スカルプDメディカルミノキ5の効果を底上げする独自の工夫

アンファースカルプDメディカルミノキ5

 

シャンプーのスカルプDで一大人気を築いた予防医学のアンファーから、スカルプDメディカルミノキ5が発売されました。

 

一般に多くの人がイメージする育毛剤とは異なり、「発毛剤」として明確に新しく髪の毛を生やすことを目的とした第一類医薬品です。

 

同じ発毛剤としてはCMなどでも知名度のあるリアップがあり、どちらも主成分は同じミノキシジルを5%配合しています。

 

主力成分が同じならどちらを使っても効果同じ...ということが言えますが、後発品だからこそ薄毛に悩む人のことをじっくり考えた工夫がみられるものになっている点に注目しました。

 

開発には薄毛治療のAGAクリニックでも歴史のあるヘアメディカルグループが携わり、実際の現場で得たデータも活かされています。開発者の並々ならぬ思いを感じることができました。

 

アンファー公式:発毛剤スカルプDメディカルミノキ5

 

まだ発売されたばかりでレビューなどもない状況ですが、あえて今スカルプDメディカルミノキ5を選ぶ理由はどこにあるのか?という点について詳しく検証していきます。

 

一番気になるところ「発毛剤リアップx5との比較」

アンファーのスカルプDメディカルミノキ5を検討するにあたって、最も気になるのはすでに販売されている大正製薬のリアップX5でしょう。

 

主成分たるミノキシジルを5%含んだ発毛剤である点は共通しています。

 

ミノキシジルは医薬品育毛剤の成分として、日本頭髪医学の権威である日本皮膚科学会も使用を推奨するというエビデンスを持っています。

 

日本皮膚科学会によるミノキシジルの評価はA(使用することを強く勧める)

日本皮膚科学会資料
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

 

異なるのはミノキシジル以外の添加物です。

 

リアップX5に配合されている成分は以下の通り。

ミノキシジル5.0g(100㎖中)、ピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、lメントール
添加物、セタノール、1.3ブチレングリコール、ジプチルヒドロキシトルエン、リン酸、エタノール

 

スカルプDメディカルミノキ5の全成分は以下のもの。

成分:ミノキシジル 分量:5.0g(100mL中) 
添加物:グリセリン、1,3-ブチレングリコール、エタノール、リン酸

 

スカルプDメディカルミノキ5が異なる点は頭皮のダメージになりうる添加剤を使わない製法になっていることです。

 

酸化防止剤であるジプチルヒドロキシトルエン(以下BHT)不使用として頭皮への刺激を押さえています。BHTはせっかく生まれようとしている髪の毛の細胞を委縮させてしまう恐れがあり、スカルプDメディカルミノキでは使っていないということです。

 

アルコールの刺激を抑えるために溶剤にグリセリンを使用しています。アルコールはヒリヒリした刺激にもなるものであり、極力頭皮への刺激を押さえようという取り組みは評価できるものです。

 

添加物はミノキシジルの劣化を防ぎ、自宅での使用でも安全に使うためには必要なもの。リアップでも無駄なことはしていないはずですが、スカルプDメディカルミノキ5では懸念のあるものを使わずに済む製法をとってきています。この辺りは後発だからこそなせるメリットです。

 

メディカルミノキの頭皮との接地口

 

スカルプDメディカルミノキ5は頭皮と接する部位にもラバーヘッドを広く採用しており、より頭皮に優しく使うことができるという点で差別化がされています。

 

改めて医師が薄毛治療にミノキシジルを推奨している理由

主成分であるミノキシジルは海外初の医薬品成分ですが、国内でも使用実績が長く、実際に病院での薄毛治療として使われています。

 

具体的な効果は、

 

・壮年性脱毛症における発毛
・育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防

 

として、新しく髪の毛を生やす発毛効果と、ヘアサイクルを整えて髪が早期に抜け落ちるのを防ぐという作用が期待できます。

 

ミノキシジルの作用で改善するヘアサイクル

 

既に歴史は長く、初めは1%濃度から始まって現在は5%に。論文においても5%濃度のほうが発毛効果が大きいことが実証されており、最も研究されている育毛の成分と言ってもよいでしょう。

 

この試験の目的は、男性、日本人アンドロゲン性脱毛症患者を対象とした二重盲検対照試験において、5%局所ミノキシジルと1%局所ミノキシジルの臨床的有効性の優位性を検証することであった。

 

(中小略)私たちの知見は、アンドロゲン性脱毛症を患う日本人男性の治療において、5%局所ミノキシジルが1%局所ミノキシジルに優ることを確認した。とあります。
参考:海外における発毛論文ミノキシジルの1%濃度と5%濃度の比較データ(英語原文まま)

 

日本人男性向けの臨床試験もされており、発毛の実績と副作用などの影響のデータが蓄積されてきています。改めてネット通販で正規に購入でき、安全に使用できる発毛剤としての価値があるのです。

 

気になる副作用は?一般に言われるミノキ焼けを冷静に分析

医薬品となると多くの人が副作用を気にします。風邪薬は普通に飲むのに、なぜ頭皮に塗る薬はこんなに慎重になるのか?

 

ふと考えたのですが、やはり新たに何かを得るより失うことの方がリスクが大きいと考えるからですね。余計にハゲたらどうしよう?という不安が先にくるのです。

 

では、スカルプDメディカルミノキ5を使う上で副作用はどういったものを気にしていけばいいでしょう?

 

ミノキシジル含有の医薬品について調べていると、ミノキ焼けというキーワードが出てきます。頭皮が赤く焼けたようになり、かゆみで掻いてしまい抜け毛が増えてしまうというもの。

 

しかしこの症状よく調べてみると、含有しているアルコール成分による炎症・アレルギーであることが大半でした

 

スカルプDメディカルミノキ5も大半がアルコール成分です。これはミノキシジルを安定的に保存するために必要なもので、本来頭皮に付けても揮発してしまうので影響がないものです。

 

しかし、まれに皮膚が赤くただれる人もいます。注射の時などに使う消毒で真っ赤になったりヒリヒリしたり、かぶれやすいという人は慎重に検討しましょうということになります。

 

購入時にチェック欄で提示される項目で問題ないか確認できる

スカルプDメディカルミノキ5を購入する時には、購入画面にて注意事項の確認と承諾を求められます。このチェック項目で問題がないか素直に見ていけばリスクは事前に回避できるものです。

 

医薬品であるだけに間違った人が買わないよう配慮されていますから、過剰に心配することなく使っていくようにしましょう。

 

一般のネットでよく見る育毛剤との比較点と使い分けの違い

一般の薬局で買える育毛剤

 

一般的な市販の育毛剤と比べてみるとどう評価すべきか?という視点でも考えてみましょう。

 

一般にネットでは医薬部外品や、新成分を配合したスカルプエッセンスなどが人気を博しています。広告などでも目にしたことがある人は多いでしょう。

 

こうした育毛剤との違いは再現性の違いです。

 

再現性とは「発毛」毛が生えるかどうか?という点にあり、主成分であるミノキシジルは医学的なエビデンスを持っています。

 

一般の育毛剤でも効果あるという人はいますし私も長年使っているのですが、成分が商品ごとに異なり自分の症状に合うかどうかの見極めが難しいといえます。

 

スカルプDメディカルミノキ5ならだれでも発毛できるとは言えない部分がありますが、より医学的な再現性が高いというのがメリットです。

 

また、医薬部外品などの育毛剤は抜け毛の防止や発毛の促進という効果であり、薄毛の進行具合によっては全く対処できない場合もあります。大きく抜け毛が進行して地肌が見えだしているような薄毛症状でも新たな発毛が期待できる点では大きな違いがあります。

 

スカルプDメディカルミノキ5の購入はサポート付きを推奨

スカルプDメディカルミノキ5を購入するのであれば、推奨できるのは公式のサポートが付いた4本セットのパッケージです。

 

一般の医薬部外品などの育毛剤と異なり、そもそもミノキシジル自体にも副作用があることは明示されており、体質により合わないこともあるのです。これは個々にオーダーメイドされた処方ではないので仕方ないところ。

 

しかしその分臨床医学で実証された発毛効果があるものです。リスクを最小限に抑えて毎日使っていくためには、万が一の際に相談できる窓口があるのは心強いものとなります。

 

4本セットのパッケージのみですが、ミノキドクターズサポートが付帯されています。これは4本使用後(4か月後)に、AGAクリニックにて医師による具体的な診断が受けられるというものです。

 

AGAクリニックの医師によるドクターズサポート

 

スカルプDメディカルミノキ5の開発にも携わっているヘアメディカルグループであり、発毛の状況について正確なアドバイスが受けられるというサービスで安心して使えることになります。

 

個人的には医師による診察は初めに持ってきたほうが良いのではないか?とも思う点はあります。初めに頭皮の状況を把握してもらったほうが失敗はないと思うのですが、あくまでネット通販が入り口であることから難しいのかもしれません。医師への相談のタイミングが任意でできるようになればなとも思ってしまいました。

 

予防の範疇を超えて生やしたいならメディカルミノキ5

ミノキシジルにより効果があるとする頭皮の図

 

医薬品という点で依然抵抗ある人も少なくないとは思いますが、スカルプDメディカルミノキ5は薄毛に悩む人のことを想像以上に真剣に考えられた発毛剤でした。

 

一般の育毛剤でも効果を実感している人は少なからずいますが、実際には自分に合うものに巡り合えずになかなか変化がないまま時間だけが過ぎてしまう人が多いのが育毛の現状です。

 

あくまでも生やしていくならばより多くの人に再現性が認められた発毛剤使うべきであり、それが自宅で手間をかけずにできるとなればスカルプDメディカルミノキ5は有望な選択肢になりえます。

 

頭皮に優しくない酸化防止剤を使わず、より髪の毛のことを考えて練られた商品ということで、後発品であるからこそ使うべき理由は備えています。

 

アンファースカルプDメディカルミノキ5

 

今回は私の友人がスカルプDメディカルミノキ5を4本セットで購入しました。また改めて様子を聞いていきたいと思いますが、今まではヘアトニックスプレーを使っていただけで、ミノキシジルを使うのは初めてなので安心できるサポート付きを選んだと言っていました。

 

今薬局などで購入した育毛アイテムをだましだまし使っているのであれば、本格的な発毛剤をじっくりと使ってみてはいかがでしょうか。

 

アンファー公式:発毛剤スカルプDメディカルミノキ5

 

スポンサーリンク


育毛結果


▲育毛剤で本当に変われるか?経過を公開


育毛剤ランキングトップ10


▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10


初めての育毛剤選び5つの基準!何を使えばいいか分からない人に


なぜ薄毛・ハゲになる?諸悪の根源DHTとAGAをくわしく知っておく


意外と知らずに使っている?買ってはいけいけない育毛剤とは


目的別で違う!適材適所の育毛剤選び
M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。
ページの先頭へ戻る