育毛にかかる年間費用はいくらくらい?生えるまでに必要な費用

いったいいくら育毛アイテムにお金を費やせば生えるのか?

育毛にかかる費用

 

薄毛が気になって育毛を志していこうと思ったとき、一番気になるのはお金の問題。

 

育毛剤と言ってもしっかりしたものを買おうとすると、1万円近い出費になるし、それ以外にもサプリやシャンプーなどお金がかかる。そんなに費用を捻出できないよ・・・と不安に思って結局どうすればいいのか分からないという状況に陥ってしまう人もいます。

 

今回は、育毛にまつわるお金の話として、生えるまでにはどれくらいのお金が必要なのか?私自身の経験をもとにしたデータに加え、最新のアンケートで分かった育毛や薄毛予防にかける費用の意識調査に対する見解をまとめたいと思います。

 

育毛を成功させるには期限を決めて予算を組むこと

育毛を成功させるために育毛剤を使ってヘアケアをしていくならば、安易に一か月だけお試しするとかではなく、半年は予算を組んで行うべきと思っています。

 

髪の毛は1か月やそこらで急に生えるような仕組みになっていないため、よさそうなものをちょろっと使っただけで生えるような甘いものではないのです。

 

初めにお試しするのは自分に合っており副作用などが起きずに快適に使えるかどうかを判断するため。

 

その後、3か月使ってみて効いているのであれば、髪の毛自体にコシが出て手触りがゴワゴワっとしてきたり、うっすらと産毛が生え際に見てとれるようになります。

 

育毛の推移

 

このような変化をじっくり観察しながら使っていき、半年ほど使っていく過程で目に見えるような変化となってくる。私自身が育毛を検証した時にもこのような流れで髪の毛は生えてきました。

 

もちろん個人差がありこれより短く変化を感じる人もいると思いますが、あらかじめ半年程度御予算を組んで続けられるかどうかを考えたうえで育毛剤を購入していくとよいと思います。

 

育毛課長が年間にかけている費用計算

育毛はお金がかかると言いますが、結局いくら費やしているのか一度整理して毎月どれくらいのお金が育毛関連のアイテムに流れているのかを計算してみることにしました。

 

私自信が現在1か月にかけている費用はざっとこのようになります。

 

チャップアップシャンプー ¥1,640円 定価3,280円 1本2か月で使う
育毛剤イクオスIQOS(2016年9月から) ¥4,490円 定期購入価格で1セットを2ヶ月使用
アンファーAGAプロテイン ¥4,200円 サプリでは足りない髪の元タンパク質を補充
合計1ヶ月コスト ¥10,330円 1年使うと、¥123,960円

 

このような結果となりました。育毛剤は5000円以下に抑えてるものの、総額は1万円超えており意外と使ってる。プロテインに関しては、筋トレなどもしているので私のこだわりが多分に出ています。

 

年間で約12万円の出費となりますが、いずれもコレ!と決めたものはまとめ買いや定期購入することで少しでも費用を抑えるようにしています。

 

育毛に関して重要なことは、薄毛の原因となっているモノを取り除いたうえで、髪の毛の成長に必要な栄養や頭皮環境を整えるという手順が重要になってきます。このため最も重要なのは、育毛剤を使っていくことが最優先。

 

シャンプーは頭皮の汚れを取り除き、清潔な頭皮環境を整えるのに必要ではありますが、シャンプーの成分が浸透して髪が生えるようなことはありえないため優先順位としては低めです。特に頭皮にトラブルなどがなければ、高価な育毛シャンプーである必要はないというのが育毛課長の長年調べた結論になります。

 

育毛にかける費用を少しでも減らし、経済的に髪を生やしていきたいのであれば、まずは成分が優れた育毛剤を使いましょう。そのうえで余裕があれば、補助としてシャンプーなどを変えていくべきです。

 

育毛剤選びで失敗しない!正しい選び方を詳しく解説しています

 

意外と世間の人は育毛にお金かけていない??

