薄毛をあざ笑う強風に立ち向かうために育毛を決意する

髪が気になる男性

 

育毛剤を使い始めた人はどんなきっかけで心を決意したのか?

 

ハゲを行動に駆り立てる要因の一つに、容赦なく髪を捲し上げてくる「」という刺客の存在があります。

 

私も風が強く吹く日が昔から嫌いでした。風により髪型のセットが乱れ、薄毛がキテいる頭皮が露出するのが怖かったから....。

 

カツラが風で飛ぶシーンなどはよくネタにされますが、地毛であっても薄毛気味の人にとって強風吹きすさぶ日はあまり外に出たくないものです。

 

薄毛の人は強風対策として色々やっている

薄毛を気にしている人が風対策としてやっていること。

 

・不自然にワックスで髪を固めている
・髪型を崩さないように風向きに対して顔の位置をひたすら固定
・難癖付けて風が強い日にはかたくなに外に出ない

 

強風で髪が抜けてしまうのではないか気が気ではないこともあるでしょう。イケてる髪型へのセットではなく、風で崩れないためのセット。風で地肌が露出しないように、風向きに合わせて風見鶏のように体の向きを変える。いっそのこと風が吹いたらお休みだ!・・・

 

極力外に出ない方法を考えたり、風が弱い時を見計らって忍びのように行動をしたり、今思うと「理由が分かると滑稽な奴」を演じてしまってはいないでしょうか。ハゲを隠すためにフサフサの人間からすれば思いもつかないような色々なことを考えるわけです。

 

対策を講じてその場を乗り切るのは簡単かもしれません。しかし、その場をしのぎ切ればOKという話ではなく気にすること自体がデメリットにもなってしまうことを知っておかねばなりません。

 

薄毛に関して不要な気を使って消耗することは、長い目で見ればさらに抜け毛を加速させて薄毛を進行させてしまうのです。

 

ストレス抜け毛

 

薄毛で風が気になるということは人の目を気にしていることの表れであり、風が吹く日が来るたびにストレスとして蓄積していってしまいます。自分はハゲつつあるという自覚がある。しかしそれを認めたくないし、他の人に見られたり悟られるのが嫌であるからこそ、風による髪型の崩れを気にしてしまうのです。

 

実際には巷でいわれるほど、ストレスそれ自体は薄毛の直接原因にはなりません。薄毛の直接原因は、男性の場合AGAという遺伝的なホルモンの影響を受けているのもがほとんどであり、発症する人はするししない人はしないということが医学的にも分かっています。

 

しかし、ストレスは蓄積していくことで体内の自律神経のバランスを崩す要因になります。自律神経は我々の意識に関係なく、血液の流れや栄養の吸収などを行って生命を維持しているもの。髪の毛の成長にも影響を与えていますが、生命維持に関係ない末端機関である髪は影響を受けやすいのです。

 

自分でも気が付かないうちに髪の毛自体が根元にかけて痩せてきたり、ヘアサイクルのバランスを崩すことで見えないうちに薄毛は進行していきます。一時的な対策では追い付かなくなってからでは遅く、すぐにでも育毛を始めるべき段階であると提言をします。

 

育毛は早い段階で行動してこそ効果は高く実感しやすくなる

風など気にするなと言われても、一度気にし始めてしまったら止まりません。仙人のように悟りが開ければいいのでしょうが、そんな状況ではないからこそ悩んでしまうわけです。

 

もし具体的に行動を起こしていないのであれば、できるだけ早く育毛剤によるケアで「髪の状態を気にしないための頭皮」を作っていくこと以外にはありません。

 

よくある間違い:まず始めるべきはシャンプーではない

よく育毛のためにはシャンプーから変えるという人がいますが、シャンプーそのものに大きく育毛できる要素はありません。あくまで頭皮を清潔に、髪が育ちやすい環境づくりの一手にはなりますが、内部に作用して毛を育ててくれるにはシャンプーでは不十分なのです。

 

シャンプーを変えるというのは、肌に合わずにかゆみや炎症が起きている場合。まず育毛を意識して対策するならば、育毛剤を使ってケアしていくことが基本となります。

 

頭皮の状況を見て最適な育毛剤を選択

髪が気になる男性

 

まだ風を気にする程度に髪の毛が残っている状態であれば、育毛剤による自宅でのケアから始めていくことで抜け毛を防いで今ある髪を丈夫に育毛していくことができます。

 

ちなみに、地肌スケスケになるほどハゲてしまっている場合には、正直な話市販の育毛剤はおすすめできません。早い段階から手を打つほど低コストで改善できる見込みがありますので、まずは下記の頭皮の状況から見る育毛剤の選び方を参考にしてみてください。

 

髪の毛の状態(写真)から見る育毛剤の選び方を間違えない方法

 

ただしく自分に合った育毛剤を使っていくことにより、以前よりも薄毛を改善できる時代になってきています。

 

季節風が強く吹く秋から冬にかけては、気が重くなるものです。しかし、その場しのぎの対策を考えて心身を消耗させていくよりも、やっぱり自分の毛を増やして強風の日にも堂々としてこそです。

 

私も若かりし頃高校生から薄毛に悩み、あれやこれやと苦悩してきましたが、最新の育毛剤を使って改善をしてきました。育毛剤による治療は個人差もあるわけですが、何も行動しないよりは行動したもの勝ち。不安な日々を過ごすのであれば、まずは育毛を意識して風に負けない髪づくりをしてみませんか。

 

育毛剤の使った経過と髪の毛の推移はこちらでまとめています

 


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

風が強い日に髪型が気になって消耗するなら早めに育毛始めよう関連ページ

薄毛で同窓会に行きづらい!いじられるの嫌なら早めの対策を
忘れたころにふとやってくる同窓会のお誘い。髪が薄く見るからに老けてしまった男性にとっては、参加するかどうかは勇気ある決断になります。割り切れてるならいいのですが、やはりいじられると嫌だし穏便に済ませたいというのが本音でしょう。
薄毛は老けて見られる!実年齢よりはるかに年配に見られる悔しさ
薄毛を克服して、育毛を決意したエピソード。実年齢以上に見られ、10歳は年配に見られてしまう。彼女と歩いていて「お父さん」と間違われたり、おじいちゃん扱いされたり、そんな悔しい思いで育毛を始める人は多いです。
就職先でハゲ・薄毛をいじられて辛い時どう乗り越えた?
新社会人の就職や異動で職場が変わると、人間関係も大きく変わりストレスが溜まることがあります。さらに追い打ちのように、自前のハゲや薄くなった頭をいじられ、イジメのような仕打ちを受けることもあります。こんな時どう対処すべきか?体験をもとにまとめてみました。
精神的・心理的ストレスでハゲないために育毛で重要なこと
人間生きていると、色々なストレスや精神的なダメージを追うことがあります。薄毛や抜け毛の原因にはストレスによるものもあり、育毛という点では対策すべきことです。どうしようもない苦しみのさなか、髪のためにできる重要なことを書いています。
子供にカッパと言われる衝撃!ハゲは子供にとって遊び道具である
ハゲは子供にとって最高の遊び道具の一つである。これは間違いのない現実であり、分かりやすい頭頂部のハゲはカッパとか太陽とか「眩しい」という容赦ない呼ばれ方をします。子供に馬鹿にされたくなくて、育毛を始めようと思う人は少なくありません。
父の日に育毛剤を買うのはあり?嫌味に思われない?もらう側の本音
父の日のギフトプレゼントとして、育毛剤やシャンプーという選択肢があります。ヘアケアアイテムを贈るとなると、嫌味に思われないか不安に思うこともあるとおもいますが、実際にもらう側の本音や贈ったことがあるというエピソードを集めてみました。
生まれつきオデコが広い人はハゲやすい?早くから育毛剤使うべきか
オデコが生まれつき広く、生え際が後ろの方にある人は大人になってからハゲやすいのか?広いおでこと薄毛は昔から議論されていますが、おでこの広さと薄毛に科学的因果関係はありません。正しく薄毛を理解して、必要な場合に対策をしていきます