抜け毛の進行を予防してくれる育毛成分をチェックする

育毛剤は読んで字のごとく、髪の毛を育てる・成長させる薬です。

 

髪の毛というのは毛乳頭という髪の根元にある細胞が血液から栄養を受け、髪を作る毛母細胞を分裂させて作るもの。髪の毛の細胞を活性化したり、血行を促進して細胞に栄養素をしっかりと届けるというのが育毛剤の主な効果です。

 

それ以外にも育毛剤には抜け毛を防いで進行するのを予防してくれる成分が存在し、髪の成長とは別に配合されています。

 

抜け毛の主原因となる物質の発生を抑制する

最も代表的なものは医薬品のプロペシア。プロペシアの効果は、抜け毛の原因とされる男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)といわれるものが過剰に発生するのを抑制し、男性特有の抜け毛を防ぐという効果です。

 

髪の毛の成長を弱らせる成分を抑制した結果、成長が阻害されてしまっていた髪の毛が元気に生えだします。現状はAGAクリニックで処方される治療の基本となっているなど効果的な育毛剤とされています。

 

医薬品意外にも植物エキスからも発見されている

 

植物エキス育毛

 

同じような効果を持つ天然の成分も多数発見されていて、抜け毛防止効果は医薬品に及ばないものの、副作用のない育毛成分として様々な育毛剤に使われています。

 

コガネバナと呼ばれる「オウゴンエキス」

 

ミネラルである「亜鉛」

 

 

「ノコギリヤシの種子からとれるエキス」

 

主にこれらの植物から抽出されるエキスにも抜け毛の進行を防ぐ効果が分かってきています。

 

※ただ育毛剤成分の問題点として、きっちりとした医療機関での検証などが行われてはおらず、民間の研究機関による検証の結果効果があるとされているものがほとんど。ノコギリヤシに関しては、研究が進んでいますがその他の成分はまだまだこれからの研究進歩に期待したいという評価に留まります。

 

効果の高い医薬品成分は副作用もある?

 

プロペシアは医薬品である為に効果が非常に高く、多くの人が体感しているうえ管理人も1年近く飲み続けていました。ただし副作用として言われている性欲減退・精子の減少作用に恐れをなして使用をやめてしまった経緯もあります。

 

AGAクリニックの先生にも聞いたのですが、副作用は出る人で無い人まちまちで、一般にはほとんど心配が無いというもの。医薬品を使う時は、安易にネットで買ったりせず病院で医師の観察の元飲んでいくのが一番安心です。

 

市販育毛剤で抜け毛防止に役立つ成分を多く含むもの

2016年現在、医薬品以外で最も抜け毛防止成分を含む育毛剤なのが、チャップアップという育毛剤

 

チャップアップ育毛剤には血行促進したりする様々な成分に加え「オウゴンエキス」を配合し、サプリメントとして亜鉛やノコギリヤシエキスを配合したものが付属するという頼もしい布陣。

 

効果はプロペシアほど期待できないものの、副作用を気にする心配が低く安全に使えるものとして現在使用しています。

 

ノコギリヤシや亜鉛はそれぞれ専用のサプリメントになるほど人気なので、プロペシアに抵抗がある人中心に飲んでいる人は多いです。

 

抜け毛を抑制してくれる成分は全ての育毛剤に入っているわけではありませんので、抜け毛が著しい人は成分を確認して使う必要があると思います。

 

