薄毛に育毛トニックは効く?

民間薄毛治療トニックと育毛の関係

 

薄毛や抜け毛の悩みを抱える人は日本人の約4分の1と言われており、この悩みを抱える多くに人は何らかの対策をとっていることでしょう。

 

以前は薄毛は医療としての側面がそれほど高くはなく、円形脱毛症などの突発性脱毛や出産後の脱毛、抗がん剤治療などの後に現れる脱毛など以外の自然脱毛や男性型脱毛症(AGA)の場合医療分野でそれほど重要視されておらず、治療や医療的処置などが進んではいませんでした。

 

その理由として、薄毛は生命を脅かす要素がなく、薄毛の人の悩みというメンタルな部分だけの問題でしたのですが、近年増加する薄毛の人に医療での発毛分野が進み、同時に育毛という分野でも発展しました。

 

発毛医療が進んだこととして、それまでそれほど進んでいなかった発毛という分野ではなく、前立腺疾病の治療を行う患者に薬物療法をしていたところ、患者の多くに発毛が確認されたという副作用が発毛薬の研究へと発展したのです。

 

通常医療では、例えば抗がん剤治療を例にとって挙げると、初期の治療で入院により2週間程度医師や看護師のもとで医療を受けます。

 

そこで重要となるのは、初期で患者にどのような副作用が現れるかであり、副作用の出方を見て投与する薬物をカスタマイズして患者に合った治療方法でコントロールするのが一般的で、医師にとって副作用は主作用を最大限に引き出すための判断材料となります。

 

前立腺疾病の治療薬として世に出た薬物の副作用が、薄毛改善の主作用を引き出したことはこのことからも言え、また、この治療が薄毛改善の薬品として利用される中で、心臓への負担や男性機能低下などの副作用ももたらし、その副作用出かたで、薬をコントロールし、治療方法を変えていくのが医師の仕事です。

 

この医療が発展したこと副作用のない育毛剤研究も同時に進み、民間の製薬会社などが取り組む育毛トニックなども多くなりました。

 

ただ、医療用発毛剤のようにエビデンスに沿ったものではないため、副作用や主作用の根拠に今一信憑性が欠けるにしても、薄毛改善の一躍を担うものであることは間違いないですね。

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top