資生堂のアデノバイタルスカルプエッセンスVの口コミと成分評価

アデノバイタル

大手化粧品メーカーである資生堂が開発した育毛剤あるアデノバイタルスカルプエッセンスV

 

資生堂独自開発のアデノシンという成分を配合しているうえに、薬局などで手軽に変えるので気になる人も多い育毛剤です。

 

アデノシン配合の育毛剤としては、「アデノゲン」というタイプも販売されていますが、今回検証するのはスプレー式で細長いボトルが特徴のスカルプエッセンスVというタイプ。

 

医薬部外品指定育毛剤であり、有効成分アデノシンに加えて、髪の毛の成長に効果的な生薬(漢方エキス)や、頭皮の保湿成分を配合しています。

 

今回は使い勝手や、成分に関する評価、肌への刺激や安全性などを中心にアデノバイタルVのレビューをまとめていきます。

 

アデノバイタルスカルプエッセンスVの使い心地

アデノバイタル使い心地

 

アデノバイタルスカルプエッセンスVは、細長いボトル形状で握りやすく作られており、スプレー形式とあって頭皮の色々な部位に塗りやすいです。

 

スプレーは拡散せずにピンポイントで噴射されるタイプで、髪の毛が長い人もダイレクトに地肌へ噴射できるのはいいですね。特に女性が頭皮ケアを目的として使う分には、ノズル形状よりも使いやすいと思います。

 

無香料と書いてある通り、育毛剤を思わせるようなニオイはしません。香料が入っていないのはいいのですが、気になるのはアルコールの鼻に突く香り。アルコールの揮発はかなり感じるので、アルコールに弱い肌の人は使用には注意した方がよさそうです。

 

アデノシンの育毛効果とその他の成分の評価

アデノバイタル

 

アデノバイタルの育毛効果の根拠は、資生堂研究の成分である「アデノシン」を配合している点。アデノシンの育毛効果については別記事で詳細をまとめましたが、主な効果は毛乳頭細胞に働きかけて、髪を作る指令を促す成長因子FGF-7を生成させる点にあります。

 

アデノシン

 

ストレスや栄養不足などの生活習慣、加齢による細胞の衰えで委縮した毛乳頭細胞を活性化し、細く薄毛になった髪を太く成長させるための力を取りもどすことを目的としています。

 

アデノシン以外にも漢方由来の植物エキスを配合しており、頭皮のかゆみやフケを抑制しながら、育毛促進をしていくのがアデノバイタルの効果。

 

男性ホルモンの影響を色濃く受けるAGA脱毛症に関してはあまり効果は期待できません。日本皮膚科学会の成分評価においても、C1(使ってもよい)にとどまるため、効果が出る人とでない人は明確に分かれる育毛剤です。

 

副作用は?ラウリル硫酸ナトリウムが入ってるけど・・・

アデノバイタルの懸念事項は、界面活性剤であるラウリル硫酸ナトリウムを配合している点。この成分はシャンプーや歯磨き粉の泡立ちを促進させるために使われますが、なぜ育毛剤に配合されているのかは疑問。殺菌力が高く、数々の成分を溶け込ませる作用もありますが、ラウリル硫酸である必要はないはずです。

 

安全性に関しては賛否あるものですが、育毛剤として頭皮に塗り長時間保持されることを考えた場合、敏感肌の人は特に懸念事項となります。

 

価格と費用対効果をどうみるか

アデノバイタルスカルプエッセンスVは180ml入りで、定価は¥6,000円です。

 

しかしアマゾンをはじめとするネットショップでは大きく割引されており、実売は¥3,000円を切るという価格崩壊中。薬局でも見かけますが、薬局では常に割引されてることは無いので、購入するならばネットショップで買うのが一番です。

 

180mlという容量は、多めに使っても1か月では使い切れないほどの量です。1日に10回以上プッシュスプレーしても、2か月ほどは使えるため、1か月あたりのコスパは非常に安い部類の育毛剤となります。

 

育毛課長による総合的なまとめ

アデノバイタルスカルプエッセンスVは資生堂の研究がつぎ込まれている育毛剤として、メーカーの知名度もあって非常に多くの人が使っています。特に美容室などでも紹介されることが多く、この辺は資生堂さんの広告活動によるものと思われます。

 

あくまでも効果は成長因子の発現に促進によるものです。人により薄毛の状況も原因も異なるため、効果がある無しは素人で判断できるものではありません。

 

使い続けても効果がない・・・という前に、真剣に育毛に取り組むのであれば、まずは薄毛専門医に薄毛の原因を診断してもらったうえで、自宅で育毛するか病院で治療するかを決めていきましょう。

 

有効成分アデノシン自体は、厚生労働省に届け出がされた医薬部外品成分として認められています。副作用についても、皮膚科学会の検証では被験者の男女ともに6か月間の使用で問題がなかったという結果もでています。

 

あくまで自分に使うべきかどうかを明確に判断できてからですが、副作用無く頭皮ケアをしていきたい人にとっては候補の一つとなりうる育毛剤です。

 

繰り返しになりますが、若ハゲに多いAGAの症状には期待できないですから、無駄にハゲを進行させるよりも専門医へ相談するか、AGA対策成分が配合された育毛剤を使っていくようにしましょう。


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top