敏感肌の女性は女性用育毛剤選びも注意が必要

敏感肌女性

 

季節を問わず敏感肌で悩む女性は、頭皮も同じように敏感で、乾燥していたり、かゆみや湿疹などが出やすかったりする可能性が高いです。そのため、普段から基礎化粧品やシャンプー選びなどで苦労していることも多いのではないでしょうか。

 

女性用の育毛剤選びに関しても同じで、肌に合わないとヒリヒリしたり、肌荒れを促進させてしまうなどマイナスの副作用を受けてしまうこともあるので注意が必要なのです。

 

敏感肌は年齢やストレス、食生活など様々な要因が考えられていますが、一旦敏感になった肌は元のようには戻りにくいため、自覚してきたら肌や頭皮を含めてトータルにケアする必要があります。

 

敏感肌の女性にとって、薄毛や抜け毛が気になるようになってきたら要注意です。なぜなら、少しでも抜け毛の進行を止めようと思って育毛剤を購入しても、頭皮に刺激を感じて使えないという問題が起こる可能性があります。

 

育毛剤が使えないと、抜け毛が増えていっても効果的な処置ができないために、症状がさらに悪化してしまうことも考えられます。

 

では、敏感肌の女性はどのような点に注意をして育毛剤を選べばよいのでしょうか。選び方のポイントとしてまず大切なのは、頭皮に刺激を与えないような成分を知っておくことです。

 

敏感肌だからこそ育毛剤の成分に拘りを

育毛剤成分

 

敏感肌で悩む女性に適した育毛剤の成分にはどのようなものがあるのでしょうか。まず、原材料になにが使われているかをチェックしてみましょう。

 

副作用無く育毛できる成分としては、頭皮や髪を作る元になる「アミノ酸」や昆布などの「海藻成分を抽出したエキス」、ニンジン、ごぼう、ローズマリーから抽出したエキスなど、漢方薬の生薬として使われる天然植物由来の成分が含まれていることが多いです。

 

さらに、ヒアルロン酸などの保湿成分を配合している育毛剤もあります。このような頭皮に優しい成分が含まれる育毛剤を使うことで、頭皮を健康に保ち、乾燥や炎症を防ぐ効果が期待できます。保湿しながら血行を促してくれたりしますので、抜け毛の予防と頭皮のケアを同時に行ってくれるといえるでしょう。

 

また、含まれる成分だけでなく、何が含まれていないかにも注目しましょう。人工香料や着色料、シリコン、石油系の界面活性剤などを使用していない、無添加に拘った育毛剤が敏感肌で悩む女性の方のために作られています。育毛剤の成分を事前にしっかり調べることで、安心して長く使用できます。

 

敏感肌の女性に適した育毛剤で失敗しない選ぶ基準

育毛剤

 

育毛剤を選ぶときに、どうしても即効性や価格などを重視してしまうこともあるでしょう。

 

しかし、敏感肌の女性は頭皮の健康を維持することを第一に考えて、慎重に選ぶことが大切といえます。

 

いくら効果が期待できる育毛剤であったとしても、頭皮に刺激が強ければ継続して使用していくことが難しくなるでしょう。

 

一番の刺激となるのは強いアルコールや合成香料

そもそも育毛剤がしみたり、頭皮にダメージを与える代表的なものが、保存料として使われるアルコールの部類です。

 

アルコールは成分を劣化させないためにほぼすべての育毛剤に使われていますが、中には度を過ぎて多く含まれているものも少なくありません。しかも普通にメーカーの販売ページを見ただけでは、刺激の強さが分からないものもあります。

 

女性用育毛剤として販売されつつも、極めて強いアルコール濃度でヒリヒリ感が強いものもあるので注意が必要。女性用だからと言って、すべてが低刺激で使える育毛剤ばかりではないのです。

 

なるべくアルコールなどの成分を含まない、無添加で頭皮への刺激が少なく、敏感肌の女性向けに作られた育毛剤から試してみることをおすすめします。

 

さらに、育毛剤に含まれる独特の香りが気になるかどうかも重要なポイントです。一度気になると続かなくなってしまうこともありますので、香りも抑え目な育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

使って検証した無添加かつ刺激の少ない女性用育毛剤

 

安全で長く続けられること

抜け毛が増えてきたときは、とても気になるものです。髪の毛のボリュームも減ってくるので年齢より上に見られることがあったり、好きなヘアスタイルがあってもなかなか思ったようなイメージにならなかったりします。髪型で第一印象が左右されることもあるので、できるだけ早いうちに薄毛予防をしておくことが大切です。

 

肌と髪は常に人に見られているところなので、一旦気になってしまうとすぐに効果を出したいと考えてしまいがちではないでしょうか。しかし、最も大切なことは安全な成分で長く続けられるものを選ぶことです。

 

敏感肌の場合には育毛剤の選び方を間違えると頭皮の乾燥や炎症につながることもあります。刺激の少ない頭皮にやさしい成分の育毛剤を選びましょう。まずは女性向けに特化した敏感肌用の育毛剤に注目してみてはいかがでしょうか。


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

頭皮地肌が敏感な女性の育毛剤選びは刺激成分が少ないものを使う関連ページ

ノコギリヤシの育毛サプリ は女性が飲んでも効く?副作用は大丈夫?
ノコギリヤシのサプリメントなどを女性が服用することは副作用があるのではないかと疑問を持つ方も多いようですが、副作用の問題ないというのが一般的な見解です。実際に、女性用に販売されているノコギリヤシサプリメントも存在します。
女性のひどい抜け毛・薄毛に悩んだら病院は何科で診てもらえる?
女性の薄毛は男性とはまた異なった原因で発症するものが多く、抜け毛・薄毛の原因によって対応する病院の科が分かれてきます。抜け毛や薄毛が気になったら何科を受診するべきか?参考にすべき情報をまとめています
プロペシアは女性が飲めない!副作用や禁忌の理由と代替療法とは
プロペシアは抜け毛の原因とされる悪性の男性ホルモンの生成を防ぐことができる薬であり、男性の9割の薄毛の原因とされるAGAの治療薬では重要な位置づけの育毛剤です。しかし、女性は飲むことはおろか、妊娠中の女性は錠剤に触ることもNGとされているなど、薄毛に悩む女性が使えるものではありません。ここではプロペシアを女性が飲めない理由をめとめるとともに、抜け毛や薄毛に悩む女性はどんな育毛剤を使っていくのがベストなのかを検証しています。
妊娠中の抜け毛に育毛剤を使っても大丈夫?胎児や体調への影響は?
ホルモンバランスの崩れで妊娠中は抜け毛が増えやすく、お風呂の時にびっくりする人も多いです。女性用の育毛剤で対策をしようと考える場合、自身の体調や胎児への影響や副作用などは心配ないのかをまとめています
武田薬品のMIYABIKA育毛剤のリアルな口コミと正直な感想
国内最大手ともいえる製薬会社である武田薬品が開発した女性用育毛剤MIYABIKAってどうなの?成分から分かる効果や、安全性、使い心地などを総合的に検証レビューしたことをまとめています
産後の円形脱毛症の原因と悪化させないためのベストな治療法
女性の多くが抱える悩み。産後の円形脱毛症はなぜ起こってしまうのか?まず円形脱毛症とは通常の抜け毛・薄毛の仕組みとは異なり、免疫機能の低下により起こるということを知っておく必要があります。
女性用育毛剤の副作用ってどんなものがあるの?気を付けるべき症状
女性用の育毛剤を使う上で、気を付けるべき副作用はあるのでしょうか?女性用ということでトラブルのない成分を配合してはいますが、万人に安全というものはありません。事前に対処法を知っておくことで安心して使えます。
ダイエットがきっかけで抜け毛が増える!無理な絶食はハゲの元
スリムな体を作るためにダイエットに取り組んでいる人も多いですが、ダイエットをきっかけに抜け毛が増えてしまったという人も少なくありません。特に食事を制限するダイエットは髪の健康にも悪影響を与えるので気を付けるべきです
女性の頭皮地肌が透けるのは薄毛の兆候!目立ちやすい頭頂部に注意
女性の薄毛は頭頂部付近の地肌や、分け目を中心に透けて見えるようになってくることが予兆としてあります。男性と違い全体的に薄くなるため気づきにくいですが、「あれっ」と思ったら早めに対策をしましょう
女性ホルモンの分泌を増やす・整えることで薄毛を改善・予防する
あなたが薄毛に悩む女性であれば、将来薄毛にならないために、また薄毛を改善するために女性ホルモンの分泌を整えて分泌を増やすことを考えましょう。ホルモンバランスと髪の成長は深くリンクしあっています。
女性の薄毛も遺伝が原因?育毛剤の効果はある?
薄毛というと遺伝で体質を受け継いでしまうことが医師の間でも議論されています。親や祖父母に毛が薄い人がいる場合は、女性であっても髪質は薄くなる素質を受け継いでしまっているのでしょうか?
産後1年半経過しても抜け毛が止まらない時の対策について
産前・産後の抜け毛は一時的なものと聞いていたのに、1年近く経っても抜け毛が止まらず髪質も悪くなってきて不安な場合は、どういう原因が考えられるでしょうか?取るべき対策についてまとめています
女性の地肌の透け(薄毛)は、「髪やせ」が原因?特徴と対策方法
薄毛に悩む女性の症状の一つに、「髪やせ」といって1本1本の髪が細くなることがあります。毛の量そのものは減っていなくても、1本の太さが痩せて細くなるために密度が少なくなって地肌が露出するのです
女性で生え際が後退してしまう原因と今すぐしたい対処法
自分は女なのに、生え際が後退してオデコがどんどん広がってきてしまっている。これってどう対処すべきなの?女性で生え際が少なる原因と、気づいたら今すぐしたい対処法についてまとめています