父の日に育毛剤を買ってあげるのは意味がある!

父の日育毛剤

 

父の日に日ごろの感謝を込めて、何か気の利いたものを贈りたい。そのプレゼント候補として、育毛剤をはじめとするヘアケアアイテムをプレゼントするという人が増えています。

 

父の日に育毛剤??というと意外に思うかも知れません。薄毛というと男性のコンプレックスの代表でもあります。下手に育毛剤なんてプレゼントしたら、感情を刺激してしまうのではないか?ということを考えてしまいます。

 

しかし、育毛剤は使う本人が購入をしているのではなく、奥さんやお母さんが、旦那さんや息子のために購入しているというのは珍しいことではないのです。

 

育毛剤メーカーへの取材で分かるプレゼント事情

育毛剤を販売しているメーカーの人に、電話でインタビューをしたことがあるのですが、その中でプレゼント目的で購入する女性のユーザーが一定数いるという話を聞きました。

 

男性向けとして販売している商品でも、購入名義が女性であり、本人が使っている形跡はない。調べると、旦那さんや息子のために購入をしているというケースは購入者全体の2割ほどにも上るという話を聞きました。

 

育毛剤というと、男性が夜な夜なネットで調べながらこっそりと購入しているというイメージでしたが、身近な人が薄毛の家族を思ってプレゼントをしているのです。

 

育毛剤のプレゼントをもらう側の本音と気持ち

では、実際に育毛剤をプレゼントとしてもらう側の意見としては、どういった心情なのでしょう。

 

いざヘアケアアイテムをプレゼントしても、嫌な顔されないか、落ち込んでしまわないか?という不安もあると思いますが、もらう男性の本音としてはマイナスに感じる人は実はほとんどいないという実態があります。

 

育毛剤を使うようになったきっかけというアンケートを実施したことがあります。その中で、以下のような回答がありました。

 

  • 「妻に薄毛を指摘されプレゼントとしてもらった」
  • 「娘が頭皮を心配して買ってきてくれた」
  • 「母親に抜け毛の多さをを案じられて渡された」

家族に心配されて育毛アイテムを買ってきてもらったというのをきっかけとして、育毛を意識し始めたという回答が全体の3割を占めました。

 

これは育毛剤メーカーのデータとも一致しますね。父の日のプレゼントとして限定されたデータではありませんでしたが、自分ではなく家族に買ってきてもらうことで、始めて頭部のヤバさや抜け毛の多さを意識し始めたという人は多いのです。

 

育毛課長自身も、初めての育毛剤は母親が買ってきてくれたものでした。また、父親の誕生日に育毛剤をプレゼントしたことがあり、育毛をテーマに父と子の親睦が深まったという実体験があります。

 

意外と無頓着な男性は多い!一つのきっかけとしての意義

以前予防医学のアンファーという会社が、薄毛・ヘアケアに関する男女の意識調査レポートを書いていました。これを見ても、実際にヘアケアにはあまりお金をかけないという人が大半であり、ある意味では自分自身の容姿の変化には無頓着である男性が多いことが指摘されています。

 

傍目から見て頭部がやばくなってきていても、本人は気づいていないのか諦めているのか、あまり気にもしていないという人が多いということもあります。男だから年とともにハゲていくのは当たり前のこととして、悟ってしまっているような人も多いと思います。

 

自分は大丈夫だと思い込んでいる場合もあります。特に結婚もして子供が育ってくる頃にもなれば、男性はもう守りに入っています。お金もかかる時期だし、多少薄毛でも別にいいかと思ってしまうもの。意識がなければ、自分からはなかなか重い腰を動かさないものです。

 

でも実際に妻や子供の目線からみた本音としては、改善できるものならフサフサになってくれた方が良いに決まっているのです。分かりやすく老けていく様を見ているのは、なんとなく情けなく思ってしまうもの。

 

身近な人に指摘されることで、ヘアケアを意識して育毛を始めるという人は多いので、育毛剤のプレゼントは男性の意識を動かす一つのきっかけになるのです。

 

いつまでもカッコよくという思いで贈るもの

お父さんに何か物をあげるというのは、普段はなかなかない機会であると思います。毎年趣向を凝らしてそろそろネタが尽きてきたという人も、この際に育毛剤を買ってしまうというのも一つの案ではないかと思います。

 

でも根本には、日ごろのストレスで傷んだ髪を労わってあげたい、これからも若々しくてかっこいいお父さんであってほしいと願っているはず。厳しく言えば一緒に街を歩くのにハゲオヤジでは嫌だ!という思いもあるかもしれません。

 

ヘアケアアイテムだからと言って、恥ずかしい思いをさせてしまわないか?というのは心配ありません。この機会に身近な人の髪の毛に目を向けてあげて、ケアアイテムをプレゼントしてあげるのも一つのやさしさになるのです。

 

参考:男性に贈りたいトラブルのない無添加育毛剤一覧ランキング

 


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

父の日に育毛剤を買うのはあり?嫌味に思われない?もらう側の本音関連ページ

薄毛で同窓会に行きづらい!いじられるの嫌なら早めの対策を
忘れたころにふとやってくる同窓会のお誘い。髪が薄く見るからに老けてしまった男性にとっては、参加するかどうかは勇気ある決断になります。割り切れてるならいいのですが、やはりいじられると嫌だし穏便に済ませたいというのが本音でしょう。
薄毛は老けて見られる!実年齢よりはるかに年配に見られる悔しさ
薄毛を克服して、育毛を決意したエピソード。実年齢以上に見られ、10歳は年配に見られてしまう。彼女と歩いていて「お父さん」と間違われたり、おじいちゃん扱いされたり、そんな悔しい思いで育毛を始める人は多いです。
就職先でハゲ・薄毛をいじられて辛い時どう乗り越えた?
新社会人の就職や異動で職場が変わると、人間関係も大きく変わりストレスが溜まることがあります。さらに追い打ちのように、自前のハゲや薄くなった頭をいじられ、イジメのような仕打ちを受けることもあります。こんな時どう対処すべきか?体験をもとにまとめてみました。
精神的・心理的ストレスでハゲないために育毛で重要なこと
人間生きていると、色々なストレスや精神的なダメージを追うことがあります。薄毛や抜け毛の原因にはストレスによるものもあり、育毛という点では対策すべきことです。どうしようもない苦しみのさなか、髪のためにできる重要なことを書いています。
子供にカッパと言われる衝撃!ハゲは子供にとって遊び道具である
ハゲは子供にとって最高の遊び道具の一つである。これは間違いのない現実であり、分かりやすい頭頂部のハゲはカッパとか太陽とか「眩しい」という容赦ない呼ばれ方をします。子供に馬鹿にされたくなくて、育毛を始めようと思う人は少なくありません。
生まれつきオデコが広い人はハゲやすい?早くから育毛剤使うべきか
オデコが生まれつき広く、生え際が後ろの方にある人は大人になってからハゲやすいのか?広いおでこと薄毛は昔から議論されていますが、おでこの広さと薄毛に科学的因果関係はありません。正しく薄毛を理解して、必要な場合に対策をしていきます
風が強い日に髪型が気になって消耗するなら早めに育毛始めよう
風が強く吹く日は嫌だ。そう、ハゲがばれないようにセットした髪型が乱れ、地肌が露出するのは恐怖なのである。風対策で消耗する前に、早めの育毛で強風を気にしない頭皮を取り戻すべきである
いつから育毛剤を使うべき?使用ユーザーの傾向もリサーチ
育毛剤は何歳から使うべき?実際に育毛剤を使っている人はどれくらいから使用を検討しだしたか?その理由についてもアンケートをもとにリサーチしました。