女性用育毛剤の副作用ってどんなものがあるの?気を付けるべき症状

女性専用育毛剤でも副作用はある?兆候を事前に把握

 

女性用育毛剤を使う上で、気を付けるべき副作用はあるのでしょうか?

 

女性用ということでトラブルのない成分を配合してはいますが、万人に副作用が出ない安全というものはありません。事前に対処法を知っておくことで安心して使えます。

 

まずは強い副作用がある「使えない育毛剤を知ること」と、「副作用の症状と予兆」を知ってトラブルが起きる前に対処できるようにしておきましょう。

 

女性用育毛剤の成分と皮膚の副作用

具体的に女性用育毛剤の、どのような成分が肌トラブルの原因となりやすいのでしょうか?

 

まず育毛剤にはほぼ確実にアルコールが殺菌目的で使われています。「アルコール」や「エタノール」が配合されている育毛剤の場合、清涼感がありさっぱりとした感覚で育毛剤を使用することができますが、「タンパク質を分解してしまう」、「皮脂を過剰に除去してしまう」などの影響で、かぶれや発疹、ふけ、かゆみなどの症状が出ることがあります。

 

肌に過剰な負担がかかるため、高濃度で含まれているものは避けた方がいいでしょう。敏感肌の方はアルコールフリーの製品を選んだ方がいいですね。

 

植物によるかぶれを起こした経験ある人は事前に確認

また、育毛剤には非常に多くの植物エキスが配合されています。頭皮の保湿や髪の毛の成長促進効果を高めるために使われますが、天然の植物由来=安全ではありません。

 

植物エキスには肌に合わない場合もあり、かぶれなどの症状が出る人が稀にいます。どれだけパッチテスト済みという女性育毛剤を使ったとしても、人によって体質が異なるため完全には分かりません。特定の植物でかぶれた経験があるような人は、事前に成分を確認して使うようにします。

 

使っているちに肌が赤くなったり、塗った部分だけかゆみが出る・・・という場合にはすぐに使用を中止。かゆみが残るならサッと洗い流しましょう。

 

肌が赤くなるのは副作用のサイン!血行が良くなってるわけではない

 

一番初めに育毛剤を使うときには、腕などの目立たない部分で、皮膚にアレルギー反応が出ないかどうかをチェックしてから使うと安心です。

 

女性用で注意すべき育毛剤と使えない育毛剤

製品に「ミノキシジル」が入っている場合、発毛効果が高い反面、頭痛や血圧低下、心拍数の増加の可能性があります。(大正製薬のリアップリジェンヌ)低血圧症や心臓に疾患などの持病がある方は、さらに病状が悪化するおそれがありますので使用には注意が必要です。

 

また、男性用の育毛剤「フィナステリド(プロペシア・ザガーロ)」は女性は使えません!妊娠中の女性は「フィナステリド」が入っている男性用育毛剤には特に注意が必要です。冷え性になったり、胎児に悪影響を及ぼす可能性があると言われており、製品に触れたり間違って使用したりすることが無いようにしましょう。

 

副作用について必要以上に誤解してる人が多い

育毛剤というと頭皮に塗るものであるし、髪が命の女性であればなおさらトラブルは心配なもの。しかし、現状ネット上の情報では、必要以上に副作用の危険をあおるサイトも目立ちます。

 

一般に育毛剤の副作用については、普通の化粧品であるとか、皮膚の塗り薬と全く同じものととらえるべきです。影響を与える主な薬効成分に大きな違いがないためです。

 

それこそ風邪薬を飲むときでも、説明書を見れば副作用はぎっしり書いてありますね。多くの人が使うだけに考えられることは書いてあるのは女性用育毛剤でも同じ。必要以上に怖がって神経質になる必要はないということをお伝えしたいです。

 

女性の脱毛には女性専用の育毛剤

育毛剤と言うと男性のものというイメージがありますが、女性は女性ならではの理由で脱毛することがあるため、女性専用の育毛剤というものが存在します。もし間違って女性が男性用の育毛剤を使ってしまった場合、効果が無いことが多いばかりか、逆に副作用が起こることもあります。

 

女性が育毛剤を使うなら、女性用か男女兼用の育毛剤を使用することをおすすめします。女性の薄毛の場合、多くは更年期を過ぎた頃からの女性ホルモンの減少や加齢による頭皮の老化が原因です。その他にもストレスを抱えている方や出産などでホルモンバランスを崩したり、頭皮の血行不良などで脱毛したりすることがあります。

 

また、パーマやヘアカラーなどで頭皮や髪の毛を傷めてしまうことがあり、それが脱毛原因に繋がることもあります。女性用の育毛剤は血行促進や栄養補給、頭皮の保湿などを目的として作られていて、男性用の育毛剤よりも穏やかな作用の成分で構成されていることが多いため副作用が少ないと言えます。

 

どんな育毛剤を使う場合でも、注意書きに書かれている内容をしっかりと守り、用量や用途を間違わずに使用するようにしましょう。

 

女性用育毛剤を使用しない方がいい場合とは?

ほとんどの女性用育毛剤は男性用のような強い成分が含まれておらず、安全に使用することができると言われていますが、体調や体質によっては控えた方がいい場合もあります。

 

「皮膚が過敏な方」、「アレルギー症状を持っている方」、「妊娠中の方」、「低血圧症の方」、「心臓疾患のある方」は製品によっては副作用が起こる場合がありますので、使用には注意が必要です。

 

特に妊娠中は体調が不安定になりやすく、皮膚も敏感になるため、普段から使い慣れている女性用育毛剤であっても急にかゆみやかぶれなどの副作用が出る場合があります。なるべくなら、妊娠中の育毛剤の使用は控える方がいいでしょう。

 

また、普段健康な方でも肌が荒れていたり傷ついていたりするときに使用すると、そこの部分から育毛剤が入り込み、肌トラブルを起こす可能性もあります。頭皮マッサージの際は爪に注意をし、頭皮を傷つけないようにしましょう。

 

もしも「育毛剤がしみて痛い」、「かゆみが出る」「ハレや赤みがある」などのトラブルがあるときは、すぐに育毛剤の使用を中止してください。中止をしても肌トラブルが改善しない場合は、皮膚科もしくは頭髪専門医のいる病院への受診をおすすめします。

 

まとめ:女性用育毛剤を安全に使うには?

育毛剤は頼りになる存在ですが、育毛剤を使用する限り副作用が少し気になるかもしれません。

 

女性の薄毛の場合、女性ホルモンバランスの悪化や血流不足が原因で脱毛してしまうことが多く、ホルモンバランスの改善や血流改善で脱毛を防ぐことができることもあります。

 

まずは日常生活を見直し、規則正しい生活やバランスの良い食事、適度な運動などを心がけ、育毛剤に頼りすぎずに補助として使用していくようにしましょう。

 

女性用で安全性の高い育毛剤を検証してまとめました

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top