帽子被るとハゲる?いいえ、被らないと抜け毛が進行するかもしれません

帽子はげる?

帽子をかぶるとハゲる!?

 

髪が薄くなってくるとどうしても気になってしまう、巷で噂される都市伝説的なもの。

 

なぜかこれって相当昔から言われているようで、私は祖父からも話を聞きました。「戦争中は兵隊でずっと帽子をかぶっていたから、皆髪の毛がはげていた」とか、オヤジからも「はげるのは帽子とかヘルメット被ってたせいだ」と言われ続けてきました。

 

この真相は果たして?本当に帽子被ってる人ははげていくんでしょうか

 

帽子ではげる噂の真相

結論を先に申し上げます。これは正解でもあり、間違いでもあるということです。

 

なんというあいまいな事と怒られそうですが、帽子と薄毛の関係をよく理解していない場合にトラブルを招く可能性があるということです。

 

どういうことなのか、まずは「帽子でハゲるケース」について検証してみましょう。

 

帽子を被ったままはNG

 

帽子というものは本来頭を守るために被るもの。現在はファッション的意味合いも強いですが、直射日光や外的要因から頭を保護しています。

 

しかし帽子を被ることで汗の発散を悪くし、頭皮が蒸れた状態になりますよね。汗を大量にかくときに1日中被ったままであれば、蒸れて細菌繁殖を招く恐れもあります。

 

細菌が引き起こすトラブルとしては、ニキビやかゆみの原因となるものです。ずっと被りっぱなしというのは良い状況ではなく、適度に脱いで換気して汗を発散させる必要があります。

 

昔の人は軍人ともなれば、帽子や鉄のヘルメットを被り蒸し暑い南方戦線に赴いていたわけですからハゲる人も多かったのではないかと。私の祖父の言い分は間違ってはいないようです。
頭のサイズに合わないような帽子も、締め付けられて血行が悪くなることがあるので気をつけましょう。

 

何と被らないとハゲるという事実判明

 

帽子を被らないとハゲる?は間違いだった!

 

これは被っていてもハゲる事はないという意見を検証し分かったことです。

 

帽子はそもそも太陽熱から頭の温度上昇を防ぐと共に、紫外線をシャットアウトして皮膚が炎症を起こしてしまうのを防いでくれるもの。

 

現実にある釣りメーカーの実験においては、夏の炎天下で帽子をかぶる人とかぶらない人では、頭の温度が10度以上も差が出たといいます。熱射病を防ぐだけでなく、異常な発汗を抑制して健康な頭皮を維持するためには被った方がいいときもあります。

 

また一番気をつけなければならないのが紫外線。実は頭皮は紫外線の影響を受けやすいのです。日焼けすると腕や背中でも赤くなって皮膚がただれることありますよね。頭皮でも同じことが起こります。

 

本来頭皮は髪の毛によって紫外線や温度上昇を防いでいますが、髪が薄くなってる人や短い人ほど紫外線が頭皮に降り注ぎます。結果皮膚が炎症を起こして髪の成長を妨げ、抜け毛や皮膚トラブルになるのです。

 

帽子は効果的に被ってトラブルを防ぐ

このように帽子のメリットと弊害を見てきましたが、メリットのほうがはるかに優れていることが分かります。

 

適度に脱ぎ着して換気さえしていれば、熱や紫外線から頭を守ってくれる大切な育毛剤アイテムといえます。

 

薄毛の人ほど紫外線から頭皮を守るために帽子をかぶったほうが良いということ。特に夏の照りつける太陽の下で行動するときは、通気性の良い帽子で頭皮を守ることが有効な手段です。

 

タオルやバンダナを巻くというのは通気性の観点からあまりおすすめできません。

 

帽子でハゲになる事が無いことが理解できたら、夏はなるべく活用しましょう。どうしても似合わないからヤダという人は、できるだけ直射日光の下で長時間活動しないように気をつけましょう。


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら