若白髪があるとはげないって本当?気になるハゲ・抜け毛の本当の原因とは

若白髪になるホントの要因と薄毛との関連性を検証する

若白髪と薄毛

 

若いうちに白髪が生えてくる人はハゲないって聞いたけど安心していいの??

 

ハゲや薄毛の要因、また巷で噂される若白髪との因果関係など、髪や頭皮に関する情報にはさまざまなものがあります。そのなかには、正しい情報かどうかわかりにくいものも多く存在します。

 

そこで、薄毛や白髪になる真の要因や多くの疑問点などについて、日常生活で実践できる白髪・薄毛・抜け毛を防ぐ方法や対策も含めて紹介していきます。※情報ソースの出典元は最下部に記載

 

若白髪と薄毛との関係は信頼できる情報に乏しい

 

そもそも髪の毛に色素を供給する細胞と、髪を作りだす細胞はそれぞれ独立しています。

 

白髪と薄毛の因果関係については、それぞれの原因を知ると理解することができます。

 

若白髪と薄毛

 

本来、生まれたばかりの毛髪は無色で、たんぱく質や酵素が集まることにより毛根のメラノサイトでメラニン色素が生成されます。毛乳頭細胞、毛母細胞の活動で作られた髪の毛に対し、メラノサイト細胞という部分がメラニン色素を供給することで髪は黒くなります。

 

しかし、遺伝や老化、血行不良、ストレスなどによりメラニン色素が減少すると、白髪が生えてしまうのです。

 

若いうちに白髪になることは、単に色素を黒くするメラノサイト機能の低下により起こっており、直接薄毛に繋がる仕組みとはリンクされていないのが現状です。

 

一般的によく耳にする、「若白髪ははげない」という印象の背景には、はげていない人が白髪になるという事実が隠れている場合があります。

 

遺伝的要素、血行不良やストレス、栄養不足、そして頭皮環境などに問題がなくはげなかった場合でも、老化により残った毛髪は白髪になります。したがって、若白髪がはげないのではなく、はげなかったから白髪が生えたというのが真実なのです。

 

一方、白髪の状態で薄毛になっても、黒髪が薄毛になるより地肌が目立ちにくいという目の錯覚も、「若白髪ははげない」といわれる要因になっています。

 

男性の薄毛の9割の要因であるAGAの解明されてる原理

 

薄毛になる仕組み

 

一方、薄毛の主な原因は、遺伝や老化、血行不良、ストレス、男性ホルモンの影響などになります。

 

特に男性の薄毛の9割の要因とされるAGAは、男性ホルモンDHTによる影響を受けて毛髪を作る細胞が委縮します。AGAの兆候と最善の対策について詳しく知る

 

また、皮脂の過剰分泌による頭皮環境の悪化も薄毛の原因となります。

 

このように、白髪と薄毛は、まったく異なるメカニズムで発生するため、若白髪だとハゲないという科学的な根拠や因果関係は乏しいと考えられます。

 

要因は共通する部分もあることは無視できない

 

白髪と薄毛の因果関係に科学的根拠はないものの、共通する要因がいくつかあります。

 

そのひとつが白髪も薄毛もストレスにより進行することです。

 

ストレスは、全身を血行不良の状態に陥らせます。その結果、毛髪に十分な量の栄養や酸素が運ばれず、白髪にも薄毛にも大きな影響を与えます。

 

また、栄養不足も共通の要因になります。髪に必要なたんぱく質やミネラル、ビタミン類が不足すると、髪の成長が妨げられて薄毛の原因になるだけでなく、メラニン色素の生成にも影響を与えるのです。

 

このように共通する要因に注目すると、若白髪になりにくい生活を心がけることが、結果的に薄毛の予防にもつながることがわかります。

 

白髪と薄毛、それぞれの原因をより深掘りしてみていき、関連性あるものを対策していくことが重要といえます。

 

白髪ってなぜできる?詳しい原因について詳しく知る

白髪

 

一般的に若白髪の原因といわれるものにはどのようなものがあるのか、またそれぞれについて医学的根拠や栄養学などのさまざまな視点から詳しく紹介していきます。

 

白髪には遺伝との関係性はない

 

若白髪と遺伝との因果関係については、今のところ医学的な関連性は解明されていません。そもそも白髪に関する研究は10~20年ほどしかされておらず、信頼できる統計データもないため医学的な根拠に乏しいというのが現状です。ただし、完全に否定されているわけではありません。

 

