抜け毛を防ぐにはシャワー水圧は高くするか低い方が良いか?

シャワーの水圧が頭皮に与える影響について

シャワー水圧

 

シャンプーをするときに、シャワーを使って髪の毛を濡らしたり、泡を洗い流す人は多いと思います。

 

ここで素朴な疑問として、シャワーヘッドからでる水圧は高い方がいいのか?それとも低めにした方がいいのか?というもの。

 

抜け毛が増えてきてハゲのリスクを意識しだした人にとって、シャンプーの時間は色々考えてしまいます。排水溝に溜まる抜け毛をまじまじと見せつけられ、将来への不安を抱きながらなんとか食い止められないものかと悔しい思いをすることもあります。

 

シャンプーの水圧に関する素人的な考えでは、水圧が高いと髪の毛に負担がかかって抜けやすくなりそうに思います。逆に、低ければ優しく洗い流せるため、毛根に負担をかけなくていいのではないか?と思うこともあるでしょう。

 

しかし、シャワーの水圧はやや高めにしておくのが、頭皮にとっても髪の毛にとっても良い状態を作り出すことができます。

 

シャワーの水圧は少し高めにしておく

シャワーの水圧は水圧の微調整ができるシャワーヘッドを使い、やや高めで水の圧力を肌で感じるくらいにしておくのがよいです。

 

水の圧力は汚れを落とすという点では非常に優秀です。こびりついた汚れを落とす高圧洗浄は、家の壁の汚れや車の洗車などでも活用されているもの。水圧で汚れを浮かし、水がスキマに入り込むことで、表面を流しただけでは落とせない汚れまで掻きだしてくれます。

 

頭皮の汚れ

 

さすがに高圧洗浄とまではいかなくても、ただ表面を水で流すよりも毛穴に詰まった汚れを落としやすくなり、シャンプーにより落とし切れなかった脂汚れを除去することができます。

 

シャワーの圧力による頭皮の血流促進作用もある

シャワーの水圧がリズミカルに頭皮にあたることで、頭皮の毛細血管を刺激してマッサージ効果を得ることもできます。

 

温泉施設などでよくあるジャグジーバスの水流マッサージと同じ原理ですね。水の圧力は常に均一なうえに、体の部位や形を問わず連続して当てることができます。

 

頭皮は他の部位とは毛細血管の分布が異なっていて、他の部位の皮膚よりも表面に多く血管が出ています。これは密集する毛穴にある細胞に栄養を送るため。余談ですが、健康な頭皮が青白く見えるのは血管が透けているからなんです。

 

このため、頭皮はシャワーの水圧によるマッサージ効果を得られやすく、血流が増加して髪の毛の成長にも良い影響を与えていくことができます。

 

水圧が高いと塩素成分が頭皮に浸みこむのは嘘

健康系の危険性を煽るブログなどで、高水圧のシャワーは塩素成分が皮膚に浸みこむので使わない方が良いというような情報も出ています。しかし、よほどアトピーなどで頭皮が荒れていたりしない限りは、水道水の塩素などが頭皮に浸透して抜け毛増やすということはありません。AGAクリニックの先生に聞いてみても、そもそもそう簡単に皮膚に化学成分が浸透するようなことは無いということ。

 

育毛剤も、より成分を浸透させるために、分子を細かくしたり浸透力を高める工夫を凝らしているのです。シャワーの水圧を高くしたからと言って、抜け毛が増えることには繋がらないということです。

 

シャワー水圧が低いことによるデメリット

シャワーの水圧が低い状態だと、メリットよりもデメリットが上回ります。

 

頭皮に当たる圧力が低いので髪の毛には負担をかけないように見えますが、普通に家庭のシャワーの水圧程度で抜け毛が増えるほど毛根へは影響を与えません。

 

それよりも、頭皮にシャンプーの成分が残らないように、きれいに洗い流すことの方が重要です。

 

シャンプー成分のほとんどは油分です。毛穴などに微量に残ったシャンプー由来の脂は乾燥すると塊になり、皮脂とくっついて毛穴を詰まらせます

 

また、シャンプー成分によりかゆみが出たりして、ニキビをはじめとする頭皮のトラブルの原因にもなるのです。

 

低い水圧でも指の腹を使いながらしっかりと流せばシャンプー成分は十分落とせますが、意外なほど残ってしまうことがあるので注意。水圧は少し高めにして、毛穴に入り込んだものも掻きだしてあげることで、爪などで頭皮を傷める心配もなくなります。

 

調整できるシャワーヘッドで頭皮を清潔にしよう

シャワーヘッド

 

シャワーの水圧を高めるには、調整式のシャワーヘッドを使うのがいいです。

 

シャワーヘッドはホームセンターなどでも非常に多く売られていますが、ダイヤルを切り替えたりして水流の微調整ができるものであると、自分に心地よい水圧を設定できます。

 

シャワーの形状次第で取り付けられるものが異なるため、一概にどれがおすすめという提案はできないのですが、塩素成分を除去するカートリッジが付いたものなどもあるので予算に合わせて選んでみましょう。

 

交換ができそうであれば、シャワーヘッドの見直しをするだけで毎日の頭皮ケアがより快適にできるようになりますよ。

 


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top