クロロフィル?それって育毛効果はあるの?

クロロフィルとは植物が光合成を行う時に使用している物質で、昔理科の授業で習ったと思うけど葉緑素とも呼ばれるもの。

 

これって育毛剤やシャンプーでもたまに見るけど、どんな育毛効果があるの?ってことで調べたことをまとめています。

 

クロロフィルがそもそもメインで使われているのは、美顔化粧品や最近流行っているグリーンスムージーなどの健康促進飲料などで良く使われています。

 

育毛関連としては、そのまんま名前を取ったクロロフィルという育毛剤もでていますね。

 

わざわざクロロフィルメインで打ち出すような商品だけに、そんなすごい効果のあるものなのか?とサイトを見ていても、イマイチクロロフィルの育毛効果までは分からない。もう少し視点を変えて調べてみる必要もありそうということで、クロロフィルそのものにどんな効果が期待されていて、育毛につながっていくのかを調べてみました。

 

クロロフィルに期待される効果から育毛効果を読み取る

クロロフィルに期待する効果の一つに、クロロフィルが血液のヘモグロビンと似た構造であり、ヘモグロビン地が上昇し血中の酸素濃度も向上。その結果として血液をサラサラにし、体の代謝機能を高めるという情報がよく見られます。そんなサイトの一部ですが、どこも同じような論調。

 

ただこれっていまいち謎の理論です。構造が似てるだけで、クロロフィルがそのまま血液に入って酸素を運ぶものではないし、血液を多く造るというのにも根拠が不明確です。

 

髪の毛は血液から栄養をもらって成長するため、血液の循環に働くということでそれなりに期待はしたのですが、確証の持てる文献がでてこないことからこれはどうなのかな?と思う次第。

 

ただこれで終わってはわざわざ調べた意味がない。ということでさらに成分を見ていくと、クロロフィルには有機ゲルマニウムという成分が豊富に含まれているということ。

 

有機ゲルマニウムはミネラルの一種で、体内の細胞の隅々に酸素を行き届けるために有効とされているのです。

 

クロロフィルには血中にあるコレステロール値を軽減する効果もあるということから、直接ではなくとも血液を通して頭皮の細い毛細血管に栄養分を送り、髪の毛の成長を促すという点では効果的な栄養素であるといえます。

 

では他にも効果があるということで調べていくと、いわゆるデトックス的な効果を持っていることも分かります。

 

クロロフィルは食物繊維の5000分の1という微小な物質の為、小腸絨毛の奥に堆積したダイオキシンや、残留農薬、有害金属と言った体内の毒素を微粒子が入り込むことで絡めとリ、体外へ排出する働きがあるということ。

 

ストレスに負けない体を作るには腸の働きを改善する事が重要です。体内の毒素を輩出した事によって腸内の環境が改善します。腸というのはただ栄養を吸収するだけではなく、ホルモンの生成にも関係している重要な臓器。腸の働きが悪くなると体全体の機能の低下につながりますから、健康な体を作る意味でもクロロフィルは侮れない奴なのです。

 

クロロフィルをどれだけ飲めば目的の効果が得られるという情報は見つからないのが残念ですが、体内に摂取することによる恩恵はあることが分かりました。

 

さらにクロロフィルを見て行きますと、美容目的で肌に使う用途でも配合されていることから、肌(頭皮)への効果についても見ていきます。

 

体内摂取と頭皮に塗る場合で求める効果は違う

クロロフィルは効果とは少し違いますが、優れた抗菌力を持っています。

 

直接頭皮の細胞に直接つける事で、皮脂層で溶け、その優れた抗菌性と殺菌力によって菌の繁殖を抑え、皮膚の炎症によって毛根がダメージを受けることによる抜け毛を抑制すると言う効能があります。

 

育毛剤にはヒノキチオールなどの天然の抗菌・殺菌成分を使うことで、頭皮に繁殖する雑菌を防いで「頭皮ニキビ」や腫れ物などができにくい頭皮を作る目的もあります。

 

クロロフィルの場合は皮膚に浸透しやすいということから、頭皮にしっかりと留まって抗菌力を持続させる効果が期待できますね。

 

クロロフィルを利用したシャンプーなども最近では販売されていますが、主な目的は成分そのものの抗菌効果と、頭皮の雑菌の繁殖を防ぐものだということです。

 

クロロフィルには染色体異常の発生を抑制すると言う研究報告もあり、発がん防止に役立つとも言われます。また、その他にもコレステロールを下げる、消臭殺菌、ニキビ予防、美白、美顔、デトックス(体内から毒素を排出させる事)などの効果があると言われています。

 

育毛においては直接的な役割以上にデトックスの役割が大きいです。抜け毛の主な原因は大きなストレスや睡眠不足、と言った生活習慣の乱れと言った事が重なって悪化する事が多く、ストレスに強い体を作ると言う事が抜け毛を根本的に治すのに大事だからです。

 

>> そもそもの抜け毛の原因は生活習慣関係ないので注意!