たとえば、10代の若白髪の場合、髪の色を生成する色素形成細胞のメラノサイトが老化したとは考えにくいため、遺伝的要素が強いとされる説があるのです。一説には、チロシナーゼ酵素の働きが弱い、またはチロシンの吸収率が低い体質の遺伝により、メラノサイト内でメラニン色素が生成されにくくなるのではないかという説もあります。

 

一方、親も子も若白髪である場合でも、遺伝とは違う原因が隠れているケースもあります。たとえば、親世代が育つ時代の食習慣と現在とでは、栄養学の常識も変わっているため、食事の栄養バランスが悪かった可能性が考えられます。その場合、親の若白髪の原因は、食習慣にあったといえます。同じように子の若白髪も偏食などによる可能性もあるので、この場合、遺伝が原因とはいえません。このように親子で同じような若白髪の状態になっても、遺伝との関係性が高いものと低いものがあることを理解しておくことが大切だといえます。

 

ストレスとの関係性で白髪になる可能性

 

白髪の原因には、ストレスも関係性があるといわれています。そのメカニズムは、強いストレスを受けると、交感神経の働きにより筋肉が緊張し、筋肉に沿っている血管も同様の状態になるため、頭皮の血行にも影響するというものです。

 

心臓から遠い頭皮は、通常の状態でも血行不良になりやすい部位のため、ストレスを受けるとさらに毛根や色素細胞の働きが影響を受けやすくなってしまいます。そのため、ストレスを受け続けると若白髪や白髪が増えてしまうのです。

 

また、ストレスが原因で睡眠不足になり生活リズムが不規則になると、結果としてヘアサイクルの乱れが生じてしまいます。

 

短期間なら大きな影響はないものの、長期にわたりヘアサイクルの乱れを繰り返すと、メラノサイトのなかでメラニン色素がつくられず、白髪や若白髪を増やす原因になります。

 

ただし、ストレスが原因の若白髪は、ストレスの軽減や血行を促進させるなどの解決策がはっきりしているため、対処しやすいものだともいえるでしょう。

 

栄養不足との関係性

 

栄養不足も若白髪の原因とされるもののひとつです。飽食の時代といわれて久しい現在では、1日に摂取したほうがよい栄養をバランスよくとることは以前よりも容易になりました。

 

しかし、好き嫌いやダイエットなどにより栄養不足に陥るケースは頻繁にみられます。若白髪は、そういった過度なダイエットや偏食によっても発生します。その理由として、髪をつくるたんぱく質が不足すると髪そのものを生成するサイクルが乱れてしまうことが挙げられます。

 

また、栄養バランスの乱れにより、メラニン色素のもとであるチロシンというアミノ酸の一種が吸収されず、メラニン色素がつくられない状態になってしまうことも原因となります。

 

加えて、過度なダイエットにはストレスがともなうため、先に紹介したようにストレスが原因となる若白髪にもつながってしまいます。

 

髪に必要な栄養素が足りている場合でも、その栄養素の消化吸収には他の栄養素を必要とする場合もあるため、バランスのよい食事を心がけることが大切です。

 

病気との関係性

 

  • 若いのに急激に白髪になった
  • 白髪が一気に進行して目立つようになった

 

こうした急激な白髪の発症の場合には、「皮膚科」を受信して診察をしてもらうことをおすすめします。

 

若白髪が髪の毛のみの異常ではなく、思わぬ病気の危険信号の場合もあります。突然、若白髪が増えた場合に注意したほうがいい病気として、甲状腺疾患や悪性貧血、尋常性白斑、フォークト・小柳・原田病などがあります。

 

甲状腺疾患は、甲状腺ホルモン分泌の異常によって起こります。悪性貧血は、ビタミンB12が不足するか、または胃のなかで生成された内因子とビタミンB12が結合できずに吸収されないために起こる病気です。

 

尋常性白斑は、皮膚のメラノサイトが少なくなったり、消失したりしたため皮膚や髪の色が白く抜けてしまうといった症状が特徴になります。そして、フォークト・小柳・原田病は、髄膜や目のぶどう膜、皮膚、頭髪、内耳などのメラニン色素の多い細胞を免疫が攻撃する病気です。

 

頭痛やめまい、目の異常などのあとに皮膚の白斑や脱毛、白髪などの症状が出てきます。このように、頭皮や髪とは直接関係ないようにみえる部位の疾患が影響することもあるため、突然白髪が増えたら早めに医者に相談することが大切です。

 

【皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)】尋常性白斑(白斑)
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa20/s1_q01.html

 

【日本眼科学会】目の病気 フォークト―小柳―原田病
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/budo_harada.jsp

 

