ヘアサイクルと毛母細胞の寿命はグングン短くなる恐怖!

「将来ハゲにはなりたくない」と思っている人や、「薄毛になりかけててハゲないか心配」と思っている人は必ず知っておいてほしいこと。

 

髪の毛を作る毛母細胞の寿命には期限があり、気づいたときには手遅れになっている可能性があるというお話をします。

 

髪の毛を作る細胞の寿命というのは生まれたときに決まっているのです

 

ほんらい、1つの細胞は髪の成長サイクルに合わせて何本も髪を作っています。抜けても一つの毛根の細胞から何度も髪の毛は作られていきます。

 

しかし、薄毛の人は髪を作る細胞の寿命が縮んでしまっていること、さらに縮んだ寿命は取り戻せないことはあまり知られていません。

 

将来的に何やっても治療できなくなり、高額なかつらや植毛手術しか手段がなくなる可能性があるのです。

 

髪の毛は1つの細胞(毛穴)から何本も生えてくる

 

まず髪の毛というのは1つの毛根(毛穴)にある毛母細胞が分裂し、繰り返し何本も抜けては生え、抜けては生えを繰り返すサイクルを繰り返しています。

 

毛母細胞が死んでしまわない限りは、抜けてもまた新しい髪が作られて生えてくるのです。

 

毛母細胞の寿命とヘアサイクル

 

毛母細胞は2年から6年のサイクルで生え変わって繰り返し新しい髪を生み出しますが、細胞が分裂して生み出せる髪の本数には限りがあり永久に生え続けることはありません。

 

毛母細胞の寿命は個人差がありますが、おおむね50年ほどで衰え、髪を作れなくなります。いわゆる加齢で細胞が衰える状態ですね。

 

★ところが毛母細胞は様々な要因で寿命が短くなり、早い段階で寿命を迎えて髪を作る機能が衰えていくことが分かっています。

  通常の毛周期 毛母細胞が髪を作る回数 毛母細胞の寿命
正常な人の髪 2年 50回 100年
薄毛の人の髪

仮に半分1年・・・
0.5年だと・・・

50回
50回

50年
25年
細胞死滅(以後復活しない)

恐ろしいことに今薄毛になっている人や、抜け毛が増えてきたという人は、正常なヘアサイクルの期間が短くなっている状態

 

髪が太く成長する前に抜けてしまうため、毛母細胞が次々新しい髪を生み出さなければならず寿命がどんどん短くなっているのです。

 

毛母細胞の寿命を短くしてしまう要因

 

AGAよる影響(遺伝的に受け継いだ体質)

毛母細胞の寿命を短くしてしまう要因は複数ありますが、代表的なのはAGA(男性型脱毛症)によるものです。

 

AGA図解育毛課長

 

男性ホルモンと細胞内に存在する酵素が結びつくと、DHTという悪玉ホルモンによって毛母細胞の寿命が短くなるのが、医学的に判明している薄毛の仕組みの一つです。

 

遺伝によりこの悪玉ホルモンが多く発生する体質だと、若くして薄毛は進行してしまいます。

 

ストレスや頭皮環境による血流悪化の影響

毛母細胞は血液から栄養素を受けて育つため、ストレスや頭皮の炎症などで血流が阻害されることによってもヘアサイクルが崩れて寿命に影響します。

 

怪我などで物理的に毛母細胞が死んだ場合は、もうその毛穴からは髪の毛が生えてきません。過去に頭部に大きなけがをした経験ある人は、部分的にハゲている場所ができてしまうこともあります。物理的損傷の場合は細胞を移植する植毛をしなければ髪は再生できません。

 

あなたは男ならハゲても仕方ないと考えていますか?

進行したハゲ

 

「漢ならハゲてなんぼ!禿るのは仕方ないことである」とあきらめてしまう人もいますが、少なくともこのサイトをご覧いただいてるあなたは、自分の髪の毛の将来に何かしら危機感をもってネットで情報を調べていると思います。

 

まだ大丈夫と思っても、自分の見えないところで着々と毛母細胞の寿命が短くなっている可能性があるのは紛れもない事実。脅しているわけではないですが、早期に対策をしなければあとになって取り返しがつかないのが薄毛治療の難しいところでもあるわけです。

 

万能細胞などを使い、生まれたての毛母細胞を移植するような技術が研究されていますが、実用化にはまだまだ遠い先の話です。費用も桁違いに必要となってくるでしょう。

 

ただ、今ある育毛剤や治療法でも、毛母細胞の寿命を延ばして薄毛を予防し、細々と弱った髪をフサフサとした状態に戻すことは可能です。気になった時から、まずはできることを取り組んでいくことが重要であると考えています。

 

髪の毛がまだある状態なら育毛剤で早めにケアを始める

 

薄毛の状況は人によって違うので、それぞれ思うところがあると思います。

 

私はもう20代前半ではげ始めていた(それこそ高校生のころから後ろ指差されてきた)のですが、個人的にハゲを認めたくない、今一時的に薄いけど環境が変わればなんとかなる.....なんて考えていました。

 

でも一度進行しだした抜け毛が止まることなどなく、新入社員で入社した時のあだなが「課長」になるくらいヤバい状態だったんですよね。

 

育毛前

 

そこから必死に情報を調べて、育毛剤を使い始めたのですが、もう数年遅かったら今だに薄毛に苦しんでいたのではないかとゾッとしています。

 

現在では見えていた地肌はすっかり目立たなくなり、人の目を気にすることも、鏡を見てため息をつくこともなくなりました。

 

育毛後

 

髪の毛も黒くなり、根元からしっかりと髪が丈夫になってきているのが分かります。何よりも、これだけ髪の毛のダメージを放置してしまっていたかと思うと愕然としました。

 

早めにきっちり対策をしていけば十分に改善できることが分かったのは本当に良い経験になりました。

 

 

育毛剤選びについて基準がよくわからない時は、どのような成分が必要で、育毛剤はどのように効いていくのか?を詳しく解説したページもありますので参考にしていただけたら幸いです。

 

今すぐ自宅で薄毛予防するために、効果ある育毛剤の選び方

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10


初めての育毛剤選び5つの基準!何を使えばいいか分からない人に


なぜ薄毛・ハゲになる?諸悪の根源DHTとAGAをくわしく知っておく


意外と知らずに使っている?買ってはいけいけない育毛剤とは


目的別で違う!適材適所の育毛剤選び
M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。
ページの先頭へ戻る