ミノキシジルの副作用まとめ

医薬品ミノキシジルには副作用が伴います。医薬品であるだけに効果も高く、日本皮膚科学会も公認の育毛剤成分として推奨されているのですが、それにしてはあまりにも副作用の口コミや評判が目に付く。

 

こうして書いている育毛課長自身も、ミノキシジルの副作用をまさに体験した一人。

 

使うか使わないは個人の判断次第なのですが、どのような症状が副作用であり、どんな状態になりうるのかをしっかりと把握して欲しいという思いでまとめています。

 

ミノキシジルの効果と副作用の症状

ミノキシジルの効果は、もともとが心臓疾患の高血圧を治療する薬です。血圧が高いと毛細血管が閉じてしまうので、これを解消するために毛細血管が拡張して血圧を下げるというもの。

 

この効果を応用して細かな毛細血管が多い、頭皮の血行が良くなることにより髪の毛を育てる細胞にしっかりと血液から来る栄養素を届けるというのがミノキシジルの主な効果です。

 

となると体は低血圧の状態になるので、それに伴った症状として手足のむくみなどを訴える人がいること。頭皮から吸収された成分は当然血液を通して体を循環しますから、症状がでてくる可能性はあります。

 

飲むタイプのミノキシジルタブレットではとくにこのような「むくみや倦怠感」を感じることがあります。酷くなると心臓に負担がかかり、「動悸やめまい」といった症状がおきやすいです。飲んで聞かせるわけですから、体全体に効くのは当然。単純に言えば心臓病の薬を健康なのにも関わらず飲んでいるようなものだから。

 

もう一つは頭皮の炎症です。ミノキシジルを頭皮につけることにより、「ミノキ焼け」とも呼ばれる炎症反応を引き起こすこともあるのです。

 

私が経験したのは主にこの頭皮に塗ることによるミノキ焼けの副作用です。ミノキシジルを頭皮に塗ってしばらくすると、頭皮がジンジンと熱を帯びてきているような感覚に襲われ、次第にものすごくかゆくてかゆくて我慢ができなくなりました。これはすぐに洗い流してもなかなか収まらず、しばらく炎症が残って赤くなっている状態が続きました。初めは何か変だな程度でしたが、2回目3回目と使うたびに同じようにかゆくなるので怖くなって使うのを止めました。

 

使わなければば特に何もおきない上に、ミノキシジルを含むリアップ・ロゲイン両方で同じ症状でしたのでほぼ間違いなくミノキシジルによる副作用がでてしまったのだと考えています。

 

※個人による感想なので全ての人に副作用が起きるとは限りません。副作用が起きるごく一部の人に当たってしまったのは残念ですが、それだけでは語れないほど多くの人が経験していることも知っておいてください。

 

ミノキシジルの溶剤である強いアルコールによる皮膚への刺激も見逃せない
これはミノキシジルだけの問題ではなく、ミノキシジルを配合する育毛剤全般に言えることです。リアップならば成分のほとんどを占めるエタノールの刺激や、ロゲインであれば硫黄分や同じくエタノールが炎症を引き起こす要因にもなります。

 

私は皮膚が弱かったのもあって、頭皮の炎症によってこの2つの使用を中止しました。単に低刺激であれば使えたのかどうかという部分は、大幅に成分が変っていない現在でも確認はできません。

 

頭皮が赤くなったりかゆみが強く出る場合には、それは育毛剤の効果ではなく副作用としての炎症のサインですので使用を取りやめましょう。

 

万が一ミノキシジルによる副作用がでてしまった場合は、すぐにお湯で頭皮についた育毛液を流したのち、かゆみが収まらない場合は熱がでたときなどに使うアイスパックなどで患部を冷やしながら皮膚科へ行きましょう。せっかく髪の毛を生やすために育毛剤を使っているのに、要らぬリスクを頭皮に与えることだけは避けるようにしたいです。

 

ほとんどの人は正しく容量を守って使っていれば副作用は起きないですが、念のためにこれらの症状が起きる可能性があることを確認しておきましょう。

 

関連:リアップX5を検証して使わないと判断した理由

 

その他に懸念されているミノキシジルの様々な副作用

ミノキシジルで精力が減退する?

