育毛剤をたくさん塗りすぎても効果は変わらない?

育毛剤を使うときの疑問として、たくさん塗ったほうが効果が早く出るのではないか?という疑問を持つことがあります。

しかし育毛剤を一度にたくさんつけすぎても、効果にはほとんど変わりはありません

育毛剤の1回の使用量


育毛剤を塗るたびに、髪の毛がびっしょり濡れるくらいにつけすぎていませんか?

少しでも早く抜け毛を減らし、髪の毛が増えてくるように効果を求めるのはもっともですが、大量に塗るのではなくて「小分けして塗る」ということを意識してみてください。

育毛剤は一度にたくさんより複数回に分けて使う理由

育毛剤は一度に大量に使うよりも、1日に2回、多くても3回程度と複数回に分けて使います

育毛剤は頭皮に塗った後は、毛穴や直接頭皮から浸透して成分が作用していきます。しかし一度塗った育毛剤の成分が効果を発揮できる時間は限りがあります。

浸透した成分は毛細血管の血液を通して循環していきますし、分泌される頭皮の皮脂によって阻まれるため完全にすべてが浸透できるわけではありません。

髪の毛がビショビショになるまで使ったとしても、すべてが有効に作用するとはいいがたいのです。

怪我をしたりした時に皮膚に塗る塗り薬と同じです。一度に塗っても落ちてしまうし、分泌される皮脂で流されてしまいます。適量を複数回に分けて塗ることで、成分をしっかりと浸透させ患部に働きかけるのは育毛剤でも同じことです。

育毛剤は一度に塗りすぎるのではなく、複数化に分けて塗ることで育毛成分が頭皮に浸透している時間を長くとることが重要。

複数回に分けることでより長い時間育毛成分を作用させることになり、育毛剤の効果は発揮させやすくなります。

医薬品育毛剤の場合は必ず使用量を守る

医薬品の育毛剤を使う時は、「1回・もしくは1日の容量」が決められています。

これは医薬品ならではの臨床試験などで、副作用の影響や効果がでる医薬品の量を綿密に計算されているため。医薬品の場合は体に与える影響も大きく、髪の毛の成長を促す以上の作用までも引き起こす可能性は十分考えられるということです。

医薬品として販売されている「リアップ」や「カロヤン」などの育毛剤は、メモリが付いていて1度に使う量を計算して使うようになっています。

医薬品の1回の使用量


塗りすぎることによって要らぬ副作用を招く原因にもなるので、医薬品の場合には十分注意しましょう。

医薬品に該当しない育毛剤は1回の量まで細かな指定はされていません。おおよその使用目安として、何プッシュ使いましょうと記載があるだけですが、先に述べたとおり一度に使いすぎても意味は無いです。頭皮がベタベタになるよりも、適量を分けて使いましょう。

高い育毛剤ですから効率よく使いましょう!

結局たくさん塗りすぎてしまっても、頭皮に浸透できる量が増えるということはなく、髪の毛ばかり濡れてしまったりして無駄遣い以外の何者でもありません。

育毛剤は安いものではないですし、毎月必死に育毛に掛ける費用を捻出しているわけですよね。買った育毛剤は無駄にすることなく、最後の1滴まで自分の髪の毛のために効果を発揮して欲しいものです。

育毛剤の効果を引き出すためには、たくさんつけすぎるのではなく、1日2回、できれば1日複数回に分けて使い頭皮に常に成分を留まらせておく工夫をしていくようにしましょう。