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

抜け毛の進行を予防してくれる育毛成分とは?予防で使うべき育毛剤関連ページ

たった1ヶ月で育毛剤の効果はでるのか?1ヶ月ではほとんど変化なし
育毛剤を使う誰しもが、とにかく早く効果を実感したいという悩みを持っているでしょう。ただしどうやっても1ヶ月では育毛効果を十分に体感するのは難しいといえます。
女性が男性用の育毛剤を使うのはアリ?実は使ってる人も多いんです
育毛剤といえば男性が使うイメージ。しかし最近は女性で薄毛の悩みを抱える人が増加し、女性用育毛剤もでてきています。が、まだまだ少ないしやはり効果を期待したい人に、男性用育毛剤を女性が使っていいものなのかを検証してみます。
育毛の壁!どれくらいで効果がでるか?
育毛剤の効果はどれくらい、何ヶ月くらい使えば体感できるようになるのか?これを知るためには髪の毛の成長サイクルを知り、効果の出方を把握する必要があります。
育毛剤を使うのをやめたらまたハゲてくる?一生付き合うべきなのか
育毛剤を使うのをやめたら、再び髪の毛は薄くなる。残念ながら育毛剤は根治治療ではないため、気を抜くと再びハゲるという状況を育毛課長自身も経験をしています。育毛剤とどのように付き合っていけばいいのかについて考えた結論を書いています
育毛剤の好転反応とはどんな効果?副作用と好転反応の違い
薬や病状の治療のテーマとして、好転反応という言葉があります。一見副作用のように悪化して見えても、良くなる前触れである症状があらわれること。育毛剤を使って得られる効果の中にも、同じように副作用か好転反応か分かりづらいものがあるのでまとめてみました。
2週間で髪が生える??
口コミや体験談を見ていると、わずか2週間で髪の毛が生えてきたというものがありますが、本当なんでしょうか?
なぜ?買ってはいけない育毛剤とおすすめしない育毛剤の理由!
育毛剤は数あれど、買ってはいけないものってあるのでしょうか?ほとんどのサイトがおすすめしか紹介していない現状を打破し、買ってはいけない育毛剤について検証してみました
育毛トニックは安いけど使わないほうが良いと判断した理由
育毛トニックを使えば皮膚表面にあるバリア機能が失われ、皮膚としての働きが行えなくなり、「育毛」以前の問題に発展する可能性があります。育毛トニックの主成分はアルコールと水が7割近くを占め、その他の成分が3割。アルコールは各主成分の浸透力を高める働きがあるため配合されていますが、その過程で皮膚にかかる負担が非常に大きく、肌の弱い方が使えば刺激を伴ったり、湿疹、皮膚炎等にもつながり兼ねません。
【プロテイン×育毛】タンパク質の摂取で髪の生成を促すことができるか?
髪の毛を生成しているのはケラチンというタンパク質が主成分ですが、ケラチンをプロテインなどで摂取すれば太く黒い髪を育毛することができるのかどうか?
無駄な射精が薄毛になる?亜鉛不足はオナニーのやり過ぎが原因?
「オナニーをすると薄毛になる」という噂を耳にしたことがあるかもしれませんが、育毛課長の見解としては「オナニーと薄毛は無関係」という結論に至りました。 射精を行うと「亜鉛」が消費され、これが薄毛の原因と関わりがあると言われています。亜鉛はタンパク質を毛髪に変えるとても重要な栄養素であり、それが不足してしまうと薄毛の原因になると考えられています。しかし、一度体に取り込んだものがオナニー(射精)によって排出され、それが亜鉛不足を引き起こすとは、あまりに単調な考えとは思いませんか。
転職面接するとき「ハゲ」てると評価が下がるって本当か?
転職が一般化し、新しいキャリアを求めて活動する人は増えています。一方で転職面接がなかなか上手くいかず、時にはハゲや薄毛が心象を悪くしているのではないか?という疑問をいだく人もいます。
生え際の毛は生えにくい?
多くの男性が悩むであろう薄毛の形態に、生え際がM字型に脱毛してしまうという症状があります。この生え際は育毛が難しいといわれる理由を検証します。
育毛剤の返金保障ってどうなの?ちゃんと返金されるのか?
育毛剤がこぞってアピールする全額返金保障!今では返金保証をしてくれる育毛剤が当たり前になってきましたが、本当に返金されるのか?どんなときに返金保証を使うべきなのかについて考えてみました
育毛剤の口コミは信用できるか?極論は自分で使うしかない
ネット上に溢れる育毛剤の口コミ。この口コミをどこまで信用するかは個人の判断ですが、結局育毛剤は自身で確かめなければ真実は見えません。
育毛剤のつけすぎは良くない?大量につけても効果は変わらない
育毛剤を早く効かせようと思って、たくさん頭皮に塗ってはどうか?という疑問がありますが、大量につけてもほとんど効果に違いはないです。適量を1日2回分けて続けていくことのほうが大切です
抜け毛は一日何本までなら正常なの?抜け毛を見て危険度を判断し対策しよう
人間の髪には1本1本に成長サイクルがあります。髪が生えるためには一度抜ける必要があるため、誰もが必ず抜け毛はあるということです。1日に何本まで髪が抜けても大丈夫か?何本以上ならやばいのかを検証します
貧血の人は薄毛になりやすい?貧血と抜け毛の関係性
貧血と薄毛の関係性として、貧血になると髪の毛の成長に影響はあるのか?という点や、貧血を起こさないためには日常のどのような部分に気を付けるべきかをまとめています。
育毛剤で染めた毛が色落ちする?そんな強力な育毛液は使うべきでない
育毛剤を使うことで、染めている髪の毛が色落ちしたり脱色してしまうのではないか?不安を抱える人がいますが、色落ちする育毛剤としない育毛剤があるので違いを理解しておく必要があります。
花粉症がひどいと抜け毛が増えてハゲる噂の真意!炎症には注意すべき
花粉の飛ぶ時期になると憂鬱になる人も少なくないと思いますが、花粉症は髪の毛の成長を害し、抜け毛を増やすとして不安をあおる記事がでてくるので注意!花粉と髪の毛の関係性の真意をまとめ、正しくケアしていけるようにしましょう。