フケが多い人は「粃糠性脱毛」を疑う!原因と最適な治療法を解説

フケが多いと抜け毛も増える?2種類のふけの違いと減らす方法

粃糠性脱毛


頭皮のフケによって引き起こされる脱毛があります。「粃糠性性脱毛(ひこうせいだつもう)と呼ばれるもので、細かいフケが毛穴を詰まらせたり炎症の原因となって髪の毛の成長を阻害する抜け毛症状です。

粃糠性脱毛症は男性女性問わず、さらに年齢も問わず起きる可能性のある脱毛症で、男性の場合はAGAなどの症状とも合併して起きることもあります。

頭皮から落ちてくるフケですが、2種類のフケに分類されています。

  1. ・乾燥してカサカサの細かいフケが出るタイプ
  2. ・脂で湿って塊のようになったタイプ

ここで言う粃糠性脱毛の原因となってくるのは乾燥した薄くて細かいフケによるものです。脂っぽくてべとべと固まったフケができる場合は、脂漏性脱毛症という症状に分類されます。

特に乾燥している時期でもないのに、頭皮だけ突っ張った感じで細かなフケがたくさん落ちてくるような状況であれば粃糠性脱毛を疑います。

なぜ粃糠性脱毛になる?原因は何なのか?

粃糠性脱毛はなぜ発症してしまうのか?原因はさまざまあり、人によって発症のパターンは異なります。特定の原因がはっきり分かっていないため素人判断は推奨されないものですが、大きく3つの原因に分けられます。

ストレスによるホルモンバラスの乱れ
まずは頭皮が必要異常に乾燥してしまう原因に、ストレスなどで自律神経のバランスが崩れ、皮脂の分泌をコントロールしているホルモンに異常が出てしまうこと

慢性的にストレスを受けている状態は粃糠性脱毛症に限らず、円形脱毛など様々な髪の毛のトラブルを引き起こすことが分かっています。

思春期の多感な学生の年代で発症したり、新社会人など比較的若い世代が発症しやすいのも、ストレスによる影響とする見解もあります。

アトピー性皮膚炎など皮膚のトラブル
粃糠性脱毛は乾燥による細かなフケが大量に出るのが特徴で、アトピーなどで頭皮にも皮膚炎を発症してしまう場合に起こりやすい症状です。

毛穴が詰まることで雑菌が繁殖しやすくなったり、毛穴の炎症が原因で髪の毛の成長が阻害されることで薄毛になってきます。

アトピーの場合は育毛剤だけの治療では改善は難しい上に、育毛剤がアレルギーを起こす場合もあるので、薄毛治療の専門医の意見も聞きながら治療を進め、安易な自己判断はくれぐれも注意です。アトピー肌の育毛剤選びについてはこちら参照

過剰なシャンプーによる頭皮の傷つきと炎症
最も可能性として考えられるのが、ゴシゴシと頭皮をシャンプーしすぎてしまい、細かな傷がフケの原因となるケース。

血が出るほどひどい傷ではなくても、表面に出来た細かなひっかき傷を修復するために薄いかさぶたができます。それが徐々に剥がれ落ちることで、細かなフケとなり毛穴をふさいでいくという情況を作り出してしまうのです。

洗浄力の強いシャンプーによって皮脂をとりすぎてしまうことでも起こりやすく、1日に何度もシャンプーしたり、爪を立ててガリガリ洗うのは粃糠性脱毛の最も大きな原因となるのです。

ストレスを減らす努力はもちろんですが、まずは自分の行動でなんとでもできる、頭皮のケア方法を見直すことから始めていきましょう。

乾燥したフケが多くでる場合の改善法

乾燥したフケがたくさん出てしまう場合には、シャンプーの方法に問題がある場合が多いです。

間違いとして多いのがフケを汚れだと勘違いして、必死にフケを落とそうとしっかりシャンプーしてしまうケース。

フケがでている場合こそシャンプーは指の腹で優しく行うべきものなんです。ごしごしと強く擦って洗ったり、痒いからと爪を立てて洗う人は要注意。頭皮は傷がつきやすいので傷ついた部分が乾いてフケとなります。目に見えないような細かい傷が頭皮につくことで細かなフケが大量に発生し、毛穴を詰まらせることで炎症を起こしてしまうというのがひこう性脱毛発症のメカニズム。

フケを落とそうと強く擦った結果炎症が起きてかゆみが出る⇒ しっかり洗えていないと勘違いして再びシャンプーをする⇒ 傷ついた表皮が生まれ変わりフケとなって落ちるという悪循環を形成している人が多いのです。

保湿化粧品


シャンプー後に頭皮がきしんだり、カサカサ乾燥して突っ張るという場合には、保湿成分を多く含んだ育毛剤を使ってケアするようにします。

美容室などでは、乾燥肌に悩む人に「保湿目的」で育毛剤を推奨しているところもあります。髪の毛があるので保湿クリームなどを塗るのが難しいですからね。

保湿成分を多く含み効果も期待できる育毛剤もあるため、秋冬に頭皮が乾燥する人は育毛剤によるケアをすることで、自然な保湿力を得られます。保湿してバリア機能を補い、頭皮の炎症を抑えることでフケを防いで抜け毛の原因を取り除けるのです。

フケというものは頭皮の角質と呼ばれる皮膚の一部が生まれ変わることで、古い角質が剥がれ落ちることによって発生するもの。正常な人でもこの皮膚の新陳代謝によってふけは必ず出ますが、気になるくらい大量に出る場合には間違った頭皮ケアの認識をしている場合が多いです。

粃糠性脱毛はシャンプーを変えれば改善できる??

使うシャンプーの洗浄力が強すぎても頭皮を守るバリアが失われるので乾燥性のフケを招きやすいです。

極力低刺激な育毛用シャンプーを使うように心がけましょう。かゆくても掻かずに優しく洗い、不安な時はシャンプー用のマッサージゴムなどを併用すれば頭皮を傷つけずに汚れを落とすことができます。

秋冬は特に空気が乾燥しているため、お風呂上りに急激に頭皮が乾いてフケが発生することが多いです。なるべくシャンプーは優しく行い、頭皮を傷つけないようにしましょう。

赤く炎症が起きたりフケが止まらない場合は病院へ!

もし鏡で頭皮を見たときに、赤く炎症が起きていたり、ニキビのようなものができてしまっている場合は、皮膚科を受診しましょう。部分的に治療できるステロイド薬などを処方してもらえるので、まずは炎症の拡大や飛び火を防ぐことが先決です。

ただし、総合病院の皮膚科では皮膚炎の治療こそしてくれますが、肝心の薄毛や抜け毛の症状に対しての見識は甘く、そもそも悩みの種である脱毛症の解決にはならないケースもあります。基本的に外用薬を出して終わりです。

もし近くに薄毛治療を専門とする治療院があれば、そちらを受診するのが最も確実です。

薄毛治療をするとなると保険は適用外の自由診療ですが、粃糠性脱毛による炎症や傷の治療に関しては健康保険がしっかり適用されます。今現状で起きている頭皮を治療しつつ、必要であれば薄毛改善のアドバイスも受けてみるというのが一番安心できる治療法です。

初めてでも無料相談できる頭皮トラブル専門クリニック


育毛課長も軽微のアトピーを発症しており、AGAと粃糠性脱毛の合併症を診断されました。何かおかしいと思ったら、できるだけ早期に治療していきましょう。悩んでいてもストレスを増やすだけで、粃糠性脱毛を進行させてしまう悪循環を招くだけです。早期発見・早期治療を心がけて、髪の自信を取り戻していきましょう。

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top