女性の本音!旦那がハゲてるより髪はあった方が良いに決まっている

愛だけでは語れぬ!髪の毛は大事である

女性の本音

 

結婚もして人生落ち着いてしまった感のある男性諸氏に見てほしい。

 

普段は直接口にすることは無くても、実は髪形や髪質の変化、ボリュームが少なくなっているという状態には、自分で思っている以上にパートナーの目線は厳しくなっていると考えた方が良いです。厳しくなっているというよりも、自分が思う以上に不安な思いをさせてしまっている場合もあります。

 

もう結婚もしてるんだし多少薄毛になっても問題ないかな・・・と安心して何もしないのは危険かも。抜け毛防止、薄毛対策は少しでも意識しておいて、頭皮の健康にも気を使っていることを見せておいた方が良いかもしれません。

 

女性に旦那・彼氏の薄毛について聞いてみました

実際に世の女性が薄毛や抜け毛が増えてきた旦那のことをどう思っているか?育毛課長自身が、知人に聞いたり、インタビューをして得た「女性の本音」をまとめてみました。

 

「男だし遺伝とかもあるようなので、髪が薄くなるのは多少諦めている部分はあります。でも、やっぱり髪の毛はあった方が良い。」

 

世間体的にも不健康に見られそうだから、できればハゲないでほしい。仕事がうまくいっていないと思われそう。」

 

「出かける時にハゲていない人を見ると、どうしても比較してしまう自分が嫌。」

 

「旦那の実家に帰るたびに旦那がハゲていくのを見られて、「栄養あるもの食わせてやってないんじゃないか?」と遠回しに嫌味を言われるのがすごく嫌だ!

 

最も多かったのは、仕方ないと思ってはいても、内心はハゲないでいてほしいと思っていること。年を取ると薄くなるとは認識してはいても、やっぱりいつまでも若くてカッコよかったころを思いだしてしまうというのが大半でした。

 

世間体を気にするというのは、田舎など近所のつながりなどが強い地域の方でしょうか。ちょっと人目気にしすぎかもしれないですが、ハゲていない人が気になって羨ましく思ってしまうという意見も多かったですね。

 

旦那がハゲるのを自分のせいにされる・・・という辛辣な回答もあり。こうしてみると、パートナーである旦那が薄毛になっていくことで、自分自身に不利益を被る可能性にストレスを感じてしまっている人も一定数いるということ。そんなん知らんがな、とこちらとしては思いたいところですが、思いがけない夫婦トラブルの火種になる可能性もあり色々な考え方があることは知っておいた方が良いと思って紹介をいたしました。

 

予防医学のアンファーによる夫婦愛と頭髪に関する調査

スカルプDでも有名な予防医学のアンファーが、「夫婦愛と頭髪に関する調査2016」と題するアンケートを実施し、結果を公表しています。こちらは前半は円満夫婦のためのアンケートが続いているのですが、8ページ目を見ると以下のような結果が出ています。

 

ついチェックしてしまうパートナーのパーツを聞いたところ、夫も妻も、1 位は「髪・ヘアスタイル」(夫 36.4%、妻 57.0%)で、特に、【妻がついチェックしてしまう夫のパーツ】においては、「髪・ヘアスタイル」がダントツな結果になりました。夫の髪が気になるという女性が多いようです。

 

やっぱり一番気にしてしまうのは、頭髪ということ。服などで隠せない毎日目につく場所だけあって、髪の毛の変化には敏感になるものですよね。恐らく男性が女性を見る場合には、かわいい理想的な髪形という部分が大きいですが、女性にとってみれば先述の通り「ハゲないでほしい」という気持ちでチェックしてしまうというのが多いのであろうと思います。

 

次のページにおいて、「もっと自分好みになってほしいパートナーのパーツ」についても、お腹周りに次いで、髪・ヘアスタイルという結果に。うーん、なかなか厳しい現実です。こうしたアンケートを見せつけられると、やっぱり見た目には「妥協」してる部分があり、心の底では強い願望として残ってるものなんだなあと感じます。

 

育毛課長自身の体験:妻の本音

私自身においても、やはり以前髪が薄かったころは、妻も不安に思っていたことが分かっています。

 

実は初めは育毛剤を使っているのを妻には内緒にしていたのですが、髪の毛が増えて黒くなっていく過程を見ては、「最近少し生えてきてない?」としっかり突っ込んでくれました。それだけ頭髪の変化は敏感にチェックしていたのだと思わされた瞬間です。

 

髪がフサフサになってからは、寝るときなどに私の髪を触っては満足そうにしている・・・。髪の毛が増えた私自身よりも喜んでいる節がありました。髪が薄かったころは、「不用意に頭をさわると抜け毛が増えそうで怖かった」という心境を語ってくれたりと、口には出さずとも相当不安に思っていたのが分かりました。

 

育毛は自分自身のためというよりも、パートナーである妻を喜ばせて安心させてあげるために行うというのも一つの答えなのかもしれません。少なくとも私は自分の満足もですが、育毛に成功したことで喜んでいる妻を見て、やってよかったと思っています。

 

育毛は時間がかかり、真剣に取り組もうと思えばある程度の出費は必要になるのですが、放っておいても抜け毛・薄毛は食い止めることはできません。当サイトでは育毛に関する情報として、調べたり医師に相談するなどして得た知識をまとめていますので、興味があればぜひ他のページにも目を通していただけたら幸いです。


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top