予防医学のアンファーが「夫婦愛と頭髪に関する調査2016」と題したアンケート結果を公表しました。

 

こちらによると、男性500名が薄毛予防・頭皮ケアにかけてもよい金額は「0 円」が 36.8%と全体の 1/3 を占めましたが、「1,000 円~3,000 円未満」が 33.6%となったほか、「3,000 円~5,000 円未満」(9.4%)、「5,000 円~10,000 円未満」(8.4%)、「10,000 円以上」(2.6%)との回答もみられ、0 円も含めて算出した平均金額は 1,439 円でした。

 

このような結果を公表しているのです。0円が36.8%とは・・・アンケートに答えた人が薄毛にどの程度悩んでいるかにもよるのですが、平均で使ってもいいと思う金額が¥1,439円とは意外。1万円程度も費用をかけている私は少しお金を使いすぎなのかとも考えてしまいました。

 

ネットなどで人気の育毛剤を買えばそれだけで1万円近くするため、現実にはそれ以外の価格の安い育毛剤を使っているか、もしくはシャンプーでのヘアケアにとどめている人が多いのでしょう。

 

もう一つ、パートナーである女性が「男性が頭皮ケア・薄毛予防対策に使ってもよいと思う月額の金額のデータ」も公表しています。

 

「0円」は13.8%、「1,000円~3,000円未満」が49.2%、「3,000円~5,000円未満」が11.2%、「5,000円~10,000円未満」が 12.6%となり、0 円も含めて算出した平均金額は 1,888 円

 

こちらでは若干高めの¥1,888円という金額で、パートナーとなる男性には頭皮のケアも意識して年をとってもカッコいいスタイルを保ってほしいという願望が現れていると感じられます。

 

ただしそれぞれ1万円以上費用を育毛にかけていいというのは2%台にとどまっていることから、やはり普段の生活に関する出費が最優先で、あまり大きなお金をかけてまで育毛するのは躊躇されてるようです。確かにハゲでも死にはしませんが、治療のために生活まで切り詰めては本末店頭です。今回のアンケートはパートナーがいる男女となっていましたから、同じように伴侶がいる場合には無理なく育毛予算を捻出しいってほしいです。

 

薄毛に悩む人は全国に1600万人ともいわれ、薄毛を治したいという人は確実に増えています。しかし、薄毛治療となると育毛剤を使うにしても、クリニックなど病院で治療するにしてもお金は安いものではありません。治療を望む人が増えれば、それだけ様々な研究がされて費用の安くてよい商品も出てくると思いますので、こうしたアンケートをもとに開発メーカーの人には頑張ってほしい限りです。

 

補足コラム:育毛にhはお金がかかるイメージ持ってる人が多い

育毛にはお金がかかるということで躊躇している人も多いように思います。育毛課長自身が以前ネットを使ってアンケートを実施した時には、「育毛というとサロンで高額なお金がかかる」というイメージを持っている人が意外といることが分かりました。

 

ここで出た育毛サロンでは月額50,000円相当が相場となり、さらにオプションを付けて通えば1つのコースで40万円から100万円と膨大に膨れ上がります。それで効果があればいいのですが、現実的な費用対効果を考えて薄毛治療するのであれば費用がかかりすぎですよね。

 

ただし実際には育毛サロンといくのは医学的な発毛とは程遠く、ただ頭皮をマッサージしたり第3者によって育毛剤を処方してもらうなどの一時的なケアにとどまります。

 

参考:育毛サロンの正体とは・・・本気で薄毛治療したい人には無縁な場所

 

お金の切れ目が髪の抜け目となってしまっては元も子もありません。お金が続く人はいいですが、それが生活を圧迫するようではストレスになり逆効果です。無理の無い範囲で育毛するとなれば、基本となる育毛剤を使っていくのが一番。

 

一度毎月どれくらいの費用を捻出できるのか、育毛にかけられるお金はいくらかを計算して自分に合ったアイテムを使っていきましょう。


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top