育毛を決意したきっかけとハゲ特有のの悩み

育毛を決意したきっかけとハゲ特有の悩み記事一覧

忘れたころにふとやってくる同窓会のお誘い。若かりし頃と比べて髪が薄くなり、見るからに老けてしまった男性にとっては、参加するかどうかは勇気ある決断になります。「薄毛は仕事を頑張って苦労した漢の勲章だ!」ってくらい割り切れてるならいいのですが、やはりいじられると嫌だし穏便に済ませたいというのが本音でしょう。実は育毛課長は中学生の同窓会の誘いを一度断っています。なにせ薄毛を意識したのが中学卒業間近。陰口...

薄毛の人が悔しいと思うことの一つに、老け顔に見られて実年齢以上に扱われてしまう悲しさというものがあります。・実際には20代なのに、40代に見られてしまった・彼女と買い物に行くとお父さんと来てるのかとお店の人に間違われる・子供と遊んでいると「お爺ちゃん」が孫と遊んでいると間違われる・大卒の新人なのに「役職クラス」と間違われた(←まさに私)・年取ってから、やっと見た目が年齢に追いついたと言われるこんな...

新社会人になって就職をしたり、人事異動で職場が変わると、人間関係も大きく変わるためストレスが溜まることがあります。さらに追い打ちのように、配属先で自前のハゲや薄くなった頭をいじられ、職場イジメのような仕打ちを受けることもあるのです。社会人のいじめって、学生とかの頃とは比較にならないほど激しいものがあります。特に、誰が見てもハゲている場合や、年齢に見合わず髪の毛が薄いような場合は、やり手上司や先輩の...

人間生きていれば、トラブルや事件は常につきまといます。自分では望まぬような状況に、ある日突然見舞われることは誰でも起こりうること。・強烈にヤバイ上司の元に配属になった・いじめや嫌がらせを受けて心理的なダメージを受ける・事故や病気で親しい人を亡くして悲しみを背負う・自分自身が病気や疾患で精神的に負担を背負ってしまうやまれぬ状況において、誰もが強い心で跳ね返せるものではありません。むしろ人間だからこそ...

ハゲは子供にとって最高の遊び道具の一つである。物心ついてネタに飢えている小学生にとって、ハゲほど分かりやすくいじりやすいカモは居ません。特に、見た目に分かりやすい頭頂部のハゲは、カッパ頭とか太陽とか「反射して眩しい」という容赦ない呼ばれ方をします。子供に馬鹿にされたくないから、真剣に育毛を始めようと考える人は少なくありません。今回は子供を取り巻くお父さんの育毛事情というテーマで、少し小話をしてみま...

父の日に日ごろの感謝を込めて、何か気の利いたものを贈りたい。そのプレゼント候補として、育毛剤をはじめとするヘアケアアイテムをプレゼントするという人が増えています。父の日に育毛剤??というと意外に思うかも知れません。薄毛というと男性のコンプレックスの代表でもあります。下手に育毛剤なんてプレゼントしたら、感情を刺激してしまうのではないか?ということを考えてしまいます。しかし、育毛剤は使う本人が購入をし...

『おでこが広いとハゲやすい』というような、いわゆるおでこの広さと薄毛の関係は昔からいわれてきました。小さいころから「将来お前はハゲるぞ」とからかわれたことはないでしょうか。10代や20代の頃からおでこが広いことに悩んできたという人は多いのです。生まれつきデコが広く、生え際が後ろにあるとハゲる体質なのでしょうか。結論から言うと、おでこの広さと薄毛には科学的な因果関係はないとするのが一般的な見解です。...

育毛剤を使い始めた人はどんなきっかけで心を決意したのか?ハゲを行動に駆り立てる要因の一つに、容赦なく髪を捲し上げてくる「風」という刺客の存在があります。私も風が強く吹く日が昔から嫌いでした。風により髪型のセットが乱れ、薄毛がキテいる頭皮が露出するのが怖かったから....。カツラが風で飛ぶシーンなどはよくネタにされますが、地毛であっても薄毛気味の人にとって強風吹きすさぶ日はあまり外に出たくないもので...

育毛剤を使ってヘアケアをしている人は、いつからどんなタイミングで育毛剤を使い始めたのか?ぶっちゃけて言えば「ハゲを意識し始めてから」ってことになるわけですが、初めて育毛剤を使う人にとっては「自分にはまだ早すぎるんじゃないか?」「もう手遅れなんじゃないか?」とかどうしても他人の動向も気になってしまうものです。育毛剤って化粧品のように他の人の行動が表に出ないので参考にできませんからね。今回は、育毛剤を...

page top