女性ホルモンが抜け毛を防いでいるメカニズム

男性ホルモンが抜け毛の原因物質に変化することが分かって以来、その原因物質を抑制する様々な治療法や成分が出てきました。

>>詳しくはAGAのメカニズム参照

同時に女性ホルモンが脱毛の原因物質から髪の毛の細胞を守っていることも分かったのです。

女性ホルモンのなかでも効果があるとされるのは
エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類。男性ホルモンのテストステロンというものが変化してできるジヒドロテストステロンという脱毛因子が頭皮の細胞にダメージを与えるのを防ぐという効果があるということです。

この効果を狙って育毛剤にもどう成分が配合されている(ナノインパクト+のエチニルエストラジオールなど)ありますが、医学的な臨床結果による発毛の薬とは認められていないです。あくまでもそうした効果があるということだけで、頭皮から浸透したり摂取して効果が出るのは一時的であると考えたほうがいいでしょう。

このホルモンは男性にも多少存在するもので、代謝促進に欠かせない作用も持っています。ただし女性と比べると圧倒的にテストステロンの分泌量が多いために、脱毛因子を食い止めるだけの効果は発揮できないということ。これが女性であってもホルモンバランスの崩れや更年期による分泌料低下によって、男性と同じような脱毛を発症することがわかっています。

 


このエストロゲンと同じ働きを持つものとして注目されるのが、大豆に含まれるイソフラボン。食品安全委員会が過剰摂取への影響を本格的に調べていたりする程で、効果は弱いものの確実に人体に影響は与えてくれることが分かっています。

他には亜鉛などにも同様の作用があるとされるので、もともとのミネラルとしての重要性以上に育毛ミネラルとして注目されてきています。

女性ホルモンはへたに摂取すると女性らしい体つきになってしまったり、体調を崩す恐れがあるため本格的な薄毛のホルモン治療としては発展していないですが、とりあえずは大豆、亜鉛を積極的にとることの有用性は証明されたといえますね。



育毛剤ランキングトップ10


▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10


初めての育毛剤選び5つの基準!何を使えばいいか分からない人に


なぜ薄毛・ハゲになる?諸悪の根源DHTとAGAをくわしく知っておく


意外と知らずに使っている?買ってはいけいけない育毛剤とは


目的別で違う!適材適所の育毛剤選び
M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。
ページの先頭へ戻る