プロテインを飲むだけで育毛できるのは間違いである

プロテインで育毛

 

プロテインによる育毛は、髪の毛を構成する成分や生成に必要とされる栄養素を考えた場合、効果的であると判断できます。

 

というのも、髪の主成分は95%がタンパク質であり、プロテインの主成分もタンパク質だからです。プロテインというと、スポーツ選手がよく摂取しているイメージがあると思います。一体どんな特殊な成分が含まれているのかと不思議に感じられている方も多いと思いますが、プロテインは非常にシンプルなタンパク質のジュースです。

 

その他、アミノ酸やタンパク質を構成する成分が配合されているため、実は育毛活動において非常に強い味方となります。育毛剤の活用と併せて、内・外からのアプローチを実践してみると良いでしょう。

 

タンパク質不足の男性が急増中!全年代がハゲの餌食に

髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質によって構成されています。

 

このケラチンは、豚肉・大豆・小麦粉・牛乳・レバー・卵・魚などから摂取可能で、普通の食生活を送っていれば、まず不足することはありません。しかし、厚生労働省の発表によると、ここ20年間、全年代の男性が慢性的なタンパク質不足に陥っているといいます。

 

(参考:明治)タンパク質不足を表すデータ

 

メタボを恐れた中年層や、間違ったダイエット方法による食事制限など、社会的な背景も原因と考えられます。若年層の「若ハゲ」もこれが一つの要因とみていいでしょう。

 

注意!「プロテインだけ」では髪は生えてこない

こういった背景から、プロテインを摂取することは育毛活動をサポートする上で有用であると言いたいわけですが、一つ注意してほしいのは、

 

プロテインだけでは髪が生えてくることはないということ。

 

あくまで薄毛・ハゲの一つの要因として「タンパク質不足」が挙げられているだけで、「プロテインさえ摂取すれば」という単調な理屈ではありません。理想は食生活を正すことが最も近道となるのは言うまでもありません。

 

「髪の毛」の主成分は95%がタンパク質ですが、髪の毛が生えるための要因としては、亜鉛・ビタミン・カルシウムなどの各種成分の補給が必要となります。

 

さらに髪の毛を作る細胞に栄養素を届けているのは「血液」です。多くの育毛剤が血行促進効果成分を配合しているのも、栄養素をしっかりと送ることが丈夫な髪の毛を作ることにつながるからです。

 

プロテイン摂取の目的は「タンパク質の補給」がメインとなるため、プロテインだけで育毛のための総合的な栄養補給ができるわけではないのです。

 

足りていない栄養素を補うことはもちろんですが、育毛が目的であれば偏った思考では十分な効果が発揮できません。薄毛の原因と対策はこちらにてまとめていますので、知識はしっかりとつけてやるべきことを見誤らないようにしましょう。

 

プロテインは工夫次第で育毛活動を大きくサポートできる

最近の流行として、プロテインを牛乳やアサイーボウル、バナナ、ブルーベリーなどで割って飲まれています。

 

味も昔と比べたら飲みやすくなっていて、ビタミンやミネラル成分が配合されたものも増えてきています。実際に「育毛専用のプロテイン」もスカルプDでお馴染みのアンファーから発売されています。

 

まだ効果のほどは明らかになっていませんが、将来的には育毛活動を大きくサポートするアイテムとなっていくでしょう。今の段階では、プロテインに大きな期待を寄せるのではなく、あくまで「育毛剤との併用」をベースに取り組んでいくのがベストだと言えます。