育毛剤の副作用として気になるのが、男性機能の低下(精子の減少や精力がなくなる)というもの。この副作用は「プロペシア」では事例があるのですが、ミノキシジルでは報告されている副作用ではないです。ミノキシジルはホルモンに作用する効果ではなく、あくまでも血圧を下げることによる血行促進効果が主なものとなるので、男性機能の低下は直接的には起こりえないものです。

 

ただし副作用として「動悸」など心臓へ負担がかかる症状を考えた場合には、体全体の気だるさや風邪を引いたときのような症状は訴える人が多いです。直接的ではないものの、これが精力というか性欲の減退に繋がる可能性は考えておくべき案件だと思います。

ミノキシジルは女性が使っても平気って本当なの?

ミノキシジルは配合されている育毛剤に、リアップリジェンヌという商品があるくらいで女性向け商品としても販売されています。先述のホルモンに作用する心配はないことから、女性でも使える育毛剤であることは心配ないです。

 

ただしここでものすごく疑問なのが、男性用と女性用ではミノキシジルの濃度が違うということ。女性用のほうが濃度を低いまま抑えられています。同じ育毛効果を求めるのであれば、なぜ同濃度にしないのか?これはすなわち女性にはあまり推奨できないといっているのではないかという疑念があります。

 

皮膚への影響というか刺激のなさを論じるのなら、男性でも皮膚が弱い人はいるし女性だから男性だからを分ける理由にはならないからです。このように同じ成分であってもわざわざ男性女性を分けて配合する必要があるようなミノキシジルはやはり慎重にならざるを得ません。

 

ミノキシジルは使えない人もいる

心臓病の薬を使用している人や、今現在高血圧の治療の薬を飲んでいる人は使えません。薬の効果が複合的に合わさって深刻なトラブルを引き起こす可能性があるからです。

 

ミノキシジルを使ってもよいかどうかを判断するのに、医薬品通販に関する確認事項で提示される以下の要件が参考になります。

 

Q:この薬を使用される方の年齢は20歳未満である
ミノキシジルは成人用途が指定された育毛成分であり、未成年の場合は禁止

 

Q:この薬を使用される方の年齢は65歳以上である
元々が血圧の薬であり、高齢の場合には循環器系に負担がかかる恐れがありますので禁止

 

Q:この薬を使用される方は女性である
大正製薬などでは女性用のミノキシジル配合薬も販売されていますが、男性用として開発されたものとは濃度が違うため要確認です。

 

Q:この薬またはこの薬の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある
初めて使う人は分からないものですが、過去にミノキシジル配合でアレルギーを起こした人は要注意。アレルギーの体質は簡単には変わりません。

 

Q:脱毛が急激であったり、髪が斑状に抜けている
急激な脱毛や円形脱毛が多数できるような場合は、育毛剤ではなく皮膚科や薄毛治療院で診察を受けるべきです。

 

Q:壮年性脱毛症以外の脱毛症である(円形脱毛症など)または原因不明の脱毛症である
円形脱毛は一般の薄毛と発症の仕組みが異なるので、育毛剤ではない治療が必要なケースもあり病院へ行くべき

 

Q:高血圧・低血圧で現在治療を受けている
血圧の薬と干渉するため厳禁。頭皮に塗るタイプであっても禁忌とされています。

 

Q:心臓または腎臓に障害がある。またはそれらの治療中である
Q:甲状腺機能障害(甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症)の治療を受けている
上記と同じくですが、内臓系の疾患で薬を処方されている場合は医師に要確認ですね。

 

Q:頭皮にきず、湿疹あるいは炎症(発赤)等がある
キズやニキビなどがある場合は、ミノキシジルの影響で悪化する可能性があります。

 

Q:薬や化粧品でアレルギー症状(発疹・発赤・かゆみ・かぶれ・はれ等)を起こしたことがある
何かしらのアレルギーがある場合には、ミノキシジル以外の配合成分も確認してから使うべきです。

 

Q:他の育毛剤や外用剤と一緒に頭皮に使用する
育毛剤を併用しているという話も聞きますが、基本的には指定された用法を守って使うのが医薬品成分の決まりです。

 

ミノキシジルは本来1%であっても劇薬に指定される医薬品成分です。取り扱いには規定があるほどですので、正しい用法以外には使わないようにしましょう。

 

医薬品として使われているものは効果が非常に高いことがいい点ですが、それ以上に副作用というものを意識しなければいけないことを覚えておきましょうね。

 

それでもまだミノキにこだわりますか?

ミノキシジルは血行促進が主な効果ですので、血行不良以外の要素が薄毛の原因だった場合には効果がありません。あえてこのミノキシジル配合の育毛剤にこだわる理由は、育毛課長としてはないと考えます。※AGAにも有効とされていますが、原因がはっきりしてるなら病院でプロペシアを処方してもらった方が確実です。

 

今販売されている育毛剤の多くは、副作用をいかになくして安心して育毛ができ、かつミノキシジルと同じ効果が期待できる成分を研究開発されてきたものといっても過言ではないです。それでいてしっかりと改善できる育毛剤が既にあるわけですから、大事な自分の頭皮につける安心して使える育毛剤をじっくりと使っていくべきであると思います。

 

もちろんただ育毛剤を使ってるだけで生えるようなものはないし、すぐに止めてしまうような人も育毛は成功できないと思います。髪の毛は食事を初めとした生活を見直し、毎日の育毛剤も欠かさず続けてこそ効果が出てくるものです。

 

私が現在使ってきたチャップアップは実感できる効果が得るまでに3ヶ月から半年かけています。それでも続けてこれたのはコスパもありますが、なにより副作用がなく安心して続けてこれたから。余計な心配をせずに、育毛に集中できたんです。安心して育毛に取り組みたいなら、育毛剤選びから見直してみましょう。

 

副作用の無い育毛剤を選ぶならこちら

 

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

ミノキシジル育毛剤の副作用で頭皮が真っ赤に?実は劇薬指定の薬である関連ページ

プロペシア(フィナステリド)の副作用の真実を理解してリスクと向き合う
プロペシアというと、AGA専門医でも処方される、薄毛の治療では最も効果があり基本ともなっている医薬品育毛剤。正しい効果の原理、副作用を理解し、医師の処方のもと使うことで最強の薄毛治療薬になります
塩化カルプロニウムの効果と副作用!使う前に知っておくべきこと
日本国内で認可されている医薬品の育毛剤成分の一つである、塩化カルプロニウムとはどのような効果があり、副作用はどんな症状に注意していかなければいけないのか?使う前に知っておくべき情報を詳しくまとめています。
医薬品育毛剤を個人輸入代行で買わない・おすすめしない理由
海外で販売される医薬品育毛剤を輸入代行で購入することが流行っているようですが、どうしても私は納得ができません。強い作用の育毛剤を何の保証もなしに使うことに抵抗があるからです
プロペシアとロゲイン・リアップに対する考え方まとめ
プロペシアとミノキシジル含有育毛剤の考え方まとめ。なぜ「育毛課長」は市販の育毛剤を使うようになったのか?
プロペシアの効果と成分フィナステリドでなぜ発毛するか図解解説
医薬品プロペシアの成分である、フィナステリドの詳しい効果を検証する!プロペシアはなぜ抜け毛を減らし、薄毛治療の基本薬と言われるほどに効果があるのかをまとめました
プロペシアを飲んだ結果3ヶ月で変化あり?医者にも驚かれる
プロペシア導入当初、普通の皮膚科で処方してもらって飲み続け、3ヶ月で効果を確認できました。効く人であれば比較的早く髪の生え具合に変化が起きて発毛の兆しがでるのがプロペシアです
プロペシアはどこで買うのがおすすめか?皮膚科?個人輸入?
処方箋が必要なプロペシアはどこで買うのがおすすすめか?皮膚科、AGAクリニック、個人輸入のそれぞれ購入できるところを比較し、賢い処方先の選び方をまとめてみました。
プロペシアは他の育毛剤と併用し組み合わせて相乗効果を発揮させる
プロペシアは主に脱毛を抑制する効果です。しかし主な効果は抜け毛の防止のみですから、頭皮ケアと発毛促進タイプの育毛剤と併用でき、併せることで効果を高めることができます。
プロペシアの類似品フィンペシアは安心して飲めるのか?副作用は?
プロペシアのジェネリック薬品であるフィンペシアというもの。成分は同じで個人輸入などで安いですが、本当に安心して飲めるものなんでしょうか?本当に同一のものか?問題はないのかをまとめています
リアップとロゲインを比較!使ってみてどう違うのか?
同じミノキシジルという医薬品成分を含むプロペシアとロゲインはどこが違うのか?こんなに違う使い勝手。
ミノキシジルってどのような効果なの?リアップやロゲインの成分評価
リアップやロゲインの成分であるミノキシジルが頭皮にもたらす効果を解説。もともとは心臓病の薬だったのがどう発毛に効くのか??
ポラリスNR10のレビュー!最強と言われる海外育毛剤購入前の注意点
個人輸入で買える育毛剤の中でも、最強のミノキシジル濃度を誇るのがポラリスNR10。実際に使った感じや、使う前に注意しておくべきことなどを細かく検証レビューしています