育毛シャンプー 洗い方

育毛シャンプーでしっかりと頭皮を洗う


シャンプーの基本は頭皮を洗うこと!

これが意外にもできていない人が多いんですよね。べたっとして脂が付いた髪の毛を洗うことはもちろんですが、その根本となる頭皮はささっと流しておしまいにしていませんか?

シャンプーでは頭皮をしっかりと揉むように洗うことが何よりも重要。頭皮は体の部位の中でも皮脂分泌が多い場所なので、基本的に脂に覆われています。一日外で活動すれば細かな微粒子やゴミが脂にこびりついていますし、皮脂が多い人は毛穴に脂が詰まってしまうので落としてあげないと健康な頭皮を維持できません。

特に毛穴に詰まってしまった汚れを落とそうと思うと大変で、さっと表面を流しただけでは落ちてくれません。毛穴に詰まった皮脂をほうっておくことで、角柱という固まりになって毛穴を塞いだり細菌の繁殖の温床になるので育毛にとって悪影響となるのです。

そこでシャンプーするときには指の腹を使って揉み解すように頭皮を洗っていきましょう。決して爪を立てるようなことはダメで、あくまでも優しく洗うようにします。


育毛シャンプーでは皮膚の保護に必要な皮脂を残し頭皮へのダメージを和らげる為に、アミノ酸系という植物由来の洗浄成分が多く使われています。化学成分が頭皮へ与えるダメージを低減し、皮脂をとりすぎたり肌荒れの原因を排除していますが泡立ちが少ないのが特徴。

泡立ちが少ない場合には、少量のシャンプー液を手にとって髪の毛を泡立てさっと洗い流す「2度洗い」をすることで泡立ちの問題は解消されます。いくら安全なシャンプーだからって大量にべた付けしてしまえば一緒ですので、1回目は半プッシュ、2回目の本洗いは1プッシュから1プッシュ半程度の量を目安にすると良いでしょう。


きちんと頭皮を洗浄することで髪の毛が育つ頭皮が整いますし、育毛剤を使う場合は浸透性を高められます。育毛シャンプーを使うのなら洗うときには頭皮を意識して洗うようにしましょう。