 

育毛と言う観点からクロロフィルを使用する場合は、頭皮に直接つけると言うよりは、クロロフィルを口から摂取して体から毒素を追い出し、育毛に適した体内環境を作ると言う目的で摂取していくのがいいですね。

 

これだけで効果があるというものではないので、あくまでも様々な成分との相乗効果を期待して健康のための栄養摂取の一環としてクロロフィルを取り入れていきましょう。

 

 

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

クロロフィルってサプリとかでよく聞くけど髪・育毛に良い効能とは関連ページ

キャピキシルの育毛効果とは?何がすごいのかを徹底検証
注目の育毛剤成分、キャピキシルはご存知ですか?おそらく名前は聞いたことあるかもしれませんが、あのミノキシジルの3倍という効果や副作用が無いなど気になる部分を色々と検証してみました
リデンシル配合の育毛剤の効果検証!どんな薄毛に効く成分なのか?
リデンシルはスイスのinduchem社が開発した育毛成分で、毛根の中にあるバルジ領域を活性化させることで毛母細胞を増殖させる注目の成分。髪の毛の成長を促し、弱った細胞を活性化させるという効果があります。
ピディオキシジルの効果と副作用の検証!配合育毛剤の検証をする
日々進化し続ける育毛成分。中でも期待のピディオキシジルという成分に注目し、育毛効果や副作用について検証してみたいと思います。ミノキシジル同等の効果を持ちながら副作用がないとはどういったものか?
リデンシル・キャピキシル・ピディオキシジルどう違うのか効果を比較
最近注目されている育毛剤の新成分に、キャピキシル・ピディオキシジル・リデンシルというものがあります。横文字ばかりで分かりづらいですが、それぞれの効果の違いを比較して分かりやすくまとめました。
亜鉛だけで育毛・発毛を促進できると思ったら大間違い
亜鉛が髪の毛に働きかけることは科学的にも証明されており、育毛活動において欠かすことのできない成分です。しかし、「亜鉛さえ摂取すれば」という単純な話ではないのが真実。
アデノシンは薄毛に効果・副作用はある?使うべき成分か検証
資生堂が研究開発した育毛成分アデノシンは、どのような育毛効果があり、また副作用などの使用上の注意はあるのか?効果の根拠や仕組みを調べ、どんな薄毛に効くのかをまとめています
パラベン配合の育毛剤はなぜ使わないほうがいいのか?
パラベンは保存料として育毛剤初め化粧品やクリームなどに使われています。肌への安全性に問題があるということで騒がれていますが、なぜ使わないほうがいいのかをまとめてみました
医薬部外品の育毛有効成分とその他の育毛成分の違いとは?
有効成分・育毛成分・効果成分という目性の違いとは?似たような名前ですが明確に区別すべき成分です。
医薬品育毛剤と医薬部外品の違いとは?効果にどんな違いがある?
育毛剤で医薬品と医薬部外品って良く耳にする言葉なのですが、結局何が違うんでしょうか?やっぱり医薬品は効果が高い?育毛剤を買うときに迷いやすい薬事法の区分を解説しています。
トウガラシエキスが髪の毛によい?髪・育毛に良い効能とは
育毛剤の成分としても使われる唐辛子エキスは、育毛や髪の毛にとってどんな効果をもたらすのか?唐辛子を食べたり頭に塗ったりすると髪の毛が生えてくる?そんな疑問を検証してみました。
ビワ葉エキスはどんな育毛に良い効果がある?ビワが髪の毛によい理由
育毛剤でも見かけることの多いビワ葉エキスってそもそもどんな効果効能があるか?意外とビワエキスって育毛以外にも使われてることが多く、需要の多い成分だけに、どんな効果が髪の成長に役立つのかを調べてみました。
ローズマリーエキスって育毛剤に入ってるけど育毛に良い効果効能とは
育毛剤の成分を見ていると、ローズマリーエキスというのが配合されていることが多いのですが、これってどんな効果があって、副作用などは無いのでしょうか?
アロエの髪・育毛に良い効能とは?アロエエキスで髪は生える?
アロエといえば昔から医者要らずとして、肌によい、火傷に効くということで使われてきた植物。育毛剤でもアロエ育毛剤とかあったりして、アロエって髪の毛の成長にも良い効果があるのか?ってことで色々調べたことをまとめています。
ロレアル研究所「ステモキシジン」の毛髪再生効果の考察と期待
化粧品メーカーのロレアルの毛髪再生研究が意外に侮れない。ステモキシジンという新成分を開発し、休眠期における毛根の細胞の活性化を実証したというデータを取り上げてみる
海洋深層水の育毛効果と頭皮への浸透力を調べたことまとめ
海洋深層水は深海から採取した水で、育毛剤にも使われています。海のミネラルを蓄えているだけでなく、優れた皮膚への親和性による成分浸透力を高める効果もあるというので詳しく調べてみました
バイオポリリン酸に関する意外な使い道と育毛への効果の考察
バイオポリリン酸(ポリリン酸ナトリウム)は育毛剤の成分の一つとして、ポリピュアEXをはじめとする育毛剤の成分です。「酵母」由来の成分で、毛髪の育成環境改善に寄与するとしていますが、調べれば調べるほど謎が出てくる成分でもあります。