医学的に解明された薄毛の根本的な要因といわれていること

薄毛のメカニズム

 

男性の薄毛の9割以上の要因であるAGA

AGA薄毛のメカニズム

 

薄毛の原因として、AGAが占める割合は9割近いほどだといわれています。AGAは科学的に解明された薄毛の仕組みであり、仕組みを理解すれば正しい薄毛対策が分かります。

 

AGAにより、テストステロンをDHTに変化させる5αリダクターゼの分泌量が挙げられます。

 

DHTは髪の成長を抑制する因子の増加につながるため、5αリダクターゼの分泌量が多いと薄毛になる確率が高くなります。また、5αリダクターゼは額の生え際やつむじ付近に多いため、薄毛がその部分から始まるのだと考えられています。

 

遺伝によりAGAの体質を受けつぐケース

 

薄毛は遺伝と言われるのは、このAGAの影響の受けやすさを受け継ぐかどうか?ということです。

 

アンドロゲンレセプターという男性ホルモン受容体による影響の受けやすさは個人差があります。男性なら母方の家系から、女性なら両親の家系から受け継ぎます。アンドロゲンレセプターの感受性が強いとDHTと結びつきやすく、薄毛になりやすい体質となります。

 

一方、薄毛の原因のなかでも多数を占めるのが、遺伝性が低いと考えられているものです。そのため、薄毛の家系でない場合でも安心はできません。

 

また、遺伝的な体質を受け継いでも薄毛にはならない場合もあります。したがって、どちらの場合でも薄毛を防ぐためには、生活習慣の改善や頭皮ケアが不可欠だといえます。

 

女性の薄毛の要因となるホルモンバランスやストレス

 

ストレスが薄毛の原因となるメカニズムには、ストレスが自律神経に与える影響が深く関係します。なぜなら、ストレスにより自律神経が乱されると、食欲がなくなったり血行不良に陥ったりして栄養不足の状態になり、全身の不調につながるからです。その場合、頭皮や毛髪も例外ではなく脱毛や白髪というかたちで表にあらわれてしまいます。

 

また、筋肉の増加やヒゲなどの男性的な身体をつくる男性ホルモンの低下も薄毛の原因になります。特にテストステロンは、男性型脱毛症(AGA)の原因になる代表的な男性ホルモンです。

 

このホルモンがジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、毛乳頭細胞にある男性ホルモンレセプターと結合して、髪の成長を抑制する因子を発生させることが薄毛の原因となります。

 

参考:女性の薄毛の男性とは異なる様々な要因

 

しかし、毛乳頭細胞は髪の成長を促す因子も出すため、加齢による男性ホルモンの低下が、DHTの生成のみを促進することが大きな要因であると考えられます。

 

また、加齢による男性ホルモンの低下により、身体全体の活力が落ち、頭皮へのダメージが回復できないことや栄養が不足することも薄毛の原因のひとつになっています。

 

一方、女性ホルモンのエストロゲンは髪の成長を促す働きがあるため、女性ホルモンバランスが崩れてエストロゲンが低下した場合も薄毛の原因になります。

 

頭皮環境の悪化

 

頭皮を覆う皮脂とそれに付着する汚れなどの頭皮環境の悪化も、薄毛の原因になります。皮脂は、頭皮の潤いを保ったり、外からの細菌が皮膚内に入り込むのを防いだりといった役割を果たす存在です。

 

しかし、皮脂が過剰に分泌されると汚れや整髪料などと結合し、毛穴詰まりを起こしてしまいます。その状態でも皮脂は分泌されますから、排出されるための毛穴がさらに詰まり、毛穴にたまっていきます。その状況が長く続くと、毛穴のなかで細菌が繁殖して炎症を起こし、毛根にダメージを与え続けることになります。このダメージが蓄積された結果、毛根は痩せて力を失い脱毛してしまうのです。

 

また、皮脂の分泌は男性ホルモンの影響も受けます。なぜなら、皮脂腺を刺激する男性ホルモンが多ければ多いほど皮脂の分泌量は多くなるからです。したがって、男性ホルモンを原因とする薄毛の場合でも頭皮ケアによる適切な皮脂の除去が必要になります。

 

.栄養バランスが悪い

 

髪の毛はそもそも食べて摂取した栄養素から作られるものです。栄養不足は間接的ながら重要な要因となります。

 

若白髪と同じく、栄養バランスの乱れも薄毛の原因になります。髪の生成に必要な栄養素として、たんぱく質とミネラル、ビタミン類が挙げられます。

 

どれも人間が生きるうえで欠かせない栄養素ですが、そのなかでも多くのアミノ酸で形成されるたんぱく質は、人体の構成に不可欠な栄養素といえます。

 

健康な毛髪をつくるためには、毛髪を生成する毛乳頭と毛母細胞に必要な栄養が送られる必要がありますが、不足すると髪にまでいきわたらなくなってしまいます。そうなると、髪の毛が痩せてしまい、抜け毛や薄毛の原因になります。

 

そして、16種類の必須ミネラルもまた身体の健康維持に不可欠な栄養素です。もし、必須ミネラルが不足すると、たんぱく質同様、身体のなかで優先すべき部位に使用され、優先度の低い髪の毛には届けられません。

 

また、ほとんど体内で生成することができないビタミン類も、他の栄養素の働きを助けたり、皮膚の代謝を促進したりといった毛髪や頭皮の健康を保つのに欠かすことのできない重要な栄養素です。

 

このように、毛髪の90%を占めるたんぱく質以外にも、頭皮や毛髪にとって重要な栄養素は多く存在するため、栄養バランスのとれた食事を心がけることが大切だといえるでしょう。

 

若白髪・はげないために実践できること

 

若白髪と薄毛を予防するための方法は、それぞれの原因から探ることができます。そのさまざまな原因から導き出された、生活リズムや食事内容、ストレスへの対応など、日常生活で実践できる白髪や薄毛を防ぐ方法や対策について詳しく紹介します。

 

髪の細胞に負荷をかけない生活

 

薄毛や白髪を予防するためには、規則正しい生活が何よりも大切です。そのなかでも、良質な睡眠を十分にとり成長ホルモンの分泌を促すことは、とても重要なことのひとつです。それは、髪の成長に欠かせない成長ホルモンが夜の22:00~深夜の2:00までの間に活性化することに関係します。一方で、髪がもっとも成長するのは、睡眠に入ってから3時間の間といわれています。その3時間を成長ホルモンが活性化する時間に合わせるのが、薄毛や白髪を防ぐためにはベストなのです。

 

そのほか、甘いものや糖分の過剰摂取は皮脂の分泌量を増やし代謝を低下させるため、嗜好品をとりすぎないようにすることも大切になります。というのも、糖分をとりすぎると髪の生成に必要なビタミンBを消費してしまい、髪へは供給されなくなってしまうからです。

 

栄養バランスに気をつける

 

栄養のバランスが乱れることも薄毛や白髪の原因になるため、食事にも気をつける必要があります。たとえば、多忙な状態が続いてカップラーメンやインスタント食品、スナック菓子などで食事を済ませてしまう期間が長くなると、皮脂の分泌量が増加し、毛髪と頭皮に悪影響を及ぼします。

 

それ以外でも、偏食などによって髪に必要なたんぱく質やミネラル、ビタミン類などの栄養素をバランスよくとれていないと、毛髪の生成やヘアサイクルが妨げられ薄毛の原因になります。また、メラニン色素の生成も抑制されてしまい、若白髪ができる原因になってしまいます。そのようなことのないよう、栄養バランスを考えた食事をとることが大切です。

 

髪に良いストレス解消方法を心がける

 

ストレス解消方法には、薄毛や白髪を防ぐのに適したストレス解消方法と避けたほうがよい解消方法があります。たとえば、ジョギングやウォーキングなどの運動や良質な睡眠、マッサージなどは実践したほうがよいストレス解消方法になります。

 

一方、避けたほうがよいストレス解消方法は、大食いや喫煙、深酒、夜更かしです。過剰な食事量は、胃腸に血液を集中させて頭皮への血行不良を招いてしまいます。また、喫煙は血管の収縮により血行不良になり、過度な飲酒は毛髪の成長に欠かせないビタミン類を不足させます。

 

避けたほうがよいストレス解消方法は、白髪と薄毛の原因となるものばかりのため、健康的なもののなかから自分に合った方法を見つけることが大切です。

 

早期からのヘアケア対策で髪の細胞全体を整える

 

薄毛や白髪を防ぐためには、栄養バランスを考えた食事をとることが大切です。しかし、普段の食事から毛髪の健康に必要な栄養素が十分摂取できない場合は、サプリメントで補うことも選択肢のひとつになります。

 

また、ヘアケア商品により外側からケアする方法も有効な手段だといえます。そこで、ヘアケア商品の選び方について、安全性や使用されている成分、価格などの面から紹介していきます。

 

成分が十分配合されて刺激なく使い続けられるもの

 

薄毛や白髪を防ぐためのサプリメントやヘアケア用品を選ぶ場合は、原因に合った商品を選ぶ必要があります。また、人により原因が異なるため、自分に足りない栄養素が何か、自分の髪質に合ったものはどの成分が入ったものかなどに注意して選ぶことが大切です。そのためには、まず自分の薄毛や白髪の原因を知ることが大切です。

 

たとえば、栄養不足が主な原因の場合は栄養補給タイプを、ホルモンバランスなどによる脱毛が気になる場合は脱毛抑制タイプを試してみると間違ったケア用品を選ぶ確率が減ります。また、ヘアサイクルの乱れで発毛が遅れている場合は発毛促進タイプもおすすめです。

 

そのほか、髪質がやわらかいのか硬いのか、または細いのかなどによっても、選ぶべきヘアケア用品やサプリメントが異なるので、自分のタイプを把握しておくことが大切だといえます。また、育毛剤を使用する際は、頭皮の皮脂や汚れを落としたあとのほうが浸透しやすくなるため、ヘアケア用品を選ぶ際は、皮脂や頭皮の状態も考慮すると安心です。

 

参考:育毛剤を初めて購入する場合に外せない5つのチェック項目

 

安全な商品であるか

 

サプリメントやヘアケア用品を選ぶ際、安全性にも注意する必要があります。まず、なんらかのアレルギーがある場合、その成分が配合されていないことを事前にチェックすることをおすすめします。また、アレルギーがあるかどうかわからず心配な場合は、病院でアレルギーチェックをしておくと安心です。

 

また、各メーカーで安全性のチェックを行っている場合でも、頭皮の状態や体質は人により異なるため100%の安全が保証されるわけではありません。したがって、医師や薬剤師などの専門家に、使用時の注意点やどのような作用や効果が期待できるかなどを相談して使用することがベストだといえます。

 

また、育毛剤を使用する際は、頭皮のトラブルを避けるためにも、事前にパッチテストをしておくことをおすすめします。そのほかの注意点として、海外製品やインターネットなどの商品を購入する際は、信頼できるサイトの口コミなどを含めて、安全性を客観的に判断することが大切です。

 

続けられる価格の商品か

 

育毛サプリメントやヘアケア商品を使用する場合は、期待した結果が出始めるまでに、最短でも3~6カ月程度は継続することが一般的です。

 

特にサプリメントの場合は、頭皮への負担が軽いぶん結果はある程度の期間をかけてから出始めるため、その後も継続的な使用が必要となります。使用期間が長くなることを考慮したうえで、経済的負担にならない価格のものを選ぶことが望ましいでしょう。

 

また、割安なセット商品が用意されている場合は、まとめ買いにより経済的負担を軽くすることができます。ただし、初めて購入する際は、自分に合うかどうか、またアレルギーが出ないかどうかをチェックする必要があります。そのため、初回は1点のみを購入し、2回目以降にまとめ買いすることをおすすめします。

 

若白髪がはげないわけではない!早めの薄毛対策をしよう

 

「若白髪ははげない」といわれる背景には、薄毛にならなかったから白髪が生えたというものや、白髪のまま薄毛になると黒髪と比べて地肌が目立たないという事実が隠れています。このように、「若白髪ははげない」という情報は科学的に証明されていないため、若白髪があっても将来的に薄毛になる可能性は否定できないのです。

 

ただし、薄毛と白髪の因果関係に科学的な根拠はないものの、要因には共通点が存在します。そのひとつが、ストレスによる血行不良が原因で毛髪に必要な栄養や酸素が運べなくなった結果、白髪と薄毛になってしまうというものです。そしてもうひとつが、髪に必要な栄養素が不足することにより毛髪やメラニン色素が生成されにくくなり、薄毛と白髪につながるというものです。

 

一度に多くの対策をとることが無理な場合、このような共通の要因に対する対策を優先的にとることで多くの結果を得ることができます。将来の髪と頭皮のために、共通の要因に対する早めの対策をしておきましょう。

 

情報ソース・参考出典元

【「統合医療」情報発信サイト】ビタミンB12
http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/overseas/c03/07.html

 

【皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)】尋常性白斑(白斑)
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa20/s1_q01.html

 

【日本眼科学会】目の病気 フォークト―小柳―原田病
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/budo_harada.jsp

 

【化粧品のウテナ】美髪のための頭皮マッサージメソッド|ゆず油
http://www.utena.co.jp/yuzu-yu/method.html

 

【サワイ健康推進課】1日3回、3分間の頭皮タッチで解消! 抜け毛・薄毛|カラダの豆事典
https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/201003-02.html


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top