植毛と育毛剤

植毛に対する考え方

薄毛の悩みを克服する方法として、植毛という方法があります。

植毛とは読んで字のごとく生きた髪の毛を薄くなった部分に移植し成長させていくというもの。大きく分けて自毛植毛と人工植毛の2つのパターンがあるようで、クリニックによって取り扱いが違うようです。

自毛植毛は自分の頭皮の中でも元気な部分の髪の毛を細胞ごと移植する方法。通常は後頭部などの抜けにくい部分から移植してくるという方法がとられます。その分自分の頭皮に移植できるだけの髪の毛が存在していることが前提となります。

対して人工植毛は人工的に作られた髪の毛を植えつけるか、他人の髪の毛の細胞を移植して根付かせるという方法。自分が完全に禿げ上がっていたとしても他から持ってくる髪の毛でスので移植できる上限はありません。その分手入れのコストがかかったりやトラブルが多い方法です。

有名なところですと紀尾井クリニックなどが人気があるようで、雑誌などの広告でも目にすることがあります。ネットなんかでも評判がいいようで、本格的な自毛植毛を処方してくれるということ。



動画では大雑把にしか紹介されていませんが、実際にはミクロレベルでの繊細な移植技術であり、育毛の業界の中でももっとも高度な技術を必要とされる分野だそうです。綿密な治療計画を立て、もっとも自然なボリュームを出す為に移植する密度などを計算して処方します。

定着率は95%ということで、一度根付いてしまえば普通の髪の毛として成長し生えては抜けるというサイクルを繰り返してくれるということ。説明だけ見ているとまるで夢のような技術に思えてきますね。

実際の1回の治療時間は数時間ほどですが、初期定着のためにガーゼなどで2、3日固定する必要もあるそう。さらに完全に定着していく為には2ヶ月から数ヶ月必要であるとのこと。

気になるのは植毛にかかる値段ですね。自毛植毛で80万円から200万円ほどの費用がかかり、安い人工植毛などでも20万円からということで莫大な費用がかかります。それだけに比較的資金に余裕の有る方や芸能人などが利用するケースが多いとか。よほどの覚悟がなければ金銭的に多大なコストがかかることを憶えておきましょう。

体験者の写真や話などを見ていくとわかるのですが、科学的に植毛できる髪の毛の密度には限界があり完全にフサフサな状態を手に入れるのは難しいというのが分かります。密度を増やそうとすればそれだけ失敗のかつ率も高くなり、満足の行く結果が得られるかどうかは疑問が残ります。

さらに失敗した時のデメリットなども考慮すると、少し躊躇してしまいますね。もうどうしようもなくなった時の手段として考えておくようにしています。

育毛課長の結論は・・・

結論としては植毛のリスクとかかる費用を考慮すれば、育毛剤によって自分の力で発毛を促進していくという自然なやり方がおすすめです。まずは自分の生活を見直しながら、育毛剤の力を借りて髪の毛が成長する環境を整えていくのが一番だと思います。

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top