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

育毛剤のつけすぎは良くない?大量につけても効果は変わらない関連ページ

たった1ヶ月で育毛剤の効果はでるのか?1ヶ月ではほとんど変化なし
育毛剤を使う誰しもが、とにかく早く効果を実感したいという悩みを持っているでしょう。ただしどうやっても1ヶ月では育毛効果を十分に体感するのは難しいといえます。
女性が男性用の育毛剤を使うのはアリ?実は使ってる人も多いんです
育毛剤といえば男性が使うイメージ。しかし最近は女性で薄毛の悩みを抱える人が増加し、女性用育毛剤もでてきています。が、まだまだ少ないしやはり効果を期待したい人に、男性用育毛剤を女性が使っていいものなのかを検証してみます。
育毛の壁!どれくらいで効果がでるか?
育毛剤の効果はどれくらい、何ヶ月くらい使えば体感できるようになるのか?これを知るためには髪の毛の成長サイクルを知り、効果の出方を把握する必要があります。
育毛剤を使うのをやめたらまたハゲてくる?一生付き合うべきなのか
育毛剤を使うのをやめたら、再び髪の毛は薄くなる。残念ながら育毛剤は根治治療ではないため、気を抜くと再びハゲるという状況を育毛課長自身も経験をしています。育毛剤とどのように付き合っていけばいいのかについて考えた結論を書いています
育毛剤の好転反応とはどんな効果?副作用と好転反応の違い
薬や病状の治療のテーマとして、好転反応という言葉があります。一見副作用のように悪化して見えても、良くなる前触れである症状があらわれること。育毛剤を使って得られる効果の中にも、同じように副作用か好転反応か分かりづらいものがあるのでまとめてみました。
2週間で髪が生える??
口コミや体験談を見ていると、わずか2週間で髪の毛が生えてきたというものがありますが、本当なんでしょうか?
なぜ?買ってはいけない育毛剤とおすすめしない育毛剤の理由!
育毛剤は数あれど、買ってはいけないものってあるのでしょうか?ほとんどのサイトがおすすめしか紹介していない現状を打破し、買ってはいけない育毛剤について検証してみました
育毛トニックは安いけど使わないほうが良いと判断した理由
育毛トニックを使えば皮膚表面にあるバリア機能が失われ、皮膚としての働きが行えなくなり、「育毛」以前の問題に発展する可能性があります。育毛トニックの主成分はアルコールと水が7割近くを占め、その他の成分が3割。アルコールは各主成分の浸透力を高める働きがあるため配合されていますが、その過程で皮膚にかかる負担が非常に大きく、肌の弱い方が使えば刺激を伴ったり、湿疹、皮膚炎等にもつながり兼ねません。
【プロテイン×育毛】タンパク質の摂取で髪の生成を促すことができるか?
髪の毛を生成しているのはケラチンというタンパク質が主成分ですが、ケラチンをプロテインなどで摂取すれば太く黒い髪を育毛することができるのかどうか?
無駄な射精が薄毛になる?亜鉛不足はオナニーのやり過ぎが原因?
「オナニーをすると薄毛になる」という噂を耳にしたことがあるかもしれませんが、育毛課長の見解としては「オナニーと薄毛は無関係」という結論に至りました。 射精を行うと「亜鉛」が消費され、これが薄毛の原因と関わりがあると言われています。亜鉛はタンパク質を毛髪に変えるとても重要な栄養素であり、それが不足してしまうと薄毛の原因になると考えられています。しかし、一度体に取り込んだものがオナニー(射精)によって排出され、それが亜鉛不足を引き起こすとは、あまりに単調な考えとは思いませんか。
抜け毛の進行を予防してくれる育毛成分とは?予防で使うべき育毛剤
育毛剤は髪の成長を助ける働きをするものですが、抜け毛の進行を予防し抑えながら効果を発揮するものがあります。将来に向けて、薄毛にならない予防のために使うべき育毛剤についてまとめています
転職面接するとき「ハゲ」てると評価が下がるって本当か?
転職が一般化し、新しいキャリアを求めて活動する人は増えています。一方で転職面接がなかなか上手くいかず、時にはハゲや薄毛が心象を悪くしているのではないか?という疑問をいだく人もいます。
生え際の毛は生えにくい?
多くの男性が悩むであろう薄毛の形態に、生え際がM字型に脱毛してしまうという症状があります。この生え際は育毛が難しいといわれる理由を検証します。
育毛剤の返金保障ってどうなの?ちゃんと返金されるのか?
育毛剤がこぞってアピールする全額返金保障!今では返金保証をしてくれる育毛剤が当たり前になってきましたが、本当に返金されるのか?どんなときに返金保証を使うべきなのかについて考えてみました
育毛剤の口コミは信用できるか?極論は自分で使うしかない
ネット上に溢れる育毛剤の口コミ。この口コミをどこまで信用するかは個人の判断ですが、結局育毛剤は自身で確かめなければ真実は見えません。
抜け毛は一日何本までなら正常なの?抜け毛を見て危険度を判断し対策しよう
人間の髪には1本1本に成長サイクルがあります。髪が生えるためには一度抜ける必要があるため、誰もが必ず抜け毛はあるということです。1日に何本まで髪が抜けても大丈夫か?何本以上ならやばいのかを検証します
貧血の人は薄毛になりやすい?貧血と抜け毛の関係性
貧血と薄毛の関係性として、貧血になると髪の毛の成長に影響はあるのか?という点や、貧血を起こさないためには日常のどのような部分に気を付けるべきかをまとめています。
育毛剤で染めた毛が色落ちする?そんな強力な育毛液は使うべきでない
育毛剤を使うことで、染めている髪の毛が色落ちしたり脱色してしまうのではないか?不安を抱える人がいますが、色落ちする育毛剤としない育毛剤があるので違いを理解しておく必要があります。
花粉症がひどいと抜け毛が増えてハゲる噂の真意!炎症には注意すべき
花粉の飛ぶ時期になると憂鬱になる人も少なくないと思いますが、花粉症は髪の毛の成長を害し、抜け毛を増やすとして不安をあおる記事がでてくるので注意!花粉と髪の毛の関係性の真意をまとめ、正しくケアしていけるようにしましょう。