更年期からのハゲ薄毛対処方法

年齢を重ね、更年期になってしまうと若いころと比べ、全身の機能が弱ってしまいます。また、それに伴い髪の毛の量が少なくなってきてハゲてしまいます。

 

更年期になってくることで発症するハゲの原因は、年齢により頭皮の新陳代謝が低下することと、ホルモンのバランスが乱れてしまうことです。

 

頭皮の新陳代謝がうまくいかなくなると、細胞の再生や修復がうまくいかないために、頭皮にダメージが積み重なってしまいます。頭皮のダメージの蓄積により、頭皮の環境が悪化してしまい、髪の毛が生えてこなくなってしまうのです。

 

更年期は頭皮の細胞の老化も合わさって脂質の分泌のバランスがおかしくなっているために、より頭皮が敏感になってしまっているということです。

 

 

 

ホルモンバランスが原因によるハゲも更年期特有の悩みです。ハゲに影響のあるホルモンは主に、女性ホルモンと成長ホルモンです。女性ホルモンは髪の毛の生成に関わっているホルモンです。

 

女性が男性よりも髪の毛について悩みが少ないのは、この女性ホルモンの量が男性よりも多いために、髪の毛が育ちやすい状態になっているからです。具体的には男性ホルモンが原因とされる脱毛促進酵素から細胞を守っています。

 

年齢を重ねるとともに、この女性ホルモンの分泌量が少なくなるために、髪の毛が少なくなっていき、ハゲてしまうのです。

 

 

成長ホルモンの分泌量が少なくなることもハゲに影響します。成長ホルモンは細胞の再生や修復を行ってくれます。この成長ホルモンの分泌量は思春期をピークとして、徐々に分泌量が減っていくのです。

 

更年期ではこの成長ホルモンの分泌量が極端に少なくなってしまうために、頭皮の細胞の修復がうまくいかなくなるために、ハゲてしまうのです。また成長ホルモンは新陳代謝にも影響を及ぼします。成長ホルモンがうまく分泌していると、体の細胞の再生が早いために、新陳代謝が良くなるのです。

 

以上より年齢によるハゲの進行を食い止めるためには、女性ホルモンと成長ホルモンの分泌を増やすことがポイントになります。

 

 

 

そのためにはまずは規則正しい生活を送ることが大切になります。特に成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されるので、良質な睡眠をとることが大切です。育毛を真剣に考えていくのであれば、まずは睡眠の確保が優先事項になってきます。

 

その上で老化した皮膚の細胞を活性化させるために、アンチエイジングも視野に入れた食事やケアをしていくと相乗効果が期待できます。

 

最近では育毛剤でも頭皮老化に着目したリゾゲインというものがでてきており、更年期を初め頭皮の老化が原因されるハゲの症状に効果が期待されています。興味がある方はレビュー記事も書いてみましたので、参考にしてみて下さい。

 

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top