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

【プロテイン×育毛】タンパク質の摂取で髪の生成を促すことができるか?関連ページ

たった1ヶ月で育毛剤の効果はでるのか?1ヶ月ではほとんど変化なし
育毛剤を使う誰しもが、とにかく早く効果を実感したいという悩みを持っているでしょう。ただしどうやっても1ヶ月では育毛効果を十分に体感するのは難しいといえます。
女性が男性用の育毛剤を使うのはアリ?実は使ってる人も多いんです
育毛剤といえば男性が使うイメージ。しかし最近は女性で薄毛の悩みを抱える人が増加し、女性用育毛剤もでてきています。が、まだまだ少ないしやはり効果を期待したい人に、男性用育毛剤を女性が使っていいものなのかを検証してみます。
育毛の壁!どれくらいで効果がでるか?
育毛剤の効果はどれくらい、何ヶ月くらい使えば体感できるようになるのか?これを知るためには髪の毛の成長サイクルを知り、効果の出方を把握する必要があります。
2週間で髪が生える??
口コミや体験談を見ていると、わずか2週間で髪の毛が生えてきたというものがありますが、本当なんでしょうか?
なぜ?買ってはいけない育毛剤とおすすめしない育毛剤の理由!
育毛剤は数あれど、買ってはいけないものってあるのでしょうか?ほとんどのサイトがおすすめしか紹介していない現状を打破し、買ってはいけない育毛剤について検証してみました
育毛トニックは安いけど使わないほうが良いと判断した理由
育毛トニックを使えば皮膚表面にあるバリア機能が失われ、皮膚としての働きが行えなくなり、「育毛」以前の問題に発展する可能性があります。育毛トニックの主成分はアルコールと水が7割近くを占め、その他の成分が3割。アルコールは各主成分の浸透力を高める働きがあるため配合されていますが、その過程で皮膚にかかる負担が非常に大きく、肌の弱い方が使えば刺激を伴ったり、湿疹、皮膚炎等にもつながり兼ねません。
無駄な射精が薄毛になる?亜鉛不足はオナニーのやり過ぎが原因?
「オナニーをすると薄毛になる」という噂を耳にしたことがあるかもしれませんが、育毛課長の見解としては「オナニーと薄毛は無関係」という結論に至りました。 射精を行うと「亜鉛」が消費され、これが薄毛の原因と関わりがあると言われています。亜鉛はタンパク質を毛髪に変えるとても重要な栄養素であり、それが不足してしまうと薄毛の原因になると考えられています。しかし、一度体に取り込んだものがオナニー(射精)によって排出され、それが亜鉛不足を引き起こすとは、あまりに単調な考えとは思いませんか。
抜け毛の進行を予防してくれる育毛成分とは?予防で使うべき育毛剤
育毛剤は髪の成長を助ける働きをするものですが、抜け毛の進行を予防し抑えながら効果を発揮するものがあります。将来に向けて、薄毛にならない予防のために使うべき育毛剤についてまとめています
転職面接するとき「ハゲ」てると評価が下がるって本当か?
転職が一般化し、新しいキャリアを求めて活動する人は増えています。一方で転職面接がなかなか上手くいかず、時にはハゲや薄毛が心象を悪くしているのではないか?という疑問をいだく人もいます。
生え際の毛は生えにくい?
多くの男性が悩むであろう薄毛の形態に、生え際がM字型に脱毛してしまうという症状があります。この生え際は育毛が難しいといわれる理由を検証します。
育毛剤の返金保障ってどうなの?ちゃんと返金されるのか?
育毛剤がこぞってアピールする全額返金保障!今では返金保証をしてくれる育毛剤が当たり前になってきましたが、本当に返金されるのか?どんなときに返金保証を使うべきなのかについて考えてみました
育毛剤の口コミは信用できるか?極論は自分で使うしかない
ネット上に溢れる育毛剤の口コミ。この口コミをどこまで信用するかは個人の判断ですが、結局育毛剤は自身で確かめなければ真実は見えません。
育毛剤のつけすぎは良くない?大量につけても効果は変わらない
育毛剤を早く効かせようと思って、たくさん頭皮に塗ってはどうか?という疑問がありますが、大量につけてもほとんど効果に違いはないです。適量を1日2回分けて続けていくことのほうが大切です
抜け毛は一日何本までなら正常なの?抜け毛を見て危険度を判断し対策しよう
人間の髪には1本1本に成長サイクルがあります。髪が生えるためには一度抜ける必要があるため、誰もが必ず抜け毛はあるということです。1日に何本まで髪が抜けても大丈夫か?何本以上ならやばいのかを検証します
貧血の人は薄毛になりやすい?貧血と抜け毛の関係性
貧血と薄毛の関係性として、貧血になると髪の毛の成長に影響はあるのか?という点や、貧血を起こさないためには日常のどのような部分に気を付けるべきかをまとめています。