超辛口批評!買わないほうがいい育毛剤と選び方・考え方

NG育毛剤


育毛剤は現在数十種類も販売されています。効果のあるものもあれば、中には「買ってはいけない育毛剤」「おすすめできない育毛剤」も当然あります。

薬局ドラッグストアなどで買える激安育毛剤から、ネット通販で売っている1万円以上するものまで、20年近く色々な育毛剤を買って検証していくと、成分が微妙で効果が期待できそうにないものから、本当に頭皮と髪の毛のことを真剣に考えているのか疑問に思うものまで様々あることが分かります。


育毛剤選びにおいて軽視されがちな考え方について


育毛剤は、まずは髪を弱らせて抜け毛の原因となっているものを取り除き、その上で髪の毛の成長を促進させていかなければ意味がありません。

頭皮を「畑」に例えれば、植物の根っこ(毛根の細胞)を食い荒らす害虫を退治しなければ、どれだけ優れた肥料を与えても丈夫には育たないのです。

この基本的要素を満たしていない微妙な育毛剤がそこらじゅうに溢れていることをまずは知ってほしいと思います。

事前知識として、男性の場合、薄毛の原因の8割以上はAGAによるものと解明されてきています。

AGA


髪の毛が抜けてしまう原因は男性ホルモン細胞内酵素の影響で変質したDHTジヒドロテストステロンが、髪を作る毛母細胞を破壊してしまうから。

DHTによって髪の毛本来の寿命(ヘアサイクル)が縮まり、細く育たないまま抜ける髪の毛が増えていくことで「薄毛」となっていきます。

DHTはいわゆる頭皮の中にいる害虫なワケです。この害虫が多く発生する人はハゲるし、発生しない人はハゲないということ。

害虫DHTの発生を抑する効果を持つ成分は育毛剤には不可欠であり、抜け毛の原因を抑えつつ髪を成長させる効果を両立しなければらないということです。

優れた成分であっても、「細胞の成長促進単一の効果のもの」や「保湿・頭皮改善効果ばかり重点をおいたもの」はイマイチ微妙であると言わざるを得ません。

さらに優れた栄養を含んでいたとしても、頭皮をにダメージを与える強力なアルコールや保存量ばかり使われていたり、育毛にまったく関係の無い香料などで量増しされた育毛剤なども少なからず存在するのです。

以上の点を踏まえて買ってはいけない育毛剤について考えてみましょう。

価格に釣られて買ってはいけない育毛剤


価格は安いが育毛トニックに分類されるものは買いません


育毛トニック


育毛剤と違い、育毛トニックといって薬局などでも安く売られている商品は一度は目にしたことがあると思います。

サクセス・フレッシュリアップ・育毛精・スカルプジェット・フレッシュトニック柑橘EXなどなど他にもありますが、これらは共通して炭酸ガスを使ったジェット噴射とメントールの効果で非常に爽快爽やかな使い心地が特徴。価格も安くてヘアケアアイテムの入門用としても最適に見えます。

実際に使ってみて気がかりなのは、無駄に強烈なエタノールの刺激があること。肌が弱い人はヒリヒリして使えないばかりか、健康な頭皮に対してもアルコールの刺激は細胞を壊します。

エタノールには殺菌力があるとか書いてありますが、頭皮の雑菌を落とすのはシャンプーをしていれば十分です。度が過ぎた殺菌力など求めていません。

医薬部外品であることから大きな副作用はなく、誰でも購入できてしまうものですが、育毛トニックはわざわざ買って使うまでも無い商品であるといえます。

海外から「個人輸入」する育毛剤の購入は止めるべき


海外育毛剤輸入


海外からロゲインとかポラリス、プロペシアなどを個人輸入して使うという人がいます。

かくいう私も過去に買ったことはあるのですが・・・こちらは医薬品に分類される育毛剤です。副作用の可能性もあり、詳しい情報を知らないまま手にしてしまう可能性があるのです。

育毛大国と言われるアメリカ発の育毛剤ですから効果は期待する気持ちはありますが、ふたを開けてみれば製造国がまちまちであったり、品質の安定性に疑問があります。副作用が怖くて手が出ません。

個人輸入で育毛剤を買うのとほぼ同額で、AGAクリニックなどでの育毛治療が病院で受けられるようにもなってきたので、リスクを犯してわざわざ買う理由がみつからなくなりました。

海外育毛剤の個人輸入に関する警笛

医薬品でありながら疑問符が浮かぶ商品もある


カロヤン


国内で販売される数少ない医薬品であるカロヤンガッシュを初めとするカロヤンシリーズの育毛剤。

カロヤンの主な育毛成分は「塩化カルプロニウム」と言う成分であり、公式の説明書を見ても効果は血行促進である点しか書かれていません。

硬くなった頭皮の毛細血管を拡張して血流を良くし、髪を作る毛母細胞に栄養を送るという育毛にとっての基本を押さえていますが、やはり抜け毛防止に必要な成分は配合されていないのが残念。

医薬品である上に、ミノキシジルと同じくそもそも育毛のために開発された薬ではないので皮膚に対する副作用は当然あります。こちらももし使うのであれば、医師に相談してから私なら使いますね。最近は頭皮のタイプに合わせて、クールタイプやドライ肌用が売られていますが、主要な成分そのものは変わらないです。

カロヤン成分


さらに気がかりなのは、添加物としてわざわざ着色料(黄色5号)など使っていること。別に着色する必要ってありませんよね。見栄えを整えたいか分かりませんが、髪の成長のことだけを真剣に考えているとはいいがたいのでわざわざこの育毛剤を使う理由は私には分かりません。

もう一つ、日本国内の薄毛治療におけるガイドラインを制定している日本皮膚科学会の資料があります。最新は2017年度版

こちらによると塩化カルプロニウムの評価はC1(行ってもよい)にとどまっています。臨床試験など客観的データから導き出された検証結果においても、同じく医薬品発毛剤であるミノキシジルを配合した育毛剤に大差を付けられています。

関連:2017年度版 医療機関向けの脱毛症対策から見る今後の育毛

効果の裏返しである副作用のある育毛剤を使うのであれば、まずはクリニックで医師の診察の元処方してもらうべきであると私は思います。

安全性と信頼性が希薄な育毛剤は私は買いません


育毛剤を買ううえで、非常に多くの人の興味を集めるのが「肌への安全性」です。

次は肌への安全性と育毛剤の販売姿勢への疑問についての考察です。

育毛剤を色々比較してみても、どうしても分からないことがあります・・・それは配合されている数々の成分が、それぞれ一体どれだけの分量入っているのかということ。

薬事法の規定によると、医薬品であれば細かな配合分量を細かく記載する義務があるので分かりやすいです。「この育毛剤はほとんどがエタノールだな」とか、「ちょっと刺激強そうだな」とか・・・おおよその基準が分かるのです。

しかし医薬部外品・養毛化粧品・エッセンスなどに分類される育毛剤は全ての成分の記載義務はあれど、細かな分量の記載義務がありません!唯一の決まりは配合成分数が多い順に記載し、医薬部外品であれば特に有効な医薬品成分については別枠で記載するという決め事のみです。

極端な話、水がほとんどを占めていたりアルコールがほとんど占められていても傍から見た限りでは分からないということなんです。メーカーのサイトにも当然載っていません。厳密な医薬品でない場合は、どの成分がどれだけ入っているのか分からないという現実があります。

育毛剤を買うときのポイントとして、必ず成分をチェックします。

大抵はパッケージの裏に全成分が記載してあります。成分をチェックして、エタノールやパラベンといった保存料・溶剤・殺菌剤といったものが複数記載されているものは買ってはいけない育毛剤です。

アルコールの刺激が弱い人はもちろんのこと、肝心の成分の割合が少なくて塗ったそばから蒸発していってしまうものがほとんどだからです。せっかく買うのに余計な成分ばかりで占められていたのでは意味がありませんからね。

※精製水など水の配合が多いものもありますが、溶剤としてのアルコール類が少なければ低刺激性の点で評価してもいいでしょう。

注意点は、細かな成分については公式サイトなどでチェックできますが公式サイトでは全てが記載されていないことが多いです。パッケージを記載しているサイトならばいいですが、心配であればレビューサイトなどで成分の箱などを掲載しているものを見たほうがいいですね。

その他気をつけたいものは、香料とか意味不明に長い名前の成分が配合されたものは注意です。香料ははっきりいって育毛に関係ない成分ですし、長ったらしい名前のものは合成化学成分であるケースが多いので、入れられている目的を調べてから買ったほうがいいですね。

薬局などで売られている育毛剤の多くは、上記の懸念すべき項目に当てはまるものが多く効果を期待できないです。一度パッケージ裏を見て、成分をチェックしましょう。おのずと買ってはいけない育毛剤かどうかが分かりますよ。

本当に薄毛に悩む人のことを真剣に考えてるか疑わしい育毛剤


NG育毛剤


最後に、育毛剤の効果成分や、頭皮への安全性とは異なる視点でも、買ってはいけない育毛剤が見えてきます。

育毛剤を販売する会社の対応や、薄毛を改善してほしいという気持ちが伝わってくるかどうか?という販売者の姿勢・信頼性は実は軽視できないものであると考えてください。

育毛剤は市場が大きく、専門のメーカー以外にも、大手の化粧品メーカーや健康食品メーカーも続々と参入して商品を開発しています。

しかし、誰もが知る大手メーカー品育毛剤だからと購入すると、拍子抜けして落胆することもあります。興味ある方はこちらの記事を併せてごらんになってみてください。

詳しい説明もなく、他の商品の売り込みチラシばかり、使用者に対する専門家の相談窓口もない、商品を売っているだけの育毛剤に果たして薄毛に悩む人への誠意はあるのでしょうか?

育毛剤は毎日正しく使い続けてこそ効果を実感できるものです。一朝一夕ではなく、食事や育毛にとって良い生活も取り入れつつ総力戦で臨まなければならないものです。それだけに、育毛剤販売者とは長い付き合いにもなります。

良い育毛剤販売者の場合は、育毛剤の使い方から、より効果を高めるための知識についての情報を惜しみなく提供してくれます。図解入りの使い方で初めて買う人も分かりやすく、髪を育てるための知識を再確認できます。

では悪い育毛剤販売者だとどうなるか?育毛剤に関する情報はスズメの涙ほどのもので、代わりに別に販売する商品のチラシなどで埋め尽くされていたりします

商売熱心なのは結構ですが、こちらは本気で薄毛に悩んで、ネットにかじりついて調べて1つの育毛剤を手にするわけですよ。期待をもって届いた箱を開封したときの「コレジャナイ感」は半端ないです。

初めて育毛剤を手にする人にとって親切であると同時に、いろいろな育毛剤を使ってきた人にとっては新しい気付きを与えてくれる。そんな薄毛のことを真剣に考えてくれる販売者は高く評価すべき。少なくとも売れている育毛剤は、こうした要件を満たして購入者と向き合ってくれているわけです。

買ってはいけない育毛剤についてのまとめ


大手メーカーだから安心というものでもないのが育毛剤選びの難しいところ。

長々と育毛剤について思うところを書きなぐってきましたが、こうした苦い経験も踏まえて情報発信していくことが育毛サイトの運営者の役目だと思っています。

育毛剤を買うときの要点をまとめると、

  • 抜け毛対策と発毛促進の両面で成分を見る
  • 刺激がなく育毛のための成分を考えたものを使う
  • 薄毛に悩む人に対する販売者の姿勢をしっかり見る
  • 海外の育毛剤を安易に買うのはおすすめできない
  • 医薬品を使うときは医師の診察のもと使うのが安全

まだまだ育毛剤の進化は過渡期であり、今後も続々と新商品が出てくるでしょう。可能な限り一つ一つを検証して、買ってはいけない育毛剤ではないかを明らかにしつつ、縁あってこのサイトにたどりついてくれた人に役立てるようにしていこうと思っています。

ここまで個別の育毛剤について私が微妙に感じるものや意見を述べてきたのですが、まだまだこれ以外にも育毛剤ってあります。というかありすぎます・・・把握してるだけでも100種類近く。

一つ一つ検証していくのは大変だと思いながらも、やっぱり良いものはあるし、使ってみたいというものはたくさんあります。

薄毛を本気で治療するのであれば、しっかりと医師の診断のものと医薬品を使っていくことを育毛課長は推奨しています。

しかし、通院できなかったり、自宅でじっくりと育毛に取り組んでいきたいという声は圧倒的に多いです。

どうしても自宅で市販育毛剤を使っていく申していくのであれば、抜け毛防止成分・育毛成分が入ったものを使ってほしいと思っています。

信頼できるAGAクリニックの選び方はこちら

【検証済み】自宅でじっくりと育毛派におすすめはこちら


育毛結果


▲育毛剤で本当に変われるか?経過を公開


育毛剤ランキングトップ10


▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10


初めての育毛剤選び5つの基準!何を使えばいいか分からない人に


なぜ薄毛・ハゲになる?諸悪の根源DHTとAGAをくわしく知っておく


意外と知らずに使っている?買ってはいけいけない育毛剤とは


目的別で違う!適材適所の育毛剤選び
M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。
ページの先頭へ戻る