便秘と薄毛の関連性!腸環境悪化が薄毛のリスクを高める理由

便秘・腸内環境の悪化が薄毛リスクになる3つの理由

便秘と薄毛の関係性

 

便秘の人は薄毛になりやすい?という情報の真意。薄毛や抜け毛になる原因は様々で、生活習慣が要因となっているのは有名な話。

 

しかし、便秘も薄毛になるという情報も出ているため、便秘を悪化させることにより薄毛になってしまうのかどうかについてを詳しくまとめてみることにしました。

 

基本的に便秘だからと言って、薄毛や抜け毛の直接的なリスクにはなりません。特に便秘になりやすい女性で、薄毛の不安を感じる人が多いですが便秘=ハゲるわけではないので一旦落ち着きましょう。

 

例えば便秘で腸内に毒素が充満すると、それが体外に出てきて抜け毛になるとか言われたりしますが、そのような単純な理屈ではないのです。

 

ただし、直接抜け毛の原因ではなくても、腸内環境が悪化していると間接的に抜け毛・薄毛のリスクを高める要素があるという点について解説をしています。

 

腸環境悪化で免疫力低下=頭皮トラブルの原因に

便秘と薄毛の関係性

 

便秘というと腸内の環境が悪化して、正常な便の排出ができなくなっているいる状態。また便秘とは逆ですが、下痢の状態も腸内の悪玉菌が多くなり、腸の活動が低下している状態です。

 

腸環境が悪化していることで、髪の毛の成長に悪影響を与えてしまう原因となることがあります。

 

一番にあげられるのが、腸がつかさどっている免疫力の低下です。腸内には体の免疫細胞の8割近くが密集している部位であるため、悪玉菌が優位になり免疫系が正常に働かないと、ホルモンの分泌が低下してしまいます。

 

ホルモンは私たちの意志とは無関係に、体の生体機能を動かしている自律神経の行動源になるもの。このため自律神経のバランスが崩れやすくなり、体のいたるところに影響が出てきます。

 

自律神経のバランスが崩れると頭皮の肌荒れに繋がる

髪の毛に関する項目として、自律神経のバランスが崩れたときに起こることに、皮脂の分泌異常があります。毛穴には汗腺と皮脂腺があり、老廃物を出すとともに皮脂を出して肌を守る働きをしています。

 

皮脂は自律神経で分泌量が制御されているため、バランスが崩れることで過剰に分泌されて毛穴を詰まらせたリ、分泌されなくなって乾燥して頭皮に炎症を起こすなどのトラブルを引き起こすのです。参考:自律神経と髪の毛の関係性

 

栄養の吸収効率が落ちて髪の毛に届かない

腸環境

 

腸の働きにはもう一つ重要なものがありますよね。食事や育毛サプリなどで摂り入れた栄養素の吸収です

 

腸で吸収された栄養素が血液に乗って運ばれることで、頭皮の毛根にある「毛母細胞」「毛乳頭細胞」に栄養を届け行きわたります。

 

腸環境が悪化しているとせっかく消化された食材から栄養を十分に吸収できず、必要な栄養素が取り込めない状態になってしまうのです。

 

腸環境悪化でビオチンが不足!ビオチンの髪への影響

もう一つ、腸内では善玉菌によってビオチンというビタミンが生成されます。ビオチンは髪の毛・頭皮の皮膚を健康に保ち、丈夫な髪を育てるのに必要なビタミンです。

 

腸環境が悪化して悪玉菌の割合が増えれば、重要なビオチンが生成されません。ビオチンは食事からとることもできますが、食事をとっていない時間でも生成してくれるのは腸内細菌のなせるわざ。

 

参考:髪の毛の成長に欠かせない重要なビタミン

 

便秘が薄毛に繋がる可能性について書いてきましたが、間接的に髪の成長に関与していると言えど、体全体で見れば極めて不健康で髪の毛以外にとってもよろしくない状態になっています。

 

特に腸内の善玉菌は加齢により少なくなっていくことが分かっており、年齢とともに髪がやせ細ったり抜け毛が急に増えてきたという場合には、腸内環境の悪化が一因として関与している可能性は否定できません。参考:明治乳酸菌研究最前線

 

便秘や下痢は普段の生活で予防していき、普段から便秘がちであるという人は現状に甘えずに改善するために行動しましょう。便秘改善に良い生活が、イコール薄毛になりにくく丈夫な髪を育毛していくことに繋がるのです。

 

負担なく普段の生活で腸環境を改善する工夫をする

便秘がやっかいなのは育毛と同じくすぐには改善できず、健康な腸を作るためには時間をかけて生活を改善していく必要があります。

 

腸内環境を改善する方法はたくさんありますから、普段生活で無理なく便秘・下痢を解消していくために、できることを取り入れて行ってみましょう。

 

毎日食べる食事に注意!腸にいい食事は髪にも良い!

腸内環境を整えて便秘を改善していくには、まずは普段の食事の改善から取り組んでいくのが一番自然です。

 

和食

 

腸環境を改善させるために多く摂りたいのは、乳酸菌をたくさん含んでいる発酵食品。

 

  • 納豆・・・菌以外にも髪の栄養になるタンパク質とナットウキナーゼのサラサラ効果
  • 味噌・・・みそ汁など自然に食べれて乳酸菌摂取可能。ただし塩分摂りすぎには注意
  • 漬物・・・同じく乳酸菌が多くご飯のお供に最適。塩分摂りすぎには注意
  • キムチ・・・乳酸菌に加え、カプサイシンの作用で代謝がアップする

本来日本人はこうした食材に恵まれていたため腸環境は強いものでしたが、食生活の変化ですっかり食べなくなったという人も多いと思います。乳酸菌は何もヨーグルトだけに含まれているわけではないので、無理なく食べられるものを選んでいくのがいいです。

 

他には魚は優れたタンパク質であると同時に、腸内善玉菌の栄養にもなるオメガ3系脂肪酸が豊富。せっかく食べるなら、腸環境を改善しつつ、育毛にも良いものを取り入れていくのが効果的ですね。

 

育毛に良い食事・食材をとって髪の毛に栄養を与えよう

 

逆に、肉類などは食べすぎると悪玉菌のエサになるため、ほどほどに控えて和食を中心とした食事に切り替えていくのがすべての健康の要であるともいえます。

 

水分を適度に摂取!便を出しやすい状態にする

水分補給

 

便秘を解消するためには、便を柔らかくするために水分を摂取することも忘れないようにしましょう。

 

普段日中ってあまり水を飲む機会が少ない人もいるのではないでしょうか。3回の食事と喉が渇いたタイミングだけではなく、小分けしてこまめに水分を摂っていくことが大切。

 

特に寒い時期は喉が乾かないので水分補給が少なくなりがち。冷えで便秘も悪化しやすいため、白湯(ぬるま湯)を効果的に飲むようにして便のカサを増すようにしていきましょう。

 

腸環境悪化のために乳酸菌サプリを取るということもありますが、あれもこれもお金をかけていくのは大変。すでに育毛剤を使っているならば、焦らずに日々の食事と生活を少し工夫することで便秘を解消するために意識を向けてみましょう。

 

この記事を見ている人が、まだ髪の毛はあるけど、便秘が不安で情報を見ているというだけであれば、コストが低く乳酸菌数が多いサプリを摂っていくことで無理なく腸環境を改善していくことができます。

 

育毛課長によるまとめ

便秘と薄毛の関係性についてまとめてきましたが、育毛は髪の毛だけに目を向けるのではなく、体全体の健康を実現していくものでもあります。

 

意外なことが抜け毛に繋がっていたりするので悩みは尽きないものですが、突き詰めてみれば健康に良いものは育毛にも良いという結論に行きつくもの。

 

どちらも一朝一夕で解決するものではありませんから、焦らず情報を収集してやらなければいけないことを一つ一つ実践していってください。


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

殿堂入り育毛剤:チャップアップを改めて検証 低コストでも成分が充実のイクオスIQOS

チャップアップ

安全性と育毛への作用が十分検証された成分を配合した安全性にこだわったのがチャップアップ。ネットでも紹介するサイトが多い中、効かないとする口コミも多数。実際どうなのか?という部分を、1年使い続けて検証した結果をまとめました。

≫チャップアップ育毛剤1年の検証結果まとめ

iqostop

イクオスIQOS育毛剤は低コストで使用できながら、新しい成分も配合してきている実力派育毛剤。サプリメントの成分も増強し、手堅く続けていきたい人に買われている育毛剤として人気を維持しています。

≫IQOSイクオス育毛剤のリアルな口コミ評価


育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10


買ってはいけない育毛剤

意外とある買ってはいけないNG育毛剤>>

育毛剤効かなかった時

育毛剤を使い続けるか悩んだ時に再確認>>


現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。
page top