若はげが不安ならば栄養不足にならない食事は気を付けるべき

髪の毛の栄養が不足すると若くしてはげてしまう危険性有り

若くして髪が薄くなり抜け落ちてしまう「若ハゲ」の原因は諸説有りますが、生活環境の変化が大きな一因とも言われています。

薄毛の悩みを抱えている人って人それぞれに悩みの大きさって違うと思いますが、最も深くて深刻な悩みであるのが若くしてはげてしまった若ハゲの悩みでしょう。

本来ハゲない10代20代でハゲてしまう最大の要因はAGAによる男性ホルモンの影響と解明されてきています。(AGAを詳しく知らない人はまずこちら

しかし、そもそも髪の毛の元となるのは食事で摂り入れる栄養素です。栄養素が不足してしまうと、薄毛の進行スピードを加速させてしまうこともあるため注意が必要。

近年10代から薄毛を気にする人が増加しつつあるとい、女性の薄毛も問題ななっている今一番の原因は食生活の変化による髪の毛の栄養不足が一つの要因となっています。

髪の毛を作る栄養素が足りない生活をしてないか

栄養ある食事


髪の毛というのは成分は18種類ものアミノ酸が結合してできたタンパク質でできています。

栄養素としてタンパク質が不足すると髪の毛に回る栄養が足りなくなるので、髪がやせ細る薄毛や成長せずに抜けてハゲてしまいます。

普通に食事をとっていれば、現代人の食事ではタンパク質そのものは足りていると言うことですが、消化吸収するためのビタミン・ミネラルなどの栄養が不足気味。

大豆や魚などの吸収効率の良いタンパク質ならば良いですが、動物性の肉は吸収効率が悪い為により多くのビタミンを消費します

このため若いうちに不足しがちなビタミンを多く含む食材を摂っていくことで、栄養不足による若ハゲのリスクを減らすことができるのです。

緑黄色野菜 育毛ビタミン

ビタミンは主にビタミンA、ビタミンB6の摂取が求められますが、消化の良い大豆タンパクや魚由来のタンパクを食べる機会を増やしたほうがいいです。

>>詳しくは育毛に良い食事まとめを参照

どうしても野菜が不足しがちと言う人は野菜ジュースなどで摂取してもいいです。ビタミン類はサプリメントでは大きく吸収効率が落ちるので、野菜そのものからとるのが理想とされています。野菜の栄養が不足していると感じる人はまずは野菜ジュースからでもいいので飲んでみましょう。

栄養不足以外に、魚や大豆からとるタンパク質から牛や豚を食べる欧米型の食事が定着したのも原因。

牛肉や豚肉は脂分も多く含むために、頭皮の皮脂を出しすぎてしまって毛穴を詰まらせてしまいます。毛穴が詰まると炎症を起こしたりして髪の毛の成長が阻害されるので、薄毛になるのを速めてしまうということです。

後悔する前にできることからやろう
10代や20代という若さにして髪がやせ細って抜け毛が増えるのは、育毛課長自身が体験しており苦痛な時間を多くすごしました。

若ハゲの原因はストレスも影響していますが、ハゲの悩みこそがストレスとなって負の連鎖が広がっていくというような、底なしの闇に落ちていくような感覚さえ感じました。

偏った食事をしている人は代謝機能(細胞の生まれ変わり)のバランスが崩れ、髪の毛の成長サイクルにも影響を与えます。まずは食事と言うものを見直して栄養不足による若ハゲを防止しましょう。

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top