ビタミン配合の育毛剤を活用して薄毛対策できるのか?

ビタミンを使った育毛剤とその効果

ビタミンC

 

薄毛人口というのは非常に多く、中には大きな悩みになっている方も沢山いらっしゃいますが、薄毛を改善する為にはしっかりと対策しなければいけません。

 

そして対策方法の一つとして挙げられるのが育毛剤ですが、その中でも近年注目されているのがビタミンを配合した育毛剤。

 

育毛剤を利用する際には配合成分に着目してみる必要があります。

 

配合成分によって育毛効果が違ってきますので、効果的に対策する為にも育毛に対して効果が期待できる成分が配合されている物を選ぶようにしなければいけません。

 

旬な話題では、お隣の韓国で発売後半年で95万本売り上げたというVitabridという育毛剤はビタミンの効果を前面に押し出した育毛剤です。現在様々な芸能人を起用したキャンペーンをしており、嘘か誠かビフォーアフターの写真なども掲載しながら効果を訴求しています。

 

こちらは現在レビューを作成していますが、使われているのはビタミンCということ。ビタミンCならば果物や野菜でおなじみですが、それがどのように作用してくるのか気になりますね。

 

 

ビタミンE(トコフェロール)の育毛効果

他にはどういったビタミンが育毛剤につかわれているかというと、まず挙げられるのがビタミンEです。

 

ビタミンEを頭皮に塗ることによる気になる効果ですが、血流改善作用がありますので、血流を良くして毛根の働きを活性化させる事ができます。

 

血流を促進することで髪の毛の成長に必要な栄養を届けることになり、育毛には重要とされるもの。血流が悪い状態ですと毛根の活動も弱くなりますので、育毛の為にも必須の存在と言えます。

 

頭皮の抗酸化作用で皮脂が毛穴に詰まるのを防ぐ

ビタミンEの作用は他にもありますが、それは抗酸化作用です。

 

薄毛を引き起こす一つの原因として皮脂が酸化する事によって発生する毛穴の詰まりですが、ビタミンEの抗酸化作用によって詰まり予防をする事ができますので、クリーンな状態の毛穴を維持する為に役立ちます。

 

他にも過酸化脂質の生成防止作用も挙げられます。過酸化脂質というのは頭皮の細胞を破壊する作用があり、脱毛を促進する原因になってしまいますが、ビタミンEによって生成され難くなりますので、脱毛の予防として効果的です。

 

ビタミンB6の育毛効果

育毛剤に入っていると良しとされる成分としては、他にもビタミンB6も挙げられます。

 

ビタミンB6は髪の毛を作り出す酵素として活躍してくれる成分となっていますので、不足してしまうと健康な髪の毛が育ち難くなるのです。

 

特に喫煙により消費されるビタミンとしても知られており、タバコを吸う人は慢性的にビタミンB6が不足することになります。

 

また、皮脂分泌を抑える作用にも期待する事ができます。過剰な皮脂というのは頭皮環境を悪化させて抜け毛を促進する原因になってしまいますので、特に脂性の人は積極的に摂取したい成分となっています。

 

以上のような成分は育毛に役立つ成分の一例ですが、そういった配合成分に着目しながら育毛剤選びを行う事によって、より効果的に育毛剤を役立てる事ができます。


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top