としない育毛剤があるので違いを理解しておく必要があります。
何歳から育毛剤を使っても大丈夫?年齢による使用制限
育毛剤は何歳から使っても大丈夫か?一言に育毛剤といっても、薬品から化粧品に分類されるものまで種類が分かれています。ここで、医薬品育毛剤に分類されるものに関しては年齢制限があるため確認が必要です