産後の円形脱毛症の原因と悪化させないためのベストな治療法

産後に起きやすい女性の円形脱毛症の原因と対策

 

女性の多くが抱える悩み。産後の円形脱毛症はなぜ起こってしまうのか?

 

まず円形脱毛症とは通常の抜け毛・薄毛の仕組みとは異なり、免疫機能の低下により起こるということを知っておく必要があります。

 

円形脱毛はその名の通り、頭皮の一部分だけが斑点のように毛が抜け落ちる症状です。これはホルモンバランスの崩れで部分的に皮膚のバリアが低下し、炎症を起こして皮膚炎を伴って抜け落ちます。

 

通常は自然に治ってまた髪の毛は生えてきます。その部分だけ一生毛が生えてこないということはないので安心してください。円形脱毛を発見した場合は皮膚科を受診し、抗炎症の塗り薬を処方してもらうことが最適解となります。

 

産後の女性が円形脱毛を発症しやすい理由

出産経験者の約7割の方が、出産後の脱毛が気になったと言われています。さらに脱毛が進んで円形脱毛症ができてしまったという方の経験談もあります。出産後になぜ脱毛が起こるのでしょうか?

 

女性ホルモンには、髪の毛が抜けないように保つという働きがあります。妊娠中は女性ホルモンが通常よりも増加するため常に髪の毛が抜けにくい状態になりますが、出産と同時に女性ホルモンが急激に減少するため、そこで一気に髪の毛が抜けやすくなってしまいます。それに加えて子育てや睡眠不足などのストレスが加わると、円形脱毛症を発症しやすくなると言われています。
また、母乳で栄養を取られてしまうため、頭皮の血流不足や栄養不足が原因になったり、アトピー性皮膚炎をお持ちの方や遺伝などでも円形脱毛症が起きたりします。円形脱毛症は、こめかみ、つむじ、頭頂部、後頭部などさまざまな箇所に発生する可能性があり、大きさは1円玉から500円玉までと多種多様です。

 

産後の円形脱毛症を防ぐには?

産後の女性ホルモンの減少は誰にでもあることですので、産後の抜け毛は避けようのないことです。女性ホルモンが完全に回復するまでは、あまり悩まずに髪の毛が戻るのをゆっくりと待つという意識でいましょう。

 

髪の毛は長くてもおよそ半年~1年ほどで自然回復してきます。逆に抜け毛でイライラしたり、子育てや睡眠不足でストレスを感じてしまったりすると、かえって脱毛が進んでしまい、出産前のフサフサした髪の毛にいつまでも戻らないなどの悩みの原因になります。

 

これ以上抜け毛が進行しないためにも、のんびりとした気持ちで日常生活を送ることが大切です。旦那さまや家族の方々にも協力を仰ぎ、皆さんで子育てをするという環境で育児を分担してもらいましょう。

 

また、頭皮が血流不足や栄養不足にならないためには、規則正しい生活習慣を心がけ、バランスの良い食事を取ることも大切です。常にバランスの良い食事を取ることが難しい場合は、栄養補助としてビタミン剤や育毛サプリメントを利用するといいでしょう。また、育毛剤や育毛シャンプーを使用するなど、髪の毛に対し積極的にケアしてることが予防に繋がります。

 

産後の円形脱毛症が長引く場合の治療方法とは?

「産後の円形脱毛ができてしまった」という場合には、外用薬で抜け毛になっている部位の炎症を治療しながら、徐々に生活のリズムを整えていきます。

 

症状がひどい(500円玉クラスの抜け毛がある場合)や、日増しにひどくなっている場合は、下手に育毛剤に手を出すよりも病院へ行くのが確実です。

 

市販の育毛剤でも円形脱毛に対応したものは売られています。ですが、人によってはこの薬の効果に差があり、なかには全く効果が無い場合もあります。外用薬としては「ステロイド外用」、「塩化カルプロニウム外用」、「ミノキシジル外用」などがあげられます。

 

しかし、これらは妊娠中や産後の女性には使用を控えるべき薬で、安易に自己判断で使用するのはやめましょう。

 

産後の円形脱毛症が続くようならば専門医への受診を

「産後1年を過ぎても円形脱毛が起こる」というならば、頭皮の脱毛専門の医師に看てもらうという方法もあります。頭皮のトラブルに特化しており、症状に合わせて最適な薬を投薬してもらうことが可能です。

 

知っておきたい円形脱毛治療で処方される薬

円形脱毛症でよく処方される内服薬の1つに、「セファランチン」があります。セファランチンには抗アレルギー作用や血行促進、免疫機能強化、血液増加、抹消血管拡張などの作用があり、血流不足になった頭皮の血流が改善し、栄養がスムーズに送られるようになります。

 

セファランチンは副作用が比較的少ない薬ですが、多少の胃のむかつきや吐き気、食欲不振などの症状が出ることもあります。他にも「ステロイド内服」や「抗アレルギー薬」、「グリチルリチン、メチオニン、グリシン複合材」などの内服薬があります。

 

また、外用薬としては「フロジン液」が円形脱毛症にはよく処方されます。緑色で少し刺激臭があり、脱毛している部分に直接塗布します。この薬には血管を拡張して血流を良くするという働きがありますので、機能が低下している毛根部分に血液を送り込むことができます。

 

円形脱毛症の薬には内服薬と外用薬があり、症状に応じた薬を処方してもらうことができます。冷却治療や紫外線療法、スーパーライザー療法(直線偏光近赤外線照射療法)、点滴静注ステロイドパルス療法などの皮膚科にはない専門治療を受けることができるのがメリットです。

 

極度に不安にならずに落ち着いて対処しよう

通常、産後の脱毛はかなりの方に見られる現象であり、時と共に自然に回復しますのであまり気に病む必要はありません。円形脱毛はほとんどが一時的なもので、一生抱えなければいけないものではないのです。

 

皮膚科もしくは、頭皮の発毛ケアを専門に行っているクリニックを受診して、じっくり向き合っていくことが治療への近道です。

 

脱毛が円形脱毛症にまで発展してしまうようならば、まずは生活習慣の乱れやストレスをチェックし、改善してみましょう。その上で、脱毛が続くようならば毛髪専門医への受診をおすすめします。

 

女性向けの治療を強化している薄毛治療院へのリンク

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top