ヘアサイクル(毛周期)を知ることが薄毛・ハゲ改善の近道

正常なヘアサイクル(毛周期)を実現するために知るべきこと

 

髪の毛は一度抜けても、再度同じ場所から生えてきます。この髪の毛が抜けては生えてくるというサイクルのことをヘアサイクル(毛周期)と言います。髪の毛一本一本には寿命があり、その成長過程を、成長期・退行期・休止期と3つに分類することができます。

 

薄毛・ハゲで悩む人にとっては、このヘアサイクルの過程を知り、その周期に合わせた育毛対策を講じていくことが必要となります。

 

ヘアサイクル

 

毛髪の成長過程には成長期・退行期・休止期があり、「成長期」における期間が長ければ長いほど太く・たくましい毛が生えてきます。

 

ふさふさで正常な髪の毛が生えている人はこの成長期における期間が長く、薄毛・ハゲの人は成長期が短いのです。つまり、成長期の期間をより長く実現できるかどうかが育毛・発毛成功のカギとなります。

 

ヘアサイクル(毛周期)と一般的な期間

 

成長期(2~6年)~髪の毛が成長する期間

毛乳頭によって毛細血管中の栄養分が毛母細胞へ運搬される期間を「成長期」といいます。この期間中のみ髪の毛に栄養が蓄えられます。しかし、ストレス・食生活・喫煙等により血行が悪かったり頭皮環境に影響があると、成長期が短くなり髪の毛が十分に成長できなくなります。この成長期の正常なサイクルは2~6年と言われています。

 

この期間に髪の毛を抜くと、毛根に太く黒い芯のようなものが確認できます。

 

退行期(2~3週間)~余韻の期間

成長期を終え、毛母細胞の細胞分裂が徐々に少なくなっていく余韻の期間を「退行期」と言います。2~3週間かけながら徐々に成長が衰え、栄養が送られなくなります。

 

この期間に髪の毛を抜くと、毛根に白い芯のようなものが確認できます。

休止期(3~4ヶ月)~髪の毛として死んでいる期間

よく髪の毛は「死んだ細胞の集まり」と表現されることが多いのですが、それはこの「休止期」にあたる髪の毛を言います。

 

栄養をもらい終えた休止期の髪の毛は、すぐに抜け落ちるのではなく3~4ヶ月間頭皮の中にとどまり、物理的刺激により影響を受け自然落下していきます。健康的な頭皮環境であれば、髪の毛の自然落下を合図にすぐに次の髪の毛の成長期が始まります。

 

この期間に髪の毛を抜くと、毛根は毛先と同様細く、芯のようなものは確認できません。

 

髪の毛は1日に何本抜けるのが正常なの?

以上のように髪の毛には周期があり代謝活動を繰り返していますが、どれくらいの抜け毛であれば許容範囲なのでしょうか。

 

平均的には1日50~100本の抜け毛であれば正常値だと言われています。仮にこれ以上の抜け毛が確認できる場合はAGAによる脱毛症が考えられます。AGAによる脱毛症は成長期の期間が1年未満と非常に短く、個人レベルでの対策は難しいとされています。

 

ヘアサイクルにおける成長期をより長く持続させる方法

薄毛対策のために育毛剤を用いる理由は、ヘアサイクルにおける「成長期」をより長く持続させるためです。

 

頭皮にいきわたる血流の促進で髪の萎縮を防ぐ
育毛剤の主たる目的は「血行促進」であり、直接的な発毛効果がある成分は実はほとんど含まれていません。繰り返しになりますが、あくまで髪の毛は毛細血管中の栄養分をもとに成長するため、外部からの栄養分はほとんどその効果を享受できないのです。

 

血行が悪く栄養分が一本一本の髪の毛へ送られないと、成長期における髪の毛たちはそれが成長期終了の合図と勘違いし、退行期に切り替わってしまうのです。育毛剤によって血行を促進することは、成長期の持続・頭皮環境の整備のため非常に重要になってきます。

 

ヘアサイクルを縮める一大要素であるAGA
AGAというと一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。主に男性の薄毛原因の8割近くがAGAとされており、医学的に解明されたヘアサイクルを短くしてしまう症状です。

 

AGAになるとヘアサイクルが短くなる仕組み

 

AGAでは男性ホルモンの影響により髪の毛の細胞が委縮してしまい、本来の寿命を全うするまで成長することなく髪が抜け落ちてしまいます。

 

一般に生活環境などでヘアサイクルが乱れている場合には一時的なもので改善することが多いです。しかし、AGAでは20代前半の非常に若いころから体質や遺伝により発症し、どれだけ生活を改めても改善できないことがあるのです。

 

AGAかどうかは薄毛専門医を受診することで、ヘアサイクルの乱れが一時的なものか対策をしなければいけないAGAであるかが分かります。以下の記事もご参考いただいて、まずは自分の髪の毛の状況を知ってください。

 

 

以上のように、ヘアサイクル・毛が生えてくる仕組みを正しく理解することで、「生活改善」という抽象的なものを追い求めるのではなく、自分の髪の毛のために何をしなければいけないかが見えてきます。何百種類とある育毛剤もより具体的に選定・実行できるようになります。

 

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top