育毛に「深い睡眠」は不可欠

育毛では深い睡眠が髪を作る細胞・成長ホルモンを活性化させる

良質な睡眠

 

人間の各細胞郡は「睡眠」によってのみ生まれ変わります。言い換えれば、眠らないかぎり髪や皮膚、臓器、筋肉などの細胞は修復・再生されません。

 

育毛剤を使用していても、髪が生えてこない、効果を実感することができないという場合には、十分な睡眠を確保することができていない可能性があります。睡眠は、人間が健康的な生活をおくる上で必要不可欠なものですが、育毛にとっても欠かすことの出来ないものです。

 

髪の毛の育毛には、睡眠中に分泌される成長ホルモンが大きな影響を与えています。この成長ホルモンは、細胞を活性化し、全身の筋肉や臓器を修復・成長させる効果の期待できるホルモンです。

 

成長ホルモンが分泌されない限り髪は育たない

成長ホルモンは、「睡眠」によってのみ分泌される特殊なホルモンです。眠りについてから2~3時間後に分泌され、そこから2~3時間かけて髪の毛や皮膚、細胞、臓器の修復・回復のために働きます。つまり、理論的に睡眠時間が4~6時間に満たない人というのは、そもそも髪を飼殺しする要因を自らで作っていることになるのです。

 

睡眠時間が足りないまま育毛剤をふりかけても、枯れ木に水をやるようなもので全く意味がないのです。

 

「睡眠のゴールデンタイム」の誤解

よく、成長ホルモンの分泌量が活発になる「睡眠のゴールデンタイム」が午後10時~午前2時までの間と言われていますが、これはあまり関係がありません。

 

成長ホルモンが分泌されるのは、眠りについてから2~3時間後なので、眠る時間というのは実は関係がないのです。起床後、朝日を浴びるための効率のよい時間として午後10時~午前2時と言われるようになりました。

 

夜に寝ていない人はすべからくハゲているわけではありませんよね。育毛のためといって細かいことばかり気にしていても逆に禿げます。生活のリズムをくずさないよう、深い睡眠をとることを考えましょう。

 

睡眠の質を上げ「深い睡眠」を得る方法

いくら睡眠時間を4~6時間以上確保したとしても、実際に成長ホルモンの分泌を活性化させるためには「深い睡眠=良質な睡眠」が不可欠になります。体に負担を掛けず、睡眠の質を上げて深く眠れるためにはどうすればいいかをまとめました。

 

睡眠の3時間前までには食事を終える

 

食べ物を消化するためには、多くの体力が必要となります。繰り返しになりますが、寝ている間に回復・再生されるのは、髪の毛や皮膚だけでなく臓器も含まれます。寝ている間に消化活動が行われてしまうと、臓器の回復・再生がされないままとなり、結果的に睡眠全体の質を落とす原因となるのです。

 

カフェインの摂取は睡眠の6時間以前

 

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインは、体に取り入れられてから完全に抜け切るまで4~6時間程度かかると言われています。カフェインには覚醒作用があり、更に利尿作用も伴います。腎臓に負荷がかかり、臓器の休息・回復を阻害する要因となります。

 

睡眠1時間前に入浴する

 

睡眠のスイッチは、体温の下落によって押されます。そのため、睡眠1時間前に入浴を済ませ、体の温度を一時的に高めます。そこから体温が急落するタイミングで床に付くことで、スムーズに眠り環境に入ることができます。

 

睡眠環境整備はどんな育毛剤よりも効果がある

睡眠によって分泌される成長ホルモンは、髪の毛の90%以上を構成するタンパク質の合成にも働きかけます。

 

育毛を目指す上で「タンパク質」というキーワードは非常に重要となりますが、睡眠不足が続けば、薄毛・抜け毛を自らの手で促進させてしまうことになるのです。

 

更に睡眠不足は血管の収縮や詰まりも引き起こし、毛根に栄養が行き届きにくくなくなります。

 

確かに、実質的・社会的な背景から「分かっているけどできない」という方も多いと思いますが、睡眠環境の整備は、育毛剤やサプリメントよりも髪の毛に「直接的な効果」を引き起こし、育毛を目指す上で非常に重要なテーマなのです。ぜひ深い睡眠を意識して育毛活動を充実させましょう!

 


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top