オーバートレーニングで薄毛になる?

ハゲになる筋トレ方法をやっていないか?

筋トレを行うことでハゲ・薄毛になることはありません。

 

むしろ、筋トレを行うことで基礎代謝の向上につながり、育毛をサポートする効果が期待できるため、健康管理のために実践すべきでしょう。

 

ただし、下記に挙げる“間違った筋トレ”によって、ハゲ・薄毛が導き出されるということは十分に考えられます。

 

ハゲはホルモンバランスの影響によるため、しばしば関係性を問われますが、「ホルモン」といっても数多くの種類が存在し、一概に男性ホルモンの増加がハゲと結び付くわけではないのです。

 

ハゲと筋トレの関係性はあるのか?

筋トレを行うと男性ホルモンであるテストステロンの分泌量は増加します。そのためハゲとの関係性が容易に考えられますが、男性ホルモンそのものは薄毛と直接的な関係はありません。

 

薄毛の原因AGAの仕組み図

 

筋トレによって、5α還元酵素の分量や男性ホルモン受容体の感受性(結合性)が増すという心配もありません。このことから、筋トレによって育毛の敵である脱毛原因物質のDHTの生産量が増加するということにはつながりません。

 

逆に薄毛を恐れて筋トレを控える様な行為は、テストステロンの分泌量を低下させてしまうので育毛的には逆効果となる可能性があります。

 

なぜなら、DHTはテストステロンをサポートするという役割を担っているからで、これによりAGAは高齢になるほど発症率は高くなります。このために、育毛という観点からいうと筋トレはマイナスと言い切ることは出来ません。

 

しかし、いくら関係性がないと言っても、次のような筋トレ方法を実践しているとハゲになる可能性が高くなります。普段から筋トレを行っている方は、注意して何度も読み返してみてください。

 

プロテインの過剰摂取に伴うハゲの誘引

効率的に筋トレを行うにはプロテインを併用することが大切だと思っていませんか?

 

実はプロテインとは、単にタンパク質を粉末化したもので、筋肉増量効果や男性ホルモン増量効果があるわけではありません。想像しているよりも至ってシンプルなもので、ダイエットや簡単なトレーニング程度の筋トレと位置づけている方にとって、プロテインは全く必要のないものになります。

 

農林水産省の発表によれば、日本人男性に必要なタンパク質の摂取量は50gとされています。しかし、プロテインを1日1杯(20~25g)摂取すると、それだけでタンパク質を25~30g摂取することになってしまいます。

 

一般的に、今の成人男性から「タンパク質不足」という報告はほとんどなく、通常の食生活を送っていればまず不足することはありません。従って、むやみやたらとプロテインでタンパク質を摂取すれば、腎臓に負担をかけ、肥満を誘発し、ハゲ・薄毛に繋がることが考えられます。

 

オーバートレーニング症候群によるハゲの誘引

筋トレは毎日行うものではありません。鍛える・休む・鍛える・休む・・・というサイクルが重要であり、毎日やることが筋力増量や健康維持につながるものではないのです。

 

魅力的な体を目指し、もっとスリムになりたい、細マッチョになりたい、痩せたい、と願う人の中には、このような勘違いをされ、毎日筋トレに励んでしまう方も多いと思います。このような過剰な筋トレをしてしまう人をオーバートレーニング症候群と言い、軽度なランナーズハイ状態が日常生活の中でも継続してしまうのです。

 

これによって、

  • 疲れが取れない
  • 熟睡できない
  • 過食気味になる
  • 動悸が激しい
  • 落ち着きが無くなる

という精神性の症状を引き起こしてしまいます。

 

オーバートレーニング症候群を発症すると、ストレス性のうつ病、不眠症といった病につながり、育毛活動を大きく妨げる原因となります。心当たりがある場合は、寝起きに心拍数を計ったり(成人男性の平均心拍数は50~90)、トレーニングの頻度を抑える計画を立ててみましょう。

 

「超回復」を意識しないと疲労が取れずハゲにつながる

筋肉は「筋トレ時」ではなく、「休息時」に成長する仕組みになっています。これを超回復と言い、充分な筋トレを実行したら、48~72時間以上の休息を取らないとただ疲労がたまるだけになってしまいます。

 

筋トレをしていなくても、この「超回復」を無視した生活を送ることは先ほどのオーバートレーニング症候群にもつながっていきます。2~3日間隔で筋トレをしているのに疲れが取れない、筋肉痛の治りが遅い、という場合は、筋トレ方法や間隔に問題があるのではなく、超回復ができていないとみるべきです。

 

「筋肉痛が取れないのは年のせいかな」と自己解釈して終わらせてしまうと、あなたのハゲはどんどん深刻化していくことでしょう。

 

正しい筋トレ方法を実践すれば育毛を確実にサポートできる

このように、筋トレが育毛を妨げる要因は確かにあるものの、ホルモンバランスの乱れが影響するものではないことがわかりました。

 

正しく実践すれば健康維持・基礎代謝向上につながり、確実に育毛活動をサポートする存在となります。実際に育毛課長は、自宅に筋トレ器具を完備し、体のメンテナンスまで抜かりありません。

 

筋トレ 

 

何においても同じことがいえますが、育毛は総力戦!外部からのケア(育毛剤)はもちろんのこと、内部のケア(筋トレ・生活習慣)もしていくことで相乗効果を得られます。トレーニングにおいても、メリット・デメリットを理解しながら並行していくことが育毛成功の近道となるはずです。

 

 

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top