リアップ育毛剤を使うことによる効果と副作用

リアップの主成分ミノキシジルの効果と副作用

リアップX5

 

医薬品育毛剤リアップに含まれるミノキシジルは、日本皮膚科学会が”唯一”発毛効果を認めた成分です。

 

CMでも水谷豊さんが「リアップだけ!」と力強くお話しています。しかしその割にはネットの評判や口コミが悪く、その効果の真偽を気になっている方が多いと思います。リアップがこれだけ議論されるのは、主な育毛成分であるミノキシジルに「副作用」が確認されているためです。

 

ただ多くは内服した場合に伴う副作用であって、育毛剤などの塗布型のミノキシジルの安全性は高まっているようですが、私自身が頭皮へ塗ったことによる副作用を経験しているため、育毛課長としてミノキシジル配合育毛剤の使用を全面におすすめすることはできません。

 

ここではリアップ育毛剤を使用することの効果と副作用をまとめていきますので、使うべきかどうかのご参考にしていただけたら幸いです。

 

リアップX5の効果と副作用

リアップの成分

 

現在主として売られている男性用のリアップはX5というもので、ミノキシジルを5%配合しているタイプです。リアップが出た当初は1%しかなかったものが、段階を経て濃度が濃くなってきていますね。それだけ研究も進められ、安全性も実証されてきてるということが分かります。

 

リアップの育毛主成分であるミノキシジルは内服薬、外用薬として育毛剤等に配合されている成分であり、高い血行促進効果によって頭皮の細胞を活性化し、育毛を促す作用があります。ホルモンの影響ではない、年齢などで衰える壮年性の脱毛改善に非常に高い効果が期待できる育毛剤です。

 

一方で男性ホルモンによる脱毛を抑制する効果はなく、育毛効果として充分な成果を期待するなら+α必要となります。AGA(男性型脱毛症)を発症する原因である成分DHT(ジヒドロテストステロン)を阻害する他の薄毛治療薬と併用することで、実に90%以上の患者に頭皮環境の改善が見られたという臨床結果も出ています。

 

しかし「効果が高い」ということは、同じだけの副作用・リスクを覚悟しなければいけません。

 

リアップの成分、ミノキシジルの効果

リアップのような塗布型ミノキシジルがもたらす効果はただ一つ「血行促進」です。ミノキシジルを塗布することで血行が促進され、栄養分の伝達が行われやすくなります。薄毛・ハゲの主たる原因は、頭皮・髪の毛に養分が上手に送り込まれないことなのでその基本を抑えている点では評価できますね。

 

また良い意味でも悪い意味でもリアップにはアルコール成分が大量に含まれています。アルコールもミノキシジルも、血行を促進させるための成分であるとともに、皮膚への成分の浸透を助ける経皮吸収・皮膚軟化剤としての役割も持ちます。危険性だけを恐れて「ノンアルコール」の育毛剤を選んでしまうと、肝心の育毛成分の浸透や血行促進という根本の対策ができなくなってしまうため本末転倒です。

 

リアップ育毛剤を使うことによる副作用・リスク

リアップX5 

 

発毛効果が高いことはわかりましたが、その効果の恩恵を受けるための副作用・リスクは絶対に無視してはいけません。

 

ミノキ焼け、頭皮の炎症、かゆみ

ミノキシジル育毛剤等の外用薬によって塗布する場合には、頭皮のかぶれ・かゆみが起こる可能性があります。これは「ミノキ焼け」と言われる炎症反応です。私自身もその副作用を受けた一人。詳しくは「ミノキシジルの副作用!実は劇薬指定の薬だった」にまとめていますが、「肌が弱い」という自覚が少しでもある方は使うべきではありません。

 

またミノキシジルを育毛剤の配合成分として混ぜ合わせるためには、大量のアルコール・エタノールを含ませなければいけません。配合上の組み合わせという点においても、積極的な利用は皮膚へ大きな負担となります。

 

繰り返しになりますが【ミノキシジル×アルコール】という組み合わせは、血行促進という面では非常に効果が期待でき、一概に否定することもできないのです。ミノキシジルは「浸透力の悪さ」が欠点としてあり、それをアルコールが補填する働きもあるのです。

 

ミノキシジル育毛剤を使っているけど全く効果を感じない

日本皮膚科学会のお墨付きであり、科学的実証があるミノキシジルの使用後も、薄毛の解消がなされない人がわずか数パーセントですが存在しています。そのなかにはミノキシジルが効きにくい体質の人も含まれてはいるようですが、ミノキシジル育毛剤の使い方、また育毛への取り組み方が誤っているために、育毛効果が得られない場合もあるのです。

 

ミノキシジル育毛剤の容量が間違っている、そして育毛期間が短すぎる、というのが薄毛が解消されない理由としては一番に挙げられるものです。外用薬であれば1日2回、内服薬であれば1日1錠が最適の容量であり、それを少なくしたり、使用しない日があったりすると当然に育毛の効果は得られにくくなり、薄毛の改善が行われなくなります。これはミノキシジルに限った話ではありませんが、ヘアサイクル(毛周期)の成長期において育毛剤を使っていかないと効果の実感は伴いにくくなります。

 

日本皮膚科学会におけるミノキシジルの効果についても「1年間」の実証データに基づくものなので、最低でもこの期間使用を続けた結果で判断するべきでしょう。

 

(参考)日本皮膚科学会ガイドライン

 

ミノキシジルの効果と同等の育毛成分も検討してみよう

ミノキシジルは効果が高い反面、以上のような副作用を伴う成分です。私のように肌が弱くなければ、ミノキシジルの恩恵を受けることもできますが、そのリスクを背負いビクビクしながら育毛剤を使っていくことは精神的にもよろしくありません。

 

また「ミノキシジルだけ」が育毛に効果的なわけではありません。ミノキシジルというのは謂わば「漢方薬」のようなイメージで、個人レベルで自分の体に合うか判断してしまうとリスクを伴いやすくなります。ミノキシジルの効果をそのままに、副作用を払拭した「M-034」や「ピディオキシジル」など、育毛の世界でも進化が遂げられています。

 

リアップに限っては高いアルコール濃度も懸念材料の一つでもあります。今はこのアルコールを最低限に抑えつつ、アルコール無しでも浸透力を高める技術を採用した育毛剤が増えていますから、わざわざリスクを取る必要性は基本的にないと考えています。

 

副作用が心配、肌が弱いという方は、ミノキシジルと同等の効果がある「M-034」や「ピディオキシジル」の配合を育毛剤の全成分から確認してみましょう。

 

医薬品以外で高い効果成分を含んだ育毛剤の一覧はこちら

 


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top