バスクリン育毛剤「髪殿」の検証口コミ!漢方研究100年の評価は?

髪殿の漢方成分は育毛にどんな効果があるか?

髪殿

 

入浴剤でも有名なバスクリンが販売している「髪殿」という育毛剤があります。

 

発売は2年以上前ですが、現在も通販限定の薬用育毛剤として売られており、ネットの広告でもよく見かけたためどんな育毛剤なのか気になって購入してみました。

 

バスクリン公式:髪殿商品紹介ページ

 

髪殿はバスクリンが漢方薬の100年以上の研究の知見と先端科学の融合と言っており、男性向けの薬用育毛剤(医薬部外品)です。

 

育毛剤における漢方成分の位置づけとしては、

 

・緩やかに作用するため副作用の心配が少ない
・処方箋なしで買えて安く育毛できる
・複数の薄毛の症状にアプローチできる

 

こうしたメリットがあり、現在の医薬部外品の育毛剤はほぼ漢方成分が主体と言っても過言ではない状況です。

 

その中でも明確に漢方研究をしてきたバスクリンが開発しているとあって、なかなか興味深い育毛剤であるといえます。

 

まずは配合成分をチェックしながら、実際に使ったときの使い心地や、どんな人におススメできる育毛剤なのかを検証していきます。

 

配合されている漢方成分の効果と期待値

髪殿成分

 

髪殿に配合されている成分は、5種類の厳選された漢方成分と、保存料・溶剤としてのエタノールのみ。非常にシンプルな構成です。それだけこの成分に自信を持っているということなのでしょう。

 

まず医薬部外品として、育毛・発毛促進・脱毛の予防・フケかゆみに有効とされる成分は以下の3種類。

 

ショウキョウチンキ・・・頭皮血行促進
センブリエキス・・・頭皮の血行促進
ニンジンエキス・・・血行促進と細胞活性化

 

その他成分、ボタンエキス、桑エキス、エタノール、無水エタノール

 

センブリとニンジンエキスは他の育毛剤でもよく見かけますが、ショウキョウチンキはあまり見ない成分。調べてみると、バスクリンオリジナルの生薬として開発されたものということ。

 

ショウキョウチンキはショウガオールを多く含む成分としています。ショウガオールは生姜の辛み成分で、末端の毛細血管を拡張して血流を促進する作用があるものです。センブリ、ニンジン、とその他成分に配合されるボタンエキスによる血流促進に加え、ショウガオールで毛細血管を拡張することでその作用を高めようという狙いですね。

 

桑エキスだけが目的が異なり、抗酸化作用があるフラボノイドを含むために使われています。頭皮の皮脂の酸化を防ぎ、ベタつきや環境の悪化を防ぐ作用が期待できます。

 

基本的な育毛理論は、血行促進に有効とされる3種類の有効成分とボタンエキスの複合作用で、他の育毛剤よりも優れた血流を毛根に送り、毛根にある毛母細胞が活性化して髪の毛を作る力を高めるというのが髪殿の効果です。

 

髪殿を実際に使ってみて分かったこと

髪殿

 

髪殿を実際に使った使い心地はどうか??

 

髪殿はスプレー式の育毛剤であり、朝の身支度やお風呂上りにサッと頭皮に塗れるタイプの育毛剤です。スプレーは拡散せずに出ますので、髪が長めの人でも塗りやすい形状。

 

しかし、使ってみてまず気になったのはエタノールの鼻を衝く刺激でした。

 

近年はエタノールの刺激を抑えて、ほぼ臭いがしない低濃度での成分構成に成功している育毛剤が増えています。髪殿は育毛剤らしいニオイや、漢方薬を思わせる臭さは一切ないものの、使うときのエタノールのニオイは強めです。

 

当然頭皮にも刺激があります。すぐに揮発するので問題ない人は気にしないかもしれませんが、肌が弱めの人やアルコールのニオイが苦手な人は注意すべきです。

 

漢方薬が複数配合されているとしていますが、育毛液自体は透明な液体。むしろ濃い成分を使っているからこそ、強めのエタノール溶剤が必要だったという見方もあります。

 

頭皮に塗ってマッサージをするとじんわりと浸透していきます。ベタつきもないので、育毛剤を使っているとバレる心配はありません。この点は不安なく使える要素です。

 

ネットで他の人の口コミなども調べてみましたが、実際に使っていると言う人の声が少なく、どれくらいのユーザーがいるのかがつかみにくい育毛剤です。

 

アットコスメなどをチェックしていると、「染めた髪の毛が色落ちした」という声もあり、染色後すぐに使うのはやめた方がよさそう。

 

髪殿を買った人の反応をみるため、ツイッターなどSNSも調べてみましたが、他の育毛剤に比べて一般ユーザーの投稿は少なく、口コミから情報を得るのは困難でした。

 

初期の薄毛の予防には良いが比較検証すべきか

バスクリンの髪殿を検証してきましたが、育毛剤としては有効成分を配合した医薬部外品であることから、頭皮の血行促進による毛根の細胞分裂活性化は期待できます。

 

ただ具体的なそれぞれの配合成分の絶対量が分からない点と、いかに植物由来のアルコール使用とはいえ、刺激が強すぎる点も肌が弱い人にとっては懸念材料になります。

 

個人的意見も交えると、やはり効果的な育毛には抜け毛の防止と髪の成長促進、頭皮の健康維持という3ステップの融合は外せないと思っています。髪殿は成分こそ実績あるものが使われていますが、配合数は少なく、原因が多岐にわたる現代人の薄毛に対処するのはこれ1本では難しい部分もあるのではないかというのが本音です。

 

バスクリンの通販サイトでは、定期契約なしの買い切りトライアルセットが用意されているため、興味を持ったのであればまずはトライアルから始めて使用感に問題なければ使っていくことをおすすめします。

 

関連:失敗しない育毛剤選びの5つの基準と選び方

 

育毛課長トップへ戻る


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top