アデノシンが効果的な薄毛のタイプや副作用の見解まとめ

アデノシン

 

資生堂が研究開発した育毛成分、アデノシンは細胞を構成する核酸の一つであり、体内にも存在する物質として安全性と効果の両面で期待されています。

 

資生堂の公式発表によると、アデノシンを頭皮から浸透させ毛乳頭細胞に作用することで、発毛を促進させる成長因子FGF-7の生成を促進するとしています。すでに2004年には厚生労働省に医薬部外品として効果のある育毛剤成分として承認を受けているもので、長く使われてきている育毛成分の一つであるのです。

 

今回は皮膚科学会の研究論文なども検証しながら、アデノシンはどのような薄毛に効果があるのか、どんな人におすすめできる成分かをまとめていきます。

 

アデノシンに期待できる育毛効果

資生堂の研究では、薄毛の人の頭皮の細胞を見ると、髪の成長をつかさどる毛乳頭細胞が委縮しており、発毛を促すFGF-7成長因子の数が極めて少なくなっていたとあります。

 

分裂して髪のそのものになるのが毛母細胞。この毛母細胞に成長を指示しているのが毛乳頭であり、成長因子FGF-7は指示伝達の役割を持っているのです。

 

アデノゲン仕組み

 

アデノシンが毛母細胞を刺激することで、成長する前に抜けてしまった髪の寿命が長くなり、ヘアサイクルが正常化する。結果的に髪は太く丈夫に育ち、抜けにくい髪の毛を育てることができるということ。

 

 

 

ここで、第3者機関の発毛力の検証を調べてみると、日本皮膚科学会がアデノシンの脱毛症への推奨度を検証した結果をまとめています。

 

こちらによるとアデノシンの薄毛治療への推奨度はC1(用いてもよい)にとどまっています。同資料の6ページ目に細かく記載されています。

 

2018年追記:脱毛症に関する薄毛治療ガイドライン2017が更新され、その中でアデノシンが使用推奨される成分として再評価を受けました。男性型脱毛症にはアデノシンの外用を行うよう勧める.女性型脱毛症には行ってもよい.と記載されています。

 

アデノシンにミノキシジルと同等の作用が期待できる?

上記最新のガイドラインをチェックしていて気になったのは、ミノキシジルとの比較試験データを記載していたことです。

 


0.75%アデノシン配合ローションと5%ミノキシジルローションを用いた,94 名の男性被験者を対象とした観察期間 6 カ月間のランダム化比較試験において,病変部の太毛率は両剤群で有意差なく,0.75%アデノシン配合ローションは男性型脱毛症の治療薬として市販されている 5%ミノキシジルローションと同等の有用性があることが示唆された

 

ミノキシジルは医薬品成分で、リアップなどに使われます。外用(頭皮に塗る使用)では学会の推奨も受けており、治療の選択として行うよう強く勧めると評価されるエビデンスがあるものです。しかしながら、頭皮が荒れて使えないなどの口コミが目立ったことで使用を控える意見が多く出ていました。※事実私自身もミノキシジルが肌に合わずに使用を中止した経験もあります。

 

同じような育毛効果が期待でき、かつアデノシンでは概要による副作用が軽微であると認められていることから、今後はミノキシジルが使えない人にとっても選択肢の一つになりそうな可能性を秘めています。

 

アデノシンに副作用はあるのか?

アデノシンの被験結果を見ても、6か月使用した人からの副作用報告はなかったとあり、副作用の影響は軽微であり、外用療法の一つとして推奨するとまとめられています。

 

ネット上の口コミを探してもアデノシンでの副作用を疑う口コミはありません。元々体内の細胞に存在する物質であるということからもアデノシン単体での副作用の心配は極めて低いと考えていいでしょう。

 

ただしアデノシンが含まれる育毛剤には、植物のエキスや育毛剤として必要な保存料や抗菌剤などの物質は必ず含まれるため、アレルギーなどのある人は過信せずに注意しながら使うべきです。

 

アデノシンが効く人効かない人

アデノシンの効果の仕組みを見ると、あくまでも発毛に関係する成長因子FGF-7の発現力の向上にある点に注目をします。

 

毛乳頭細胞に作用し、FGF-7を分泌させるのは良いのですが、この効果によって全ての人が発毛を実感できるかというとそうではない点に注意。

 

特にAGAによる薄毛になっている人はアデノシン単体での効果は期待できません。

 

例えば20代30代の男性の脱毛の最大原因とされるAGAは、男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結合して、脱毛因子DHTが生成されるのが最大の要因であると分かっています。

 

DHTが髪を作り出す毛母細胞を攻撃するために髪がやせ細って抜けてしまい、正常なヘアサイクルが乱れてしまうというもの。

 

ここでアデノシンを使うことで、髪の毛の成長は促進されるかもしれませんが、それ以上にDHTによって受けるダメージが大きいため、効果は消失してしまいます。

 

AGAによる薄毛治療で絶対に必要なのは、

 

1.DHTの生成を抑制して抜け毛の原因を取り除く
2.毛母細胞に栄養を与えたり成長因子による活性化を促す

 

という手順を踏む必要が不可欠であるため、アデノシンのみで大きく薄毛が改善できるのは一部の人に限られます。

 

もしくは、別でDHTを抑制できるのに効果的な「プロペシア」などで治療を行っており、その補助としてアデノシンを併用して使っていくというのが効果的な使い方であるということです。

 

すくなくともアデノシン配合の育毛剤だけを使うのであれば、まずは薄毛の専門医に診断をしてもらい、自分がAGAによる薄毛か否かを診断してもらうこと。AGAではないとなればアデノシンにより改善できる可能性はありますが、AGAの場合は別途対策が必要なので注意が必要です。

 

アデノシンは女性の薄毛には効果的?

アデノシンは皮膚科学会の検証でも記載されているように、副作用の影響は軽微であり、女性の被験による検証もなされていることから女性の薄毛に使える育毛剤です。

 

ホルモンへの作用もないことから、産前産後に起きやすい薄毛や、生活習慣の乱れによって髪全体が薄くなる「びまん性脱毛」などの症状改善には適した育毛剤であると考えられます。

 

強い男性ホルモンの影響で薄毛になっている人でなければ、一定の効果を得られる可能性はあるということです。

 

アデノシンは大手の資生堂が研究を続けており、配合された育毛剤アデノゲンもリニューアルを続けているなど育毛剤としてはロングセラーです。継続して使用車の声を聴き、発毛治療の研究も続けているということですので、さらなる研究の進歩には育毛課長としても注視していきたいです。


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

アデノシンは薄毛に効果・副作用はある?使うべき成分か検証関連ページ

キャピキシルの育毛効果とは?ミノキシジルの3倍効果は疑問だが期待はできる
注目の育毛剤成分、キャピキシルはご存知ですか?おそらく名前は聞いたことあるかもしれませんが、あのミノキシジルの3倍という効果の真相や、科学的根拠、副作用が無いかなど気になる部分を色々と検証してみました
リデンシル配合の育毛剤の効果検証!どんな薄毛に効く成分なのか?
リデンシルはスイスのinduchem社が開発した育毛成分で、毛根の中にあるバルジ領域を活性化させることで毛母細胞を増殖させる注目の成分。髪の毛の成長を促し、弱った細胞を活性化させるという効果があります。
ピディオキシジルの効果と副作用の検証!配合育毛剤の検証をする
日々進化し続ける育毛成分。中でも期待のピディオキシジルという成分に注目し、育毛効果や副作用について検証してみたいと思います。ミノキシジル同等の効果を持ちながら副作用がないとはどういったものか?
リデンシル・キャピキシル・ピディオキシジルどう違うのか効果を比較
最近注目されている育毛剤の新成分に、キャピキシル・ピディオキシジル・リデンシルというものがあります。横文字ばかりで分かりづらいですが、それぞれの効果の違いを比較して分かりやすくまとめました。
亜鉛だけで育毛・発毛を促進できると思ったら大間違い
亜鉛が髪の毛に働きかけることは科学的にも証明されており、育毛活動において欠かすことのできない成分です。しかし、「亜鉛さえ摂取すれば」という単純な話ではないのが真実。
パラベン配合の育毛剤はなぜ使わないほうがいいのか?
パラベンは保存料として育毛剤初め化粧品やクリームなどに使われています。肌への安全性に問題があるということで騒がれていますが、なぜ使わないほうがいいのかをまとめてみました
医薬部外品の育毛有効成分とその他の育毛成分の違いとは?
有効成分・育毛成分・効果成分という目性の違いとは?似たような名前ですが明確に区別すべき成分です。
医薬品育毛剤と医薬部外品の違いとは?効果にどんな違いがある?
育毛剤で医薬品と医薬部外品って良く耳にする言葉なのですが、結局何が違うんでしょうか?やっぱり医薬品は効果が高い?育毛剤を買うときに迷いやすい薬事法の区分を解説しています。
トウガラシエキスが髪の毛によい?髪・育毛に良い効能とは
育毛剤の成分としても使われる唐辛子エキスは、育毛や髪の毛にとってどんな効果をもたらすのか?唐辛子を食べたり頭に塗ったりすると髪の毛が生えてくる?そんな疑問を検証してみました。
ビワ葉エキスはどんな育毛に良い効果がある?ビワが髪の毛によい理由
育毛剤でも見かけることの多いビワ葉エキスってそもそもどんな効果効能があるか?意外とビワエキスって育毛以外にも使われてることが多く、需要の多い成分だけに、どんな効果が髪の成長に役立つのかを調べてみました。
ローズマリーエキスって育毛剤に入ってるけど育毛に良い効果効能とは
育毛剤の成分を見ていると、ローズマリーエキスというのが配合されていることが多いのですが、これってどんな効果があって、副作用などは無いのでしょうか?
クロロフィルってサプリとかでよく聞くけど髪・育毛に良い効能とは
健康サプリ系で良く目にするクロロフィルという成分。育毛剤とか育毛サプリとかでも使われているのを目にすることがあるのですが、クロロフィルってどんな育毛効果があるのか?
アロエの髪・育毛に良い効能とは?アロエエキスで髪は生える?
アロエといえば昔から医者要らずとして、肌によい、火傷に効くということで使われてきた植物。育毛剤でもアロエ育毛剤とかあったりして、アロエって髪の毛の成長にも良い効果があるのか?ってことで色々調べたことをまとめています。
ロレアル研究所「ステモキシジン」の毛髪再生効果の考察と期待
化粧品メーカーのロレアルの毛髪再生研究が意外に侮れない。ステモキシジンという新成分を開発し、休眠期における毛根の細胞の活性化を実証したというデータを取り上げてみる
海洋深層水の育毛効果と頭皮への浸透力を調べたことまとめ
海洋深層水は深海から採取した水で、育毛剤にも使われています。海のミネラルを蓄えているだけでなく、優れた皮膚への親和性による成分浸透力を高める効果もあるというので詳しく調べてみました
バイオポリリン酸に関する意外な使い道と育毛への効果の考察
バイオポリリン酸(ポリリン酸ナトリウム)は育毛剤の成分の一つとして、ポリピュアEXをはじめとする育毛剤の成分です。「酵母」由来の成分で、毛髪の育成環境改善に寄与するとしていますが、調べれば調べるほど謎が出てくる成分でもあります。
リデンシルとキャピキシルは結局使うならどっちが優れた新育毛成分か?
副作用がなく育毛効果が高い新成分として、キャピキシルとリデンシルという成分が注目されています。それぞれ配合した育毛剤も増えているのですが、新成分はコストが高め。比較してどっちを使うべきなのかについてまとめました。