20代で使うべき育毛剤の選び方と注意点まとめ

20代でハゲてきてしまうという「若はげ」になってしまう人は年々増えています。

 

正確には増えてきているというよりも、悩みを顕在化して問題として捉える人が増えたというのが正解だと思います。何かと人目を気にするご時世になりましたし、ネットでハゲに関する情報は日常茶飯事で飛び込んできます。

 

20代という若い状態で、そもそもなぜ薄毛になるのか?また、20代で薄毛になってしまった人の最適な育毛剤は何を使うのが正解なのかをまとめていきます。

 

20代で薄毛になるのはそもそも異常な状態である

そもそも20代というのは細胞の衰えもまだ表面化せず、本来は薄毛になるような状況ではないです。髪の成長に必要な成長ホルモンが少なくなるのは20代中盤からとは言いますが、成長ホルモンの低下が薄毛であれば、皆一様にハゲになってきているはず。

 

では、よく言われる生活習慣が原因かというと、これも20代の薄毛の主原因としては根拠に乏しいことはあまり知られていません。20代になって社会人生活を送る人が増え、ストレスや生活の不摂生で薄毛になるというのは一つの要素ですが根本的なものではありません。生活習慣が悪くても、ハゲる人はハゲるし、ハゲない人はハゲないのです。

 

10代の薄毛の原因と対策についても解説をしましたが、もっとも疑うべきはAGAによる薄毛です。

 

AGA

 

AGAは男性ホルモンにより、毛根細胞が委縮して寿命が縮まる男性特有の薄毛症状です。AGAは遺伝により特性を受け継ぐもので、思春期を過ぎて男性ホルモンの機能が成熟した段階で若いうちから発症するため、20代で気になるほど髪が薄くなる場合はAGAが原因を疑います。

 

参考:20代の薄毛で疑うべきAGAについて詳しく解説しているページ

 

一般に育毛剤を使うと言っても、育毛剤は商品ごとに配合成分が異なっています。単に抜け毛の予防を目的としたものから、AGAの対策成分が含まれるものまで様々であり、安易によさそうだからと言って手を出してしまうと使っても効かないという状況に陥りかねません。育毛剤で効くだの効かないだのという議論が多く見られるのは、薄毛原因にあった最適な育毛剤を使っていなかったという部分が大きいのです。

 

20代で育毛剤を使う際は、頭皮のケアや血行促進だけを謳ったものではなく、しっかりとAGAによる抜け毛を防止する成分を配合した育毛剤を使うべきです。

 

ページ内リンク:まだ髪はあるけど将来的な予防で育毛したい場合

 

すでに進行した20代のはげを治療する為の育毛剤の考察

リアップ(ミノキシジル)だけでは効果が弱い

リアップ

 

医薬品発毛剤として知名度が高いのがリアップ。ミノキシジルという医薬品をつかっており医学的にも推奨される育毛剤ですが、成分を見てみると20代にはおすすめできません

 

ミノキシジルの主な効果は血行促進であり、血液によって栄養を受け取り成長する髪を育成します。血流促進は育毛には大切なもので、髪を作る毛母細胞の成長には重要ですが、ミノキシジルだけで薄毛が治療できるのは少数派です。

 

ミノキシジルの効果

 

医薬品育毛剤としては副作用が多いのも問題であり、ミノキ焼けともいわれる頭皮の炎症が起きる可能性もあり、安易に手を出すべきではないです。

 

確実なのはプロペシアだが医療機関を受診すべき育毛剤である

プロペシア

 

20代の薄毛に最も効果を期待できるのは、AGAの基本薬であるプロペシア(フィナステリド)です。男性ホルモンによって発生するジヒドロテストステロンDHTを抑制することで、抜け毛や薄毛の根本の原因になっているものを取り除いてくれます。

 

20代の薄毛にプロペシア

 

医薬品で薄毛治療する場合は、必ずAGAクリニックなど専門の治療院で初診を行い、副作用の有無や使うべきかどうかを判断してもらいます。

 

AGAクリニックの選び方と育毛剤との比較

 

20代から薄毛予防のためにおすすめできる育毛剤

育毛剤

 

まだ毛が薄いという自覚はないけど、20代のうちから育毛剤で薄毛予防をしていく場合。育毛は早ければ早いほど予防や改善効果が高くなり、進行してからでは長期間病院へ通うなどお金もかかるようになります。

 

頭頂部や部分的に髪が薄くなってきたと感じたり、髪の毛がやせ細ってきたと感じているならばAGA対策成分を多く含む育毛剤を使っていくことです。

 

一般にネット通販で販売されている育毛剤の中で、20代に必要な男性ホルモン対策されたものを使うことで、月々の育毛剤費用を押えつつ薄毛予防をしていきます。

 

医薬品プロペシアのように強力ではないですが男性ホルモン抑制作用で抜け毛を防止する成分が複数入っているので、抜け毛を防止ながら今ある髪を丈夫にしていくことができます。

 

配合成分で比較した20代で使い始めるべき育毛剤のランキング

 

育毛剤には頭皮のかゆみや炎症を鎮めて、血行促進して髪の毛に栄養を与える成分も配合されています。頭皮の潤い成分であったり、皮脂を抑制してくれたりと頭皮環境の為の成分がたくさん入っているのがポイント。自宅でじっくりと育毛をしていくなら、好みに合わせてチェックしてみましょう。

 

まだ薄毛が気になるほどではないけれど、将来のために予防しておきたい、気になる前に髪を元気にして抜け毛を防止しておきたいという人も増えています。防止という場合はまだ髪はそれなりに元気であることが多いと思うので、過剰な効果をもつ育毛剤までは使う必要が無いでしょう。

 

安易に安い育毛剤に手を出すと、強い刺激で逆に薄毛を進行させてしまう場合もあります。とりあえず使てみようという考えで、手軽な育毛剤ばかりを手にするのはやめてください。

 

低価格で効果の高い育毛剤を比較もしてみました

 

20代で使うべき育毛剤のまとめ

薄毛の原因は複数ありますが、年代別に見て20代という若い世代では体の機能や細胞の衰え以外の部分を疑うべきです。AGAよる薄毛の可能性が高いため、まずはAGAクリニックを受診するか、AGA対策成分を含む育毛剤を使っていくのが改善への近道です。

 

年を経てからの育毛とは違い、髪の毛が成長できない要因を取り除いてあげることで効果を実感できるケースがあります。20代で髪が薄くなるのはそもそも異常な状態ですから、育毛剤選びも慎重に、必要な成分がしっかり配合されているかどうかを見て選んでいきましょう。

 

生活習慣を見直すのも無駄なことではありません。食事と睡眠、運動という自分でできる行動による育毛活動を始めること!いきなり育毛剤を手にすると、育毛剤に頼ろうという考えが出てくるので効果が出ない人が多いです。まずは育毛にとって何が必要なのかを考えなければハゲは治らないということです。

 

食生活の変化やストレスなどによって栄養が行き渡らずに髪がやせ細り、複合的に要因が絡み合った結果薄毛になるパターンが多いのです。自分の生活も省みたうえで育毛剤の力を借りること。育毛は総合的に対策をしてこそ、髪は生えてくるものと心得ましょう。

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

20代で薄毛を治すのにおすすめできる育毛剤の必須要素関連ページ

栄養不足で若ハゲになる?
若ハゲとは20代や30代で薄毛になってしまうもの。主な原因としてはAGAという医学的に解明されているものがありますが、栄養不足による髪の痩せ細りが見た目の薄さを加速させる要因にもなります
毛量測定ができるアプリ
若ハゲを測定するのには、髪の毛の密度を図る毛量測定と言うものがあります。まずは髪の状態をチェックしましょう。
10代で薄毛になったら・・・
早くは10代半ばの高校生から薄毛の悩みを抱える人がいます。実は私も薄毛を意識したのは高校2年の時でした。だからといって即育毛剤を使うというのは待ったほうがいいです。まずやるべきことを知り、適切な治療をしていくための情報をまとめています
40代から薄毛が気になる人におすすめできる育毛剤とその理由
体力の衰えも感じ始める40代になってから、髪の毛も薄く衰え始めてしまった人が使うべき育毛剤とは。40代という身体的傾向からおすすめできる成分の育毛剤と、実際に40代男性の多くが使っている育毛剤をピックアップしました。