壮年性脱毛症とはどんな症状?壮年期の薄毛を見極め適切な治療をする!

壮年性脱毛の特徴と最適な薄毛対策!AGAとの違い総まとめ

 

壮年期は一般に青年期を超えた30代半ばから、40代中盤の中年までの期間を差し、この時期は最も抜け毛・薄毛の悩みを持つ人が増えます。

 

一言に壮年性脱毛症とくくられることが多いですが、実際には人によって発症の原因となるものや、薄毛の進行度合いが異なるため統一された薄毛症状ではなく、決まった治療法はありません。様々な可能性を考えて薄毛対策をしていく必要があります。

 

とりあえず育毛剤・・・というまえに、原因を見極めなければ最適な治療法は見つかりません。お金を無駄にするだけでなく、刻々と進行していく薄毛を食い止められなければ治療できなくなる恐れもあるのです。

 

早期に対策をして薄毛の進行を食い止められるよう、壮年期の脱毛症の原因や対策を様々な角度から検証をしてみました

 

壮年性脱毛の定義と見分け方

壮年性脱毛は、じわりじわりとゆっくりと抜け毛が進行して薄毛になっていきます。

 

気づいたら頭頂部がハゲてきていたとか、なんだか地肌が目立つようになってきてしまった・・・というケースが多いのが特徴です。

 

脱毛のパターンとしては、以下の図のようなケースで抜けていきます。

壮年性脱毛 

タイプA・・・前頭部から徐々におでこが後退し全体が薄くなっていくタイプ
タイプO・・・頭頂部から徐々に薄毛が進行していくタイプ(気づきにくい)
タイプM・・・生え際からM字に抜けていくタイプ
O+M・・・・生え際と頭頂部から複合的に薄毛が進行していくタイプ

 

概ね男性の脱毛ではこのようなパターンで薄毛になるケースが多いですが、壮年性脱毛では特にタイプAのように徐々に全体が薄く地肌が露出していく人が大半です。

 

壮年性脱毛はAGAと同じ?

AGAと壮年性脱毛が異なるのは、薄毛を発症する年代と進行のスピードの速さです。

 

AGAは早ければ10代後半から20代でも発症し、いわゆる若ハゲと呼ばれるように本来髪の毛を生み出す細胞が衰えいないはずの時期にかかわらず、急速に薄毛が進行してしまう病気です。

 

男性ホルモンの影響を受けやすい、「生え際」、「頭頂部」、「前頭部」を中心に薄くなり、進行のスピードが速いためあっというまにヤバくなるという特徴もあります。

 

壮年期と言っても幅は広く、30代前半からも壮年期と呼ばれるため、早い段階で特徴的な抜け方をするようであればAGAを疑います。早期に薄毛を食い止めるためにも、できるだけ薄毛治療を専門としている医師に検査をしてもらって判断を仰ぎましょう。

 

育毛剤を使う場合にもAGA対策として抗男性ホルモン成分の入った育毛剤を使わなければ対処できないため、育毛剤選びには慎重にならなければいけない点に注意です。

 

壮年性脱毛は遺伝?
一般に脱毛症は遺伝で体質を受け継ぐことが多い、とされますが、遺伝と言っても様々な定義があり一括りにはできません。例えば、細胞が老化しやすい体質を受け継いでなる薄毛も遺伝といえますし、AGAのように男性ホルモンの感受性の高さを受け継ぐ場合も遺伝です。何かしらの薄毛になりやすい体質を受け継ぐことはありますが、遺伝だけで薄毛の原因を決めつけられるものではないという点に注意が必要です。

壮年性脱毛の原因とされる要因

ヘアサイクルの乱れ

壮年性脱毛で薄毛になる原因は、髪の毛を作る毛母細胞・毛乳頭細胞の活動が委縮し、正常なヘアサイクルに乱れができるため。

 

活発に成長する青年期を超えた壮年期では、細胞の成長を促す成長ホルモンの分泌が徐々に弱まります。概ね25歳程度から減少の一途をたどっていきます。

 

髪の毛は2年から6年かけて成長する「成長期」と、細胞から髪が切り離されて抜ける「退行期」、3か月程度の休息を経て新しい髪を生み出す準備をする「休止期」というサイクルを繰り返して、1本の毛穴から何度も新しい髪が生えては抜けていきます。

 

壮年性脱毛

 

成長ホルモンが少なくなると、髪の毛の成長を指示する毛乳頭細胞から、髪の元になる毛母細胞へ指示が出ても十分に成長できなくなります。その結果「成長期」で髪の毛が成長しきる前に「休止期」に移行して抜けてしまい、細胞の寿命だけが短くなっていってしまうのです。

 

加齢による衰えで、細胞を包み込んでいる「毛包」そのものが委縮して、細い髪の毛しか生えなくなることもあります。

 

頭皮の血行の悪化による栄養不足

40代にもなると生活習慣病が気になる年代。血液をはじめとする循環器系のトラブルを危惧する人も多いと思いますが、髪の毛の成長にも血液は重要な役割を果たしています。

 

壮年性脱毛

 

髪の毛を作る細胞は血液から栄養を受け取っているため、頭皮の毛細血管の血流が悪化すると髪はやせ細ります。

 

壮年期においてはストレスなどで血管が委縮してしまったり、食生活の乱れなどによっても髪へ届く血液は阻害されてしまいます。年齢による衰えで血管そのものも硬くなることがあります。

 

頭皮に塗るタイプの育毛剤はほぼすべてに頭皮の血行促進成分が入っています。これは血流の改善が髪の毛の成長に与える影響が大きいから。衰えた細胞を活性化するにしても、血液による栄養は必須であるのです。

 

壮年性脱毛に最適とされる育毛剤・治療法

 

市販医薬品での治療

育毛剤というと有名なのが医薬品リアップX5が思い浮かぶ人も多いはず。リアップは効果効能に壮年性脱毛の改善と明記してあり、徐々に進行する薄毛に対しては一定の効果が見込めます。

 

一方で頭皮への副作用を気にする人も多く、医薬品育毛剤だけに代償もあるのは否定できません。医薬品を使うのであれば、後述する薄毛治療院へ行ってアドバイスを受けながら使うのが安心です。

 

一般育毛剤での治療

時間がなくて自宅で壮年性脱毛を治療するのであれば、できるだけ成分数が多く、無添加で安心して使えるものを使っていくようにします。壮年性脱毛は複数の原因が重なっているケースが多いため、単一の成分だけを配合した育毛剤では効果が得られないことが多いのです。

 

育毛剤をたらいまわしに使うよりは、「血行促進成分」「細胞活性化成分」を十分に配合した育毛剤を選ぶようにし、最低3か月は続けながら経過を見ていくようにします。

 

髪の毛は1か月や2か月でハゲることがないのと同じで、髪を生やすのも時間は必要です。半年をめどに予算を組んで、3日坊主にならずに続けるのが大切です。

 

薄毛専門医での診断と治療

まだ治療院が少なく敷居も高いですが、確実性を取るならば発毛治療を専門とした治療院へ行くようにします。

 

治療院では初めの診断で薄毛の原因を特定してくれますから、壮年性脱毛かAGAによる脱毛なのか、原因ははっきりします。理想を言うならばまずは医師の診断を受け、それから育毛剤を選んでも遅くはありません。

 

治療法は医薬品育毛剤が中心ですが、副作用の可能性も検査してくれる上、いざというときに頼れる場所があるのは心理的にも安心できます。

 

現在は返金保証を設けているAGAINクリニック(東京のみ)や、一切強引な勧誘をしない治療実績の多いヘアメディカル(全国主要都市)の評判が高く、まず初めの診察であればこの2医院をおすすめします。

 

生活の改善は必須ではないが無視はできない

当然生活習慣の改善って大事なわけで、育毛を語るときには一番に言われることなのですが、そもそもの原因となってるものを見ていけば生活習慣が影響を与える要素って限られています。

 

じゃあ不摂生しろとか酒もタバコもやり放題ってわけではないのですが、あくまで健康に良い・体に良い生活は育毛にも良いということ。壮年性脱毛を改善するためだけにはとどまらないものです。

 

同時に長年の生活を急に変えることほど難しいものはないので、ストレスをためないように改善を意識しながら、抜け毛・薄毛の対策をしていくようにしましょう。